OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »

2015年12月27日 - 2016年1月2日

2015/12/31

OEKの公演を中心に今年行った演奏会を振り返ってみました。皆様,よいお年をお迎えください。 #oekjp

今年もあと残りわずかです。カウントダウンコンサートが今から行われますが,一年間を振り返ってみたいと思います。

まず,例年通りのペースでOEKの定期公演を中心に沢山の演奏会に行くことができたことに感謝したいと思います。現実の世界では,テロ事件をはじめとして,紛争が絶えず,どこか閉塞感が漂っています。そういう時代だからこそ,各ア―ティストの作り出す自由な表現の世界に触れることは大切だと思います。

クラシック音楽の場合,「自由」と言いながらも,いろいろな制約のある世界です。その制約と自由とのせめぎ合いを楽しむのがクラシック音楽かなと思っています。一年間を振り返ってみると,クラシック音楽の新しい可能性を見出そうとする演奏会に特に惹かれました。

その意味で,特に次の公演が印象的でした(新しい順です)。
・OEK第370回定期(マルク・ミンコフスキ(12月10日~11日)
・フィガロの結婚:庭師は見た! 全国共同制作プロジェクト金沢公演(5月26日)
・OEK第364回定期(井上道義指揮,五嶋みどり,6月22日)
・OEK第361回定期(クリスチャン・ヤルヴィ指揮,2月15日)

そして,冒険的な試みがあるからこそ,古典的で正統的な音楽の良さが引き立ちますね。
・OEK第363回定期(井上道義指揮,仲道郁代(Pf),3月20日)
・OEK第362回定期(マックス・ポンマー指揮,3月7日)
・OEK第360回定期(シュテファン・ヴラダー指揮, 1月24日)

念願の「春の祭典」を金沢で聞くことができました。
・OEK第365回定期(井上道義指揮,ゲストオーケストラ:日本センチュリー交響楽団,7月18日)

若手からベテランまで,多彩なピアニストたちの水準の高いの共演
・OEK第368回定期(アレクサンダー・リープライヒ指揮,萩原麻未(Pf),10月24日)
・音楽堂室内楽シリーズ第4回 山本貴志・関本昌平ピアノコンサート(10月6日)
・OEK第367回定期(井上道義指揮,辻井伸行(Pf),9月15日)
・OEK第366回(広上淳一指揮,小山実稚恵(Pf),7月24日)

今年は何といっても北陸新幹線の開通が大きな話題でした。「音楽を聞くために金沢へ」という流れがもっと増えて欲しいですね。特に「金沢発のオペラ」には期待したいと思います。
・オペラ「滝の白糸」再演(11月15日)
・喜歌劇「メリー・ウィドウ」金沢公演(2月28日)

もてなしドームでの音楽イベントも効果満点でした。
・Electric Light Symphony by OEK × Rhizomatiks(10月16日,金沢駅 もてなしドーム)

恒例になったラ・フォル・ジュルネ金沢では,異次元の世界の広がる多彩な古楽演奏が特に素晴らしいと思ったのですが,これらの公演の入りがやや悪かったのが少々残念でした。翌年からは,違った切り口になるということで,新しい展開に期待したいと思います。

・ラ・フォル・ジュルネ金沢2015 パシオン・バロック:バッハ,ヘンデル,ヴィヴァルディ(4月29日~5月5日)

それでは,皆様,良いお年をお迎えください。

« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック