OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月9日 - 2015年8月15日 »

2015年8月2日 - 2015年8月8日

2015/08/08

今晩は石川県立歴史博物館で「デジタル掛け軸」。その前に「夕暮れコンサートin本多の森」で坪倉かなうさんのヴァイオリンと吉藤佐恵さんのピアノを楽しんできました。

兼六園周辺文化の森ミュージアムウィークとして,7月31日~8月9日にかけて,兼六園周辺の美術館や博物館などではいろいろなイベントを行っています。本日は石川県立歴史博物館の赤レンガの壁面にデジタル画像を投影する「D-Kデジタル掛け軸」が行われるということで,夕方から見てきました。

次のような感じで,見慣れた風景がアーティスティックに変貌していました。
P1010886_2

欲を言えば,音楽が流れている方がさらに雰囲気が盛り上がるかな,と思いました。それともう少し空が暗くなってからの方が鮮やかだったかもしれませんね。

今回はこのイベントの前に,「赤レンガ」の前で行われた,坪倉かなうさんのヴァイオリンと吉藤佐恵さんのピアノによるミニ演奏会を聞いてきました。野外での演奏ということで,マイクで音声を拡大し,ピアノの方は電子ピアノだったので,最初はちょっと違和感を感じましたが,段々と夕方の空気にしっかりとなじんで来ました。ドビュッシーの前奏曲集第1集の中に「夕べの大気に漂う音と香り」というタイトルの曲がありますが,ちょうどそんな感じですね。

マイクを通すと,細かいニュアンスの変化が拡大され,息の長い歌がさらにたっぷりと流れ,聞きごたえ十分でした。プログラムは,「星に願いを」に始まり,アルベニスやピアソラのタンゴ,そして葉加瀬太郎の「情熱大陸」と続きました。坪倉さんの演奏は大変堂々としていたのですが,トークの方も楽しいもので,全く退屈せずにあっという間に30分が過ぎました。

「デジタル掛け軸」の方は,上述のとおり「音なし」だったのですが,この際,坪倉さんのヴァイオリン演奏にあわせてイベントを行っても面白かった気がしました。

赤レンガの前でのクラシック音楽の演奏というのは,是非,今後も続けて欲しいと思います。

2015/08/02

全国アマチュア・オーケストラ・フェスティバル金沢大会@石川県立音楽堂。3日間の成果を聞かせる見事な演奏。特に井﨑正浩さん指揮の「カルミナ・ブラーナ」は感動的なほどの迫力

今年の全国アマチュア・オーケストラ・フェスティバルは,北陸新幹線開通記念ということで,金沢で行われました。このフェスティバルは,17年前も金沢で行われたことがあり,岩城宏之さんの指揮でマーラーの交響曲第1番「巨人」などが演奏されました。この時の会場は金沢歌劇座(当時の名称は金沢市観光会館)だったので,石川県立音楽堂で行われるのは,今回が初めてということになります。

このフェスティバルは,7月31日から始まっており,その練習の成果を最終日の8月2日に披露する形になります。オーケストラはAオケとBオケの2つに分かれています(「のだめカンタービレ」もこういう名前だった?)。それぞれ,ラフマニノフの交響曲第3番,オルフのカルミナ・ブラーナという,金沢では滅多に演奏されない曲が演奏されました。

その前に「歓迎演奏」として,石垣征山作曲「白山かんこおどり」を邦楽合奏+地元の合唱団で壮麗に演奏されました(強引ですが「歓迎=K」とすれば,これでAKB?)。

前半のAオケは,石川フィルハーモニー交響楽団の花本康二さんの指揮でラフマニノフの交響曲第3番を演奏しました。もしかしたらこれが金沢初演かもしれません。曲の方は,有名な交響曲第2番よりはとらえどころのない感じはしましたが,第2楽章での弦楽器の抒情的な美しさ(東京フィルの三浦章宏さんがコンサートマスターでした),最終楽章での大きな盛り上がりなど,聞き所が随所にありました。トレーニングの成果を十分に発揮した水準の高い演奏だったと思います。

後半のBオケは井﨑正浩指揮で,石川公美(ソプラノ),倉石真(テノール),萩原潤(バリトン),石川県音楽文化協会特別記念合唱団,金沢児童合唱団との共演で演奏しました。もともと石川県立音楽堂のステージはそれほど広くはないので,「ぎっしり」という感じになりました。総勢200名以上だったと思います。

カルミナ・ブラーナを聞くのは...多分2回目ですが,素晴らしい演奏でした。井崎さんの指揮ぶりは,何を表現したいのかが,見ているだけでしっかり伝わってくるような,分かりやすい動作で,オーケストラも合唱もそれにぴったりと反応していました。大人数が参加する曲なので,短期間でよくこれだけまとまったなぁと感動しました。逆に言うと,一年に一度,一生に一度の出会いだからこそ実現した燃焼度の高さだったのかもしれません。

有名な冒頭の曲は,最初の一撃からティンパニが強烈な音を聞かせ,それに火を点けられた合唱もオーケストラも壮絶な音を聞かせてくれました。生きた音楽を伝えたくてたまらない,といった感じのアッチェレランドがスリリングでした。部分的に見ると,粗はあったと思いますが,それが全く気にならない流れの良さと集中力の高さでした。

合唱団は,全国各地から集まったこの演奏会のための団体だったのですが,その「いろいろな人が参加している」という感じが,曲想に合っていると思いました。第3部には児童合唱団とソプラノが加わり,次々と違った光景が広がるような楽しさがありました。3人のソリストも,各キャラクターにあった,見事な歌を聞かせてくれました。特に第3部でのお馴染み石川公美さんの歌が大変魅力的でした。

終演後は,盛大な拍手が続き,アンコールとして,「おお、運命の女神よ」がもう一度,演奏されました。カルミナ・ブラーナ全体をもう一回全部演奏でいそう?と思わせる,エネルギーのある演奏でした。

かなり長い演奏会になったので,少々疲れましたが,アマチュアの力に感服,という大満足の演奏会となりました。

PS. この日ですが音楽堂コンサートホールの2階席全部が「関係者席」となっており,そのせいで1階と3階が超満員になっていました。3階席から見たところ,「2階の両サイドはガラガラ」。なぜ,2階席を開放しないのだろう?と疑問に思っている人が結構いました。この辺は今後,工夫が必要だと思います。

« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月9日 - 2015年8月15日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック