OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »

2015年7月26日 - 2015年8月1日

2015/07/30

OEK2014/2015シーズンの最後は北陸新幹線開業記念で秋山和慶さんが車掌コスプレで登場。定刻通りに到着するようなきっちりとした音楽を聞かせてくれました。鉄道ものまねの立川真司,中川家礼二のネタは相当マニアック #oekjp

OEK2014/2015シーズンの最後は,鉄道マニアとして知られる秋山和慶さんが登場し,北陸新幹線開業にちなんで,鉄道にちなんだ曲が演奏されました。進行役として鉄道ものまねの元祖立川真司さん,スペシャルゲストとして,やはり鉄道マニアである,中川家礼二さんが登場し,通常のクラシック音楽の演奏会とはかなり違ったムードで「出発進行!」となりました。

正直なところ,「指揮生活50年(ど根性ガエルではありません)」の秋山和慶さんが登場するならば,本格的なクラシック音楽のプログラムが良いかな,とも思っていたのですが,鉄道好きの秋山さんが車掌さんのコスプレで指揮するというのも,これは大変貴重な機会です。前半は,通常の燕尾服で指揮をされていましたが,後半では車掌さんの姿で帽子をかぶって登場しました。

前半は鉄道マニアの作曲家として知られるドヴォルザークの作品中心に演奏されました。第1曲のスラヴ舞曲から,定刻通りに発車,定刻通りに到着という感じの無事故無違反,安心感抜群の演奏でした。秋山さんの場合,新幹線同様に50年間無事故無違反という感じですね。それでいて退屈なところはまったくなく,金管楽器などを鮮やかにならし,充実感のあるサウンドを楽しませてくれました。

「新世界から」の4楽章は,編成的にグランクラスほどにはゴージャスではないけれども,大変バランスの良い音で,座り心地の良い北陸新幹線に乗って長野までちょっと行ってみた(全曲演奏だったら東京までですね),という趣きでした。

後半は鉄道にちなんだ曲がメドレーを含め,あれこれ演奏されました。鉄道の歌メドレーは快適なテンポ感ですっきりと気持ちよく流れ,新幹線のような流線形の演奏を聞かせてくれました。個人的には,メドレーの途中に出てきたナツメロ「高原列車は行く」を聞いて,実に良いテンポ感だなぁと思いました。オーケストラ演奏だとさらに楽しさが増していました。

その後,中川家礼二さんと立川真司さんによる,鉄道ものまねコーナーとなりました。鉄道ものまね,といっても色々とこだわりが広く,「ホームでのアナウンス」「車内での英語のアナウンス」「列車のトイレの音」「列車の走行中の音」...と大変マニアックでした(こういうネタは,タモリさん辺りも大好きそう)。

特におかしかったのは,ホームで自動放送が流れているのに,駅員さんが割り込むように同じアナウンスを上から叫ぶ,という「あるある」というシチュエーションでした。立川さんによると,駅員さんからすると「言わずにはおれなくなる(機械に負けられない)」というのが,その理由とのことです。

列車内の英語のアナウンスのイントネーションがJR西日本と東日本では全然違う...とか相当面白いネタの連続でした。

日本映画「鉄道員」のラストシーンの小林稔二さんが出てくるシーンの「音による再現」に続いて,「鉄道員」の音楽(イタリア映画の「鉄道員」のテーマと日本映画の「鉄道員」)の聞き比べがあったり,最後は,テレビ版「銀河鉄道999」と映画版「999」のメドレーがあったり,色々と工夫された選曲になっていました。

最後に演奏された「999」は,テレビ版の方は短調,映画版(おなじみのゴダイゴの曲)はカラッとした長調なので,続けて演奏すると,暗から明への推移の面白さを楽しむことができました。特に映画版「999」は,吹奏楽アレンジ版などでもよく演奏されており,すっかり鉄道にちなんだ曲の定番になっていますね。個人的にも大好きな曲を,カラッと晴れた見事なサウンドで楽しませてくれました。

最後,アンコールでシュトラウスのポルカ「観光列車」が演奏されました。これは,OEKも頻繁に演奏している曲ですが,特に軽快な演奏だったと思います。途中から,立川さんの物まねによるSEが入っていましたが...この曲については,じっくり聞きたかったな,という気がしました。

個人的には,鉄道にちなんだ曲として,映画「オリエント急行殺人事件」のテーマ(リチャード・ロドニー・ベネット作曲),オネゲルの「機関車パシフィック231」や「世界の車窓から」のテーマなども聞いてみたかったのですが,これらはまた第2弾に期待したいと思います。

« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック