OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年5月10日 - 2015年5月16日 | トップページ | 2015年6月14日 - 2015年6月20日 »

2015年5月24日 - 2015年5月30日

2015/05/29

アンサンブル・ミリム金沢公演「九人でバッハ。」バッハのモテットなどを清々しく,鮮やかに聞かせてくれました。続編にも期待しています。

本日は,国内のプロ合唱団のメンバー8人+指揮者・チェンバロによる声楽アンサンブル,「アンサンブル・ミリム」の金沢公演を聞いてきました。このアンサンブルのメンバーのうちの3人が石川県出身ということで,金沢公演が行われることになったようです。

プログラムはバッハのモテット3曲の間にカンタータの中のアリア,重唱曲などが数曲挟み込まれるという,非常に渋いプログラムでした。どの曲も初めて聞く曲ばかりでしたが,小ホールで聞くプロの声楽家集団によるアンサンブルは,大変聞きごたえがありました。

特にモテットの方は8声部に分かれる曲があり,ドームの中で声があちこちから響いてくるような立体感を感じました。何より,小ホールで小編成の曲を聞くと各声部の動きが分かるのが面白いですね。前半の最後に歌われた「恐れることなかれ,我汝とともにあり」での心地よい繰り返し,そして後半最後に歌われた「主に向かって新しき歌を歌え」での2つのグループに分かれた合唱によるじっくりとした掛け合い。最後の方は明快でくっきりとした盛り上がりもあり,心地よい華やかさを感じました。

モテットの間に歌われた,アリアや重唱曲では,各メンバーのソリストとしての素晴らしさを楽しむことができました。今回のメンバーは,バッハ・コレギウム・ジャパン,新国立劇場合唱団,東京混声合唱団,神戸市混声合唱団からなるメンバーでしたが,恐らく,オペラを歌う時とは一味違った,すっきりとした声を聞かせてくれました。

この公演は,北陸新幹線が開通したからこそ実現した公演なのかもしれません。今年のラ・フォル・ジュルネ金沢では, ラ・ヴェネクシアーナによる素晴らしい公演がありましたが,その時に演奏されたモンテヴェルディの曲なども聞いてみたいものです。石川県出身者が3人含まれているということで,是非,続編の公演に期待したいと思います。

2015/05/26

井上道義指揮OEK,野田秀樹新演出の「フィガロの結婚」初日金沢公演。色々なアイデアが詰め込まれていましたが...個人的には,やや消化不良気味。歌手では小林沙羅さんのスザンナが期待通りの素晴らしさ #oekjp

5月のラ・フォル・ジュルネ金沢明け,初めてのOEKの公演(クリス・ハートとの共演は除くと)は,井上道義音楽監督指揮,野田秀樹演出によるモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」でした。

この公演については,野田さんがオペラを演出するということもあり,新聞,雑誌,インターネット上のニュースなどで多数取り上げられていました。その期待通りのアイデアに満ち溢れた公演だったのですが,個人的にはやや消化不良の部分が残りました。

幕末長崎を舞台として,異国から来た伯爵夫妻と日本人とが絡むという設定で,日本語とイタリア語が混ざるバイリンガル・オペラというのは,想定どおりでした。このことにより,異文化が混ざりあう面白さが伝わってきました。

有名なアリアはイタリア語で聞かせてくれましたので,音楽的な面では「オリジナル通り」でした。アリアに合わせて,役者たちによるマイムが色々と入るのも面白く,イマジネーションを大きく広げてくれました。

全体の進行については,庭師アントニオをナレーターにすることで,オリジナルのレチタティーヴォを少なくしていたのが特徴でした。ナレーションが文楽調になり,歌手たちが文楽の人形のように動いたりする場面があったのも面白かったですね。

舞台については,中が空洞になった3本の柱をうまく使っていました。「フィガロ」については,どの幕も「物陰に隠れる」シーンが多いので,大変効果的でした。その他,演劇アンサンブルのメンバーが長い棒やリボンを持って,それを組み合わせることで,各場面を象徴的に表現しているような部分があり,この辺は演劇的だなぁと思いました。

歌手の中では,ラ・フォル・ジュルネ金沢で聞いたばかりの小林沙羅さんのスザンナがはまり役だと思いました。第1幕の最初の方はちょっと硬い感じがしたのですが,幕が進むにつれ,どんどん声の魅力が増してくるようで,「伯爵がスザンナに惹かれるのももっともかも」などと思ってしまいました。

スザンナの敵役(実ハ姑)のマルチェリーナの森山京子さんの強いキャラクターを感じさせてくれる声も印象的でした。大山大輔さんによる,瑞々しいフィガロは,小林さんのスザナにぴったりでした。

アルマヴィーヴァ伯爵,伯爵夫人,ケルビーノの3人が海外から参加した歌手で,日本人歌手との間の「違和感」が作品の立体感につながっていました。ケルビーノ役のマルチン・エンゲルチェズさんはカウンターテナーだったので,「男性がケルビーノを演じる」という点でリアルな設定になっていました。女装するカウンターテナーということで,演技の面でも声の面でも不自然さが残っているのが面白さになっていました。

伯爵夫妻は第4幕(この日は2幕構成で休憩が1回でしたが)の最後の部分に見せ場があり,特に伯爵の方はたっぷりと聞かせてくれたのですが...

*** 以下は観ていない方は読まないでください ***

「伯爵夫人よ,許してくれ」で許された後の最後の最後の部分で,音楽を一瞬中断するように,パーンというライフル銃(花火の音かと思ったのですが,夫人が銃を手にしていましたね)の音が鳴り,それを突っ切るように音楽が続き,全曲が終わりました。

この部分があったので,「すっきり感」が無くなってしまいました。なぜ伯爵夫人はここで銃を鳴らしたのだろうか(前の方の幕でも銃を手にしていたので,唐突感はなかったのですが...理由がよく分かりませんでした)? 伯爵と夫人は最後の場面で手と手を取り合わなかったので,仲直りはしなかったのか?カーテンコールの拍手をしながら考え込んでしまいました。

何よりもモーツァルトの音楽の流れが中断されたのが残念でした。この部分での,ピーヒャラ,ピーヒャラという感じで楽天的に終わる感じが大好きだったのでかなり肩すかしを食わされた感じです。

ただし,この辺の裏切りも野田さんの策略なのだと思います。

というようなわけで,いろいろな点で冒険的な楽しさを感じさせてくれる「フィガロ」だったのですが,「普通のフィガロ」を実演でほとんど見たことのなかった私にとっては,やはり,まずは「普通の終わり方」で見たかったかな,というのが正直なところです。

野田さん自身,インタビューの中で「ブーイングも覚悟」と書かれていましたので,これからの全国ツァーでもいろいろと物議をかもすことでしょう。

« 2015年5月10日 - 2015年5月16日 | トップページ | 2015年6月14日 - 2015年6月20日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック