OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016/01/30

ラ・フォル・ジュルネ金沢2016「ナチュール」 主要公演が決まりました。中嶋彰子,ラデク・バボラークなど金沢独自企画も強力です #lfjk

今年もラ・フォル・ジュルネ金沢のチケット発売のシーズンになってきました。これまでは,作曲者を中心としたテーマだったのですが,今年からは,作曲者や時代にこだわらないテーマになりました。2016は「ナチュール:自然と音楽」というテーマの下,多彩な音楽が演奏されます。

本日のOEK定期公演で「2月版」のパンフレットが配布されたのですが,「自然」というかなり緩いテーマですので,ありとあらゆる曲が含まれているようです。例えば,アンヌ・ケフェレックさんの独奏で演奏されるモーツァルトのピアノ協奏曲第21番...どこが自然?といったところがありますが,この際,あまり深く気にしない方が良いかもしれません。

今年は,以下のとおり公式Webサイトのデザインが早目に完成しているようです。その中から個人的に楽しみなポイントを紹介しましょう。
http://lfjk.jp/index.html

●4月29日 オープニングコンサート
井上道義指揮OEK+ジヨン・イム(ヴァイオリン),森川元気(バス・トロンボーン),中嶋彰子(ソプラノ),直野資(バリトン)。OEKの編成を拡大し,「ローマの松」の抜粋が演奏されるようです。

●5月3日
石川県中学校選抜吹奏楽団・・・これまで高校吹奏楽部が本公演に登場したことはありましたが,中学校選抜は初めてですね。

LFJKの常連,アンヌ・ケフェレックとカンマー・アカデミー・ポツダムによるモーツァルトのピアノ協奏曲第21番。以前,ケフェレックさんは27番の素晴らしい演奏を聞かせてくれました。21番はケフェレックさんの雰囲気にぴったりだと思います。

「プロヴァンスの海と陸」つながりでヴェルディ「椿姫」の抜粋が演奏されます。佐藤正浩指揮OEK。これも新しい試みですね。

ベルリン・フィルの第1ヴァイオリン奏者の町田琴和さんの独奏+OEKで,ヴィヴァルディの四季が演奏されます。

ホルンの名手,ラデク・バボラークが登場。これは「びっくりぽん」です。LFJKについては,昨年のヴェンツェル・フックスさんをはじめ,ベルリン・フィルとのつながりがあるようですね。

●5月4日
井上道義指揮京都大学交響楽団でドヴォルザークの交響曲第8番。

OEKの編成を大きくして(フェスティバル・オーケストラという名前になるようです),ストラヴィンスキー「火の鳥」とチャイコフスキー「白鳥の湖」組曲

ヨンミン・パク指揮プチョン・フィルでマーラーの交響曲第1番「巨人」。花の章付きというのがナチュールなところですね。

菊池洋子さんのピアノ独奏+OEKでグリーグのピアノ協奏曲。これは北欧の自然が目に浮かぶような曲ですね。

児玉麻里+児玉桃+OEKメンバーでサン=サーンス「動物の謝肉祭」。

数年前のLFJKにも登場したことのある,ピアニストのルイス・フェルナンド・ペレスが登場。このピアニストは聞き逃せませんね。

恒例の能舞との共演。今年は「月に憑かれたピエロ」抜粋など歌モノが中心。しかも歌手が中嶋彰子さん。

ハイドンの弦楽四重奏のタイトルは結構ナチュールです。「ひばり」「日の出」「鳥」がアルデオ弦楽四重奏団によって演奏されます。

北國新聞赤羽ホール公演が,5月4日にも行われます。これは初めての試みです。栗コーダーカルテットは,名前がナチュールですが,楽しい演奏を聞かせてくれそうです。

●5月5日
新日本フィルによるホルスト「惑星」。この曲が金沢で演奏されるのは...2001年の音楽堂開館の時以来ですね。

井上道義指揮新日本フィルによるグローフェ「グランドキャニオン」。これはテーマどおりの選曲ですね。武満徹「グリーン」との組み合わせというのが,井上さんらしいですね。グランド,グリーン,グローフェ...と韻を踏んでの選曲?

井上道義指揮OEKによるベートーヴェン「田園」。お馴染みの曲ですが欠かせませんね。

アブデル・ラーマン・エル=バシャの演奏でベートーヴェンのピアノ・ソナタ「田園」と「テンペスト」。これも聞き逃せません。続いて,OEKメンバーとの共演でシューベルトの「ます」

福間洸太朗さんのピアノで,自然関係の小曲各種。

2015のLFJKで素晴らしい演奏を聞かせてくれたオリヴィエ・シャルリエさん。今年はトリオ・オウオンのメンバーとして,ピアノ三重奏曲を色々取り上げます。

小山実稚恵さんの独奏でチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。大トリの演奏ですね。

●その他
4月28日ガラコンサート@北國新聞赤羽ホール

5月1日 街なか公演@北國新聞赤羽ホール
中嶋彰子さんほかで千住明「滝の白糸」ハイライト 千住明さんが解説してくれるようです。

金沢の自然を音楽にしたら!?4人の人気作曲家が競演 池辺晋一郎,青島広志,千住明に加え...あの新垣隆さんも登場。

5月1日にもラデク・バボラークさんの公演がありますが,今回はたっぷり金沢に滞在してくれるようですね。

ちなみにパンフレットの表紙に使われているイルジー・ヴォトルバさんイラストですが...鼓門の奥にJR金沢駅ではなく,夕日(朝日?)があるという中々大胆なデザインです。

その他の無料公演などは,これから続々発表されてくることでしょう。

マティアス・バーメルト指揮OEK定期。ベテランらしい見事な音楽の運びで渋いプログラムを楽しませてくれました。アレクサンダー・クリュッヒェルさんの知的センス溢れる美しい演奏も見事 #oekjp

2016年になって2回目のOEK定期公演は,OEK初登場となるマティアス・バーメルトさん指揮,アレクサンダー・クリッヒェルさんのピアノによるマイスター・シリーズでした。今シーズンのマイスターシリーズには,「ショパンと友人たち」というテーマがあり,毎回ショパンのピアノ協奏曲的作品が取り上げられています。今回は協奏曲ではなく,実演で聞く機会の少ない,「お手をどうぞ」の主題による変奏曲と演奏会用ロンド「クラコヴィアク」」が演奏されました。

メインに演奏されたのは,メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」ということで,渋い感じのプログラムの印象だったのですが,どの曲も本当に素晴らしい内容でした。

まず,アレクサンダー・クリッヒェルさんの演奏したショパンの2曲ですが,何よりも音が素晴らしくクリアで明晰で,塵一つ落ちていないような透明度の高い演奏を聞かせてくれました。ショパンらしく,細かい音符がキラキラと続くのですが,それが明晰であると同時に安定しており,技巧的な華やかさだけが浮き上がる感じでないのが見事でした。

演奏された2曲は,似たタイプの曲でしたが,特に「お手をどうぞ」の主題による変奏曲の方が変化に富んだ音楽で楽しめました。この曲を聞いたシューマンが「諸君!脱帽しなさい,天才だ」と絶賛したとプログラムの解説に書いてありましたが,この言葉をそのままクリュッヒェルさんに贈りたいと思います。クラコヴィアクの方は,ピアノ協奏曲第1番の第3楽章の別バージョンといった感じの軽快な気分が印象的な曲でした。

アンコールで,自作のララバイという曲が演奏されました。ちょっと坂本龍一などの映画音楽を思わせるようなメロディアスな曲でしたが,俗っぽくなることがなく,クリュッヒェルさんの美意識のようなものが詰まっているように思えました。

クリュッヒェルさんは,プロフィールを読む限りではコンクール歴はなく,数学者としての一面も持つということで,かなり異色のピアニストなのですが,その健康的な音楽と知的なセンスの溢れる音楽を聞いて,才能が溢れていると感じました。

バーメルトさんの指揮で,まず,ブリテンのシンプル・シンフォニー,最後にメンデルスゾーンの宗教改革が演奏されました,どちらもさすがベテラン指揮者という演奏でした。大げさな演奏ではないのですが,音楽の運びが巧く,どちらの曲も,室内オーケストラらしく軽妙に聞かせる部分と,大きく盛り上げるクライマックスとがしっかりと描き分けられていました。

特に「宗教改革」は,ずしりとした聞きごたえの残る,素晴らしい演奏でした。第1楽章と第4楽章にコラールが出てくるのですが(第1楽章の方はワーグナーの「パルシファル」にも出てくるものですね),その効果が素晴らしいと思いました。弦楽器の清澄さ,トロンボーンやテューバを含む神を称えるような落ち着きのある明るさ,ティンパニの力強さ...地に足を付けながら,天を称えるという感じでした。

第2楽章の軽妙さもとても良いアクセントになっていました。第3楽章の静かで悲しい表情から第4楽章へと移行する辺りでは,岡本さんのフルートのソロをきっかけにどんどん光が差してくるように高揚していくのが感動的でした。そして,コーダの部分では,ブルックナーの交響曲を思わせるようなオルガンを思わせる響きを聞かせてくれました。ティンパニの音がオルガンのペダルのようで,力強い響きの後,それがスッと消えるように終わるのが宗教的だなぁと感じました。

アンコールでは,大変軽妙かつ味わい深いモーツァルトの小品が演奏されました。もしかしたらバーメルトさんの得意の曲かもしれません。演奏会全体の雰囲気にもぴったりでした。

というわけで,一見地味なプログラムをしっかりと楽しませてくれる,OEKらしさを堪能させてくれた公演でした。

2016/01/16

毎年,センター試験の日は...金沢大学フィルの定期演奏会。今年は山下一史さん指揮でブラームスの交響曲第2番がメイン。若いエネルギーの溢れた力強い演奏でした。

大体毎年,センター試験の日に金沢大学フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会が行われています。今年もこの日に行われたので聞いてきました。今年の指揮者は,おなじみの山下一史さんでした。

山下さんと金沢大学フィルは,過去何回か共演しており,マーラーの交響曲第5番であるとか,ブラームスの交響曲第4番などを聞いたことがあります。ただし,結構前のことなので,もしかしたら現在のメンバーが生まれる前の時代のことかもしれませんね。我ながら,結構長い間,金沢大学フィルを聞いてきたものだ,と痛感しています。

今回メインに演奏されたのはブラームスの交響曲第2番でした。この曲は,ブラームスの4つの交響曲の中で唯一テューバが加わる曲ですので,大学オーケストラのレパートリーには加えやすいかもしれませんね。昨年,井上道義さん指揮OEKで聞いたばかりですが,今回の演奏も立派な演奏でした。

この曲は,冒頭からホルンの活躍が目立つ曲ですが,終演後,山下さんが花束を受け取った後,1番ホルン奏者に「よく頑張った」という感じでその花束を丸ごと渡していました。冒頭部分もさることながら,第2楽章の終盤の長いソロなどをしっかりと聞かせてくれたのも印象的でした。全体的に粗の目立つところもあったのですが,このホルン・パートを中心に,若いメンバーのエネルギーを感じさせてくれました。弦楽器,特にヴァイオリン・パートの積極的な演奏も素晴らしいと思いました。最終楽章のコーダでのエネルギーが凝縮されたような力強い演奏が素晴らしいと思いました。

前半演奏された,ウェーバーの「魔弾の射手」序曲,ボロディンの「だったん人の踊り」もそれぞれ楽しむことができました。どちらもOEKが取り上げる機会の少ない曲で,特に「だったん人の踊り」の方は,有名な曲の割に,金沢で演奏される機会はほとんどありません。

どちらも曲の立ち上がりの部分はちょっと不安定な気がしましたが,曲が進むにつれてエンジンがかかってくるような感じで響きが充実してきました。「だったん人の踊り」の方は,テンポの変化が大きく,打楽器各種が多彩に曲を盛り上げてくれるので,聞いていてワクワクしました。

部分的に,もう少し音程が安定していて欲しいかなという所はあったのですが,今年もまたOEKでは聞けない,大編成の曲をしっかりと楽しませてくれました。

2016/01/09

OEKニューイヤーコンサートは,ヴォーカル・グループIL DEVUがゲスト。明るく晴れたイタリアンな歌の世界を楽しませてくれました。三ツ橋敬子指揮によるレスピーギの精緻な響きも忘れられません。 #oekjp

今年最初に出かけたコンサートは,例年通りOEKのニューイヤーコンサートでした。

OEKのニューイヤーコンサートは,井上道義さんが音楽監督になって以来,ウィーン風ニューイヤーコンサートに対抗して,色々な試みがされてきましたが,このところは「歌モノ」が中心になっています。これまでは比較的女性歌手が出演することが多かったのですが,今年は趣きを替え,男性4名のヴォーカル+ピアニスト1名による声楽アンサンブル IL DEVUとの共演となりました。

このIL DEVUというグループについては「総重量約500kgの重量級クラシック・ボーカル・グループ」ということで,イギリスのヴォーカル・グループIL DIVOをもじったものです。いわゆる「色モノ」的なグループかな,と思ったのですが,皆さんトークも含め大変真面目で,きっちり,たっぷりと気持ちの良い歌を聞かせてくれました。

今回のテーマは「イタリア」ということで,演奏されたのはすべてイタリアの曲でした。前半はイタリア古典歌曲集,後半はカンツォーネ中心で,イタリアの歌の歴史をたどる形で,プログラム的にもとても良くまとまったものでした。

メンバーは,テノール:望月哲也,大槻孝志,バリトン:青山 貴,バスバリトン:山下浩司,ピアニスト:河原忠之の5名です。歌手の中では,特に大槻さんの凛々しい声と青山さんの脂の乗ったトロけるような声が特に素晴らしいと思いました。後半に歌われた「オ-ソレミオ」は,ドミンゴ,カレーラス,パヴァロッティの「3大テノール」のコンサートで歌われたいたのと,ほぼ同様のアレンジでしたので,特にゴージャスでした。が,この曲に関してはもっと,遊んでくれても良かったかな,と思いました。

演奏会の最後に歌われた,モリコーネの「ネッラ・ファンタジア」は,感動を秘めたスケール感たっぷりの曲で,演奏会をしっかり締めてくれました。

そして,今回のコンサートで素晴らしかったのは,三ツ橋敬子さん指揮OEKの演奏でした。レスピーギとロッシーニの曲が演奏されましたが,どの曲にも緻密さとしなやかさがありました。特に前半最後に演奏された,レスピーギの「ボッティチェリの三枚の絵」は,OEKの編成にぴったりの小編成の曲でありながら,キラキラとた色彩感に溢れ,タイトルどおり,音による三枚の絵を見るようでした。

ステージの前方には花が飾られ,音楽堂のスタッフの皆さんが晴れ着を着ていらっしゃるなど,例年どおりの華やかさでした(ただし,恒例のどら焼きのプレゼントがなかったのは少々淋しかったかな)。今年もまた,石川県立音楽堂を中心として,あれこれクラシック音楽の演奏会を楽しみたいと思います。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック