OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »

2015年10月11日 - 2015年10月17日

2015/10/16

Electric Light Symphony OEKがJR金沢駅もてなしドームで演奏。光と音が連携したスケール感豊かな世界が広がりました。ひゃくまんさんバルーンも大人気 #oekjp

気持ちの良い快晴だった金曜日の夕方,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)が,JR金沢駅のもてなしドームで演奏するElectric Light Symphonyというイベントが行われたので聞いてきました。このイベントは,その名のとおり,OEKの演奏する音楽に合わせてシャンデリア状のスクリーンに映像が投影され,ドーム内の照明が多彩に変化するというものです。映像の方は,音楽を電気信号に変えたものだそうで,音楽にぴったりと合っていました。昨年は,東京駅近くのKITTEというビルで行われたのですが,今回は北陸新幹線開通記念ということで,金沢駅で行われました。

OEKがこの場所で演奏するのは,今回が初めてということで大勢のお客さんが集まっていました。赤じゅうたんの敷かれた特設ステージの上でOEKが演奏する姿を見るのは,ファンとしても,ちょっと誇らしい気分でした。

イベントは指揮の斎藤一郎さんのトークを交えて行われました。斎藤さんは,棒を振る動作が非常に大きく,広々としたドームの雰囲気にぴったりでした。ベートーヴェンの交響曲第7番の第1楽章の最初の一音での,手を高く上に伸ばした状態から,真下に棒を振り下ろす動作は,大変ダイナミックでした。

音響の方は流石に,コンサートホール内で聞くようなわけにはいかず,マイクで拡声していたこともあり,やや不自然な響きでした。残響はとても長いのですが,各楽器の音が溶け合って聞こえず,弦楽器などはかなりギシギシとした感じに聞こえました。これは特定の楽器をマイクでクローズアップしていたためかもしれません。今回は,結構前の方で聞いていたのですが,もしかしたらもっと離れた場所で聞けば,もっと心地よく響いていたのかもしれません。

演奏された曲の中では,シュトラウスのポルカ「観光列車」が楽しめました。曲が進むにつれて,ひゃくまんさんの映像が大量発生し,密集してうねるような,すごい映像でした。近くに居た女子高生も「受ける~」という感じで楽しんでいました。

P1020369

お馴染み,NHK大河ドラマ「利家とまつ」のテーマも雰囲気にぴったりでした。音楽もゴージャスなら,映像もゴージャスでした。

最初から最後まで立ったままだったので,結構疲れたのですが(実は,開演前の公開リハーサルから立ったまま聞いていたので),「滅多に味わえない祝祭的な気分」を体全体で感じることができました。雰囲気としては,ラ・フォル・ジュルネ金沢恒例のクロージング・コンサートとちょっと似た感じがあるかもしれません。

というわけで,このイベントについては,年に数回行って欲しいものです。OEK以外でも,吹奏楽団でも面白いかもしれませんね。というわけで,今後「金沢の目玉商品」の一つになっていきそうな,企画だと思いました。

鼓門のあたりに,「ひゃくまんさんバルーン」が2つ浮かんでいましたが,こちらも大人気でした。

P1020388


« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック