OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »

2015年1月11日 - 2015年1月17日

2015/01/17

ミルオトキクカタチ Vol.2 伊藤公象「BLUE PEARL」の世界 コンサートI ブルーパールの襞のイメージの多数のオブジェが並ぶ中弦楽合奏を楽しんできました

昨年行われたミルオトキクカタチという企画の第2弾が行われたので聞いてきました。この企画は石川県立音楽堂交流ホールの床に造形作家の作った作品を並べ,その同じフロアで作品からインスパイアされた曲を演奏するというものです。

今年は金沢美術工芸大学客員教授でもある美術,陶造形作家の伊藤公象さんの作品が展示される中で演奏会が行われました。次のような雰囲気でした。
Nec_0840

演奏されたのは,ラヴェルの弦楽四重奏曲の抜粋,平義久のDioptaseの抜粋,そして,シェーンベルクの浄夜の弦楽六重奏版でした。ラヴェルの曲は落ち着きのある静謐な世界,平義久の作品では,鋭く突きさすような刺々しい雰囲気,シェーンベルクでは月の光の下のロマンティックな世界。とそれぞれのイメージになるのが面白いと思いました。オブジェの色合いが青系統で,真珠のような輝きを持っていましたので,特に浄夜の気分にぴったりでした。

明日はコンサートIIとして,ピアノのデュオ(連弾か2台か分かりませんが)との共演になります。こちらの方には行けないのですが,美術と音楽の相乗効果を楽しめる,音楽堂ならではの企画ということで,今後も色々なアイデアによる続編を期待したいと思います。

« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック