OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »

2015年2月1日 - 2015年2月7日

2015/02/07

OEKおしゃべりクラシック「金管で奏でるヴァレンタイン」。OEKの藤井さん,金星さんを中心とした金管五重奏には新幹線を待つ今の金沢にぴったりの明るい軽やかさがありました #oekjp

今日の金沢はこの時期には珍しい晴天でした。金沢駅では北陸新幹線の試乗会を行っていたようですが,その期待感に溢れる雰囲気の中,石川県立音楽堂交流ホールで行われた「OEKおしゃべりクラシック:金管で奏でるヴァレンタイン」を聞いてきました。

このシリーズは朝日新聞社,北陸朝日放送との共催でOEKメンバーのトークを含めて室内楽編成で1時間以内程度の演奏会を行うものです。過去の室内楽シリーズでも金管楽器だけというコンサートは少なかったと思うので,散歩も兼ねて聞いてきました。

この日登場したメンバーは,昨日行われたOEKのファンタスティック・クラシカルコンサートにエキストラで出演していた金管楽器奏者3人とOEKの藤井さん,金星さんという5人でした。トランペット2,ホルン1,トロンボーン1,テューバ1ということになります。

ほぼ一人ずつの編成ということで,間近で聞く室内楽シリーズらしく,各楽器の音の絡み合いやメロディの受け渡しなどをしっかり聞くことができました。各楽器の音が語るように聞こえたり,歌うように聞こえたり,各楽器のソロをメインに据えた曲があったり,バラエティに富んだ演奏を楽しむことができました。

今回演奏された曲は,親しみやすい曲ばかりでした。「ペリのファンファーレ」でパリっと始まった後,ヴァレンタインにちなんで,サティの「ジュ・トゥ・ヴ」と続きました。その後は,メンバー紹介を兼ねてそれぞれの奏者のトークの後,トランペット,ホルン,トロンボーン,テューバがメインとなる曲が演奏されました。

# 余談ですが,「トランペット吹きの休日」を聞くといつも,「トラペット吹きは休みどころではないなぁ」と思ってしまいます。「指揮者なしで思い切り吹ける」といった感じでしょうか?

このソロ・コーナーでは,特にトロンボーンの中村友子さんによる,「Shoutin' Liza Trombone」の演奏が楽しめました。360度ぐるっと回りつつ,「いつもより多めにグリッサンドしています」という感じのサービス精神たっぷりの演奏でした。

最後は「サウンド・オブ・ミュージック」と「ウェストサイド物語」の中から3曲ずつが演奏されました。金管アンサンブルの場合,オーストリアのアルプスの雰囲気にも合うし,ニューヨークの雰囲気にも合います。特にジャズの要素もある,ウェストサイド物語にはぴったりだと思いました。

最後にアンコールが2曲演奏されておしまいになりました。1曲目の「アナ雪」は,後半のミュージカルとの流れからして,「多分そうかな?そうあってほしい」と思っていたのですが,その予想どおりでした。2曲目はカナディアンブラスのお得意の曲でした。最後は立ち上がって,楽器を左右に動かしながら演奏し,「カナディアン・ブラスの雰囲気(カナディアンブラスのステージを見たことはないのですが)」たっぷりでした。

というわけで,穏やかな天候にぴったりのリラックスして楽しめる演奏会でした。

PS. この日の音楽堂は,邦楽ホールで「落語版ラ・フォル・ジュルネ」みたいなイベントをやっていました。こちらもとても楽しそうでした。北陸新幹線が開通したら,東京と大阪からの時間がほぼ同じぐらいになるので,上方VS江戸の和物企画を行うには金沢はぴったりかもしれませんね。

« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック