OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2016 ナチュール:自然と音楽 本公演2日目 コンサートホールを中心に京大,OEK,プチョンの3オーケストラ+ペレスさんのピアノ,中嶋彰子+能を聞きました #lfjk | トップページ | 第15回北陸新人登竜門コンサート <管・打楽器 声楽部門> この部門恒例,今回もまた,色々な楽器による色々な作品を楽しむことができました。 #oekjp »

2016/05/06

ラ・フォル・ジュルネ金沢2016 #lfjk 最終日は,朝一のエル=バシャを手始めに,惑星,グランドキャニオン,福間洸太朗,OEKの田園,栗コーダーカルテット,小山実稚恵,そしてクロージングコンサート。関係者の皆さん,ありがとうございました。

ラ・フォル・ジュルネ金沢2016の最終日も,金沢市は快晴に恵まれました(風は相変わらず強かったですが)。私は,朝一のエル=バシャを手始めに,惑星,グランドキャニオン,福間洸太朗,OEKの田園,栗コーダーカルテット,小山実稚恵,そしてクロージングコンサートを聞いてきました。

エル=バシャさんのベートーヴェンは,日常を超越した世界が広がっていました。一見クールな中,哲人が思黙考するような瞬間がありました。聞くたびに素晴らしいピアニストだなぁと感じます。エル=バシャさんのベートーヴェン,また聞いてみたいです。

ナビル・シェハタ指揮新日本フィルによる「惑星」は,今回,特に人気の高かったプログラムで,超満員でした。それだけ,金沢で演奏される機会の少ない作品です。

今回の演奏ですが,引き締まった筋肉質の「火星」から始まり,大編成オーケストラの魅力を堪能できました。生で聞くと一層楽しめる曲です。終盤の海王星,天王星など,これまであまり熱心に聞いたことのなかった曲が特に面白いと思いました。ちなみに,天王星の最後に女声合唱のヴォカリーズが入ることになっていますが,今回は舞台裏の電子的な楽器(?)で代用していたようです。

本日の昼食。
1040001

井上道義指揮新日本フィルのグローフェ「グランドキャニオン」では,堂々たるスケール感の「日の出」をはじめ,大変じっくりダイナミックに大峡谷の一日が描かれていました。この曲はCDでも実演でも,近年は軽視されがちですが,名曲だなぁと実感。最後の「豪雨」の部分では(井上さんお得意の)照明の演出もありました。

午後からは今回初めてアートホールへ。
1040011
福間洸太朗さんの公演は,ナチュールのテーマどおりのこだわりの選曲でした。技巧的な曲や標題のある小品の数々を聞きながら,SPレコード時代のヴィルトーゾ・ピアニストの時代が再来するのも面白いかもと実感。最後のリストの曲は大盛り上がりを感じました。

続いて,ナチュールのテーマでは絶対欠かせないベートーヴェン「田園」を井上道義指揮OEKの演奏で聞きました。この公演も超満員でした。次のような感じで両サイドもいっぱいでした。
1040014

演奏の途中(3楽章の途中)でティンパニ,トロンボーン,トランペット,ピッコロが 入ってくるなど(「チーム嵐」でどう?)の井上さんならではの「目立たせる工夫」をしつつ,「OEKのいつもの田園」を新鮮に聞かせてくれました.

この時間帯は大賑わいでした。
1040018

続いて時間調整も兼ねて栗コーダーカルテットの公演へ。実は...昨晩の「花の章」公演の払い戻しがこれに化けました。ナチュールに関係あるのかは不明ですが,「自然体」の演奏ということでナチュールなのかもしれません。リコーダーとテューバの組み合わせが実に良い味を出していました。サインもいただいてきました。

↓次のような感じのステージで,楽器を色々持ち替えて演奏していました。
1040028

コンサートホール公演の最後は,小山実稚恵さんのソロによるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番他。実質的なトリに相応しい力感と高級感の溢れる演奏でした。クルデーレさん指揮プチョン・フィルも大変若々しいバックアップでした。

その後,交流ホールに向かい,クロージングコンサートに参加してきました。

1040041

↓開演を待つお客さん
1040035

クロージングコンサートでは,今回登場した3人の指揮者+歌手2名+OEK祝祭管弦楽団による楽しいステージでした。ホールの響きは相変わらずデッドですが(やはり,昨年よりもステージの高さが少し変わった気がしますが...気のせい?),オケを間近に取り囲んでのステージは聴衆の一体感を高めてくれます。演奏された曲の中では,OEKが演奏することはまずない,スターウォーズのテーマがとても新鮮でした(かなり以前,ボブ佐久間さんや渡辺俊幸さん指揮で聞いたことがあるかも)。

登場したソプラノのボルコヴァさんとバスの森雅史さんの声も素晴らしかったですね。特にボルコヴァさんの声は間近で聞くと音がダイレクトに飛び込んでくるようで圧倒的でした。

その後,森さん主導で,シューベルトの「野ばら」を皆で歌いました。昨年歌った「ハレルヤコーラス」は難易度が高かったのですが,「野ばら」ならば,私でも歌えました。ドイツ語の歌詞でも皆さんほぼ大丈夫そうでした。

今回のラ・フォル・ジュルネ金沢ですが,大曲が多かったこともありOEK祝祭管弦楽団が大活躍でした。いろいろ課題はあると思いますが,是非継続していって欲しいと思います。例えば,5月以外にも9月(音楽堂アニバーサリーなど)にも登場し,大曲を演奏するのもありかも。POPSオーケストラとしてジョン・ウイリアムズ特集とかでも面白いかもしれません。

今年のラ・フォル・ジュルネ金沢は,テーマの面では「何でもあり」の気配はありましたが,例年通り,充実した内容だった思います。祭の終わりの寂しさを感じつつ,明日から現実復帰です。関係者の皆様,ありがとうございました。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2016 ナチュール:自然と音楽 本公演2日目 コンサートホールを中心に京大,OEK,プチョンの3オーケストラ+ペレスさんのピアノ,中嶋彰子+能を聞きました #lfjk | トップページ | 第15回北陸新人登竜門コンサート <管・打楽器 声楽部門> この部門恒例,今回もまた,色々な楽器による色々な作品を楽しむことができました。 #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2016 ナチュール:自然と音楽 本公演2日目 コンサートホールを中心に京大,OEK,プチョンの3オーケストラ+ペレスさんのピアノ,中嶋彰子+能を聞きました #lfjk | トップページ | 第15回北陸新人登竜門コンサート <管・打楽器 声楽部門> この部門恒例,今回もまた,色々な楽器による色々な作品を楽しむことができました。 #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック