OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 井上道義OEK+北村朋幹によるマイスター定期はシリーズ最後に相応しい名曲の名演の連続。キラールの作品もOEKにぴったり! #oekjp | トップページ | OEK定期公演2015/2016の最後は,3つの顔を持つイエルク・ヴィトマンの日。熱いメンデルスゾーン,アイデアに溢れた自作を始め,先週に続き大満足の公演でした。 #oekjp »

2016/07/18

ルドヴィート・カンタ サロン・コンサート バッハ,スラヴ風の小品,定番曲,日本のメロディ,ピアソラ...味わい深い演奏の数々を楽しんできました

OEKメンバーの中でいちばん活発にソロ活動を行っているのは,首席チェロ奏者のルドヴィート・カンタさんでしょう。毎年1回以上はリサイタルや室外楽公演を行っています。

今回は「サロン・コンサート」ということで,石川県立音楽堂交流ホールを使い,カンタさんのこだわりのプログラムからお客さんのリクエストに答えて選んだ定番曲まで,約1時間20分一気に楽しませてくれました。

最初に演奏された,バッハの無伴奏チェロ組曲第6番の中のアルマンドとクーラントは,今回演奏された曲の中でいちばん重い曲でした。最近,ヨーロッパを中心にテロ事件が頻発していることを意識して,「平和への祈り」を込めての演奏でした。特にアルマンドは,とつとつとした語り口で始まった後,思いの深さを感じさせてくれるような演奏でした。

その後,チャイコフスキー,ラフマニノフなどスラヴ系の小品が続きました。どの曲にも,さり気なくロマンの香りと味わいの深さがありました。その中で,チャイコフスキーのカプリッチョ風の小品の後半での,急速なパッセージが印象的でした。キュイのオリエンタルは,タイトルどおりオリエンタルな曲で気に入りました。それにしても,キュイという作曲家は名前だけは,5人組の1人として有名ですが,実際に曲が演奏されるのは,珍しいですね。

後半は,事前に行っていたお客さんからのリクエストを参考にする形で選曲されました。定番の「白鳥」「夢のあとに」は言うまでもなく,その後に演奏された,「荒城の月」「赤とんぼ」「ゆりかごの唄」の3曲の美しさが大変印象的でした。さらっと演奏しているのに,歌詞の内容が伝わってくるような味わい深さを感じました。

久石譲のLa pioggia(雨)は,久石さんがカンタさんのためにアレンジした作品ですが,せつなくなるような美しい曲です。この曲は,チェロの定番曲として残っていくのではないかと思います。

最後はすっかりチェロの定番曲となったピアソラのリベルタンゴとル・グランタンゴが貫禄十分に演奏されました。そして,アンコールで,カンタさんが得意とするモンティのチャールダーシュが演奏され,交流ホール独特のアットホームな雰囲気につつまれて演奏会は終了しました。

この日の公演を聞いて,カンタさんのレパートリーの広さと,次々と新たなレパートリーを増やしていることを実感できました。素晴らしいと思います。特に今回演奏された,「日本のメロディ」路線は,今後期待したいと思います。それと,久石さんのLa pioggiaのCD録音が欲しいですね。期待しています。

« 井上道義OEK+北村朋幹によるマイスター定期はシリーズ最後に相応しい名曲の名演の連続。キラールの作品もOEKにぴったり! #oekjp | トップページ | OEK定期公演2015/2016の最後は,3つの顔を持つイエルク・ヴィトマンの日。熱いメンデルスゾーン,アイデアに溢れた自作を始め,先週に続き大満足の公演でした。 #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/63933156

この記事へのトラックバック一覧です: ルドヴィート・カンタ サロン・コンサート バッハ,スラヴ風の小品,定番曲,日本のメロディ,ピアソラ...味わい深い演奏の数々を楽しんできました:

« 井上道義OEK+北村朋幹によるマイスター定期はシリーズ最後に相応しい名曲の名演の連続。キラールの作品もOEKにぴったり! #oekjp | トップページ | OEK定期公演2015/2016の最後は,3つの顔を持つイエルク・ヴィトマンの日。熱いメンデルスゾーン,アイデアに溢れた自作を始め,先週に続き大満足の公演でした。 #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック