OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« セイジ・オザワ松本フェスティバル2016スクリーンコンサート@金沢市文化ホール。小澤征爾指揮のベートーヴェンは巨匠的な重みのある演奏。ルイージ指揮の「典礼風」も感動的 | トップページ | モーツァルト室内楽の旅27 ヴァイオリンソナタ5(金沢蓄音器館)。パリ・ソナタのうち3曲を大村俊介さんの味わい深い演奏とトークで楽しみました。鶴見彩さんのクリアなピアノもお見事 »

2016/08/23

沼尻竜典指揮OEKによる「英雄」とアダージェット,今川裕代さんのピアノによるシューマンの協奏曲。色々な点で工夫に満ちた北信テレネックス主催の公演を楽しんできました。 #oekjp

夏休みということで,8月はOEKの定期公演は行われませんが,北信テレネックス株式会社 創業50周年記念の演奏会が行われたので聞いてきました。今回の公演は,熊本地震被災地支援のためのチャリティーコンサートも兼ねており,指揮は沼尻竜典さんの,ピアノは今川裕代さんでした。

この公演は,企業主催のコンサートだったのですが,まず,マーラーの交響曲第5番のアダージェットで始まるなど,プログラム面でも演奏面でも大変充実した内容となっていました。

マーラーのアダージェットは,熊本地震被災者の追悼の意味を込めて演奏されたのですが,私の記憶によると,OEKがマーラーの交響曲(今回は一部ですが)を演奏するのは,室内オーケストラ版の「大地の歌」以来のことだと思います。弦五部とハープのみの楽章なので実現したのですが,心地よい浮遊感とやさしさに満ちた素晴らしい演奏でした

その後演奏された,シューマンのピアノ協奏曲とベートーヴェンの「英雄」については,両曲とも,今年定期公演で演奏されたばかりの曲ということで,万全の演奏でした。ちなみにこの選曲ですが,主催者の北信テレネックスの棒田社長が決めたものでした。1997年に福井にハーモニーホールがオープンした時に,ベルナルト・ハイティンク指揮ウィーン・フィルが公演を行ったのですが,その時と同じプログラムにしたとのこととです(ちなみに,この時のピアノは内田光子さんだったそうです)。

シューマンのソリストは,福井出身の今川裕代さんでした。棒田社長は,今川さんと親交があり,そのつながりで今回登場されたようです。すばらしいシューマンだったと思います。全体的に,テンポは遅めで,ちょっと重いかな,という気もしましたが,メランコリックな雰囲気が大変魅力的でした。第3楽章の最後の方では,ピアノが目まぐるしく上下に動く動きが繰り返される部分が大好きです。今川さんの演奏を聞いているうちに,色々な感情が溢れ,次第に幸福感を増していくように感じました。

今回の演奏で,もう一つ特筆すべきは,今川さんの手の動きをビデオカメラで撮影し,ステージ上のスクリーンに大きく投影をしていたことです。オーケストラのコンサートでこういう試みをするのを見るのは初めてでした。相当,照度の明るいプロジェクターがないと実現できない,とのことでしたが,プロのピアニストの超人的な手の動きをしっかりと楽しませてくれました。

後半の「英雄」は,井上道義音楽監督指揮で頻繁に演奏されている曲ですが,今回の沼尻さんの指揮による演奏もまた素晴らしいものでした。何より,沼尻さんのバトン・コントロールがすごいと思いました。この日は,1階席で聞いていたので,特によく分かりました。沼尻さんの指揮の動作には無駄がなく,大変自然で,流れの良い音楽をOEKから引き出していました。「指揮どおり」というのは,当たり前のことではあるのですが,ちょっとした指揮の動作にピタッと反応し,要所要所で「英雄」ならではのパンチの効いた音が飛び出してくる感じが本当に見事でした。

沼尻さんは,8月19日に京都市交響楽団の定期演奏会でショスタコーヴィチの交響曲第4番を指揮していますので(この公演の様子は次のブログのとおりです。 http://www.kyoto-symphony.jp/blog/index.php?itemid=327 聞いてみたかったです),今回の演奏会のためのリハーサルの時間はほとんどなかったと思うのですが,「さすが」という完成度の高さだったと思います。

ちなみにこの日のゲスト・コンサートマスターは,金沢市出身で岩城宏之音楽賞受賞者でもある,吉本奈津子さんでした。吉本さんは,オーストラリアのアデレード交響楽団のコンサートマスターをされているそうですが,こういう形での「里帰り」も,OEKファンとしても嬉しいですね。

北信テレネックスさんには,今後も重要なパトロンとして,OEKを支援していっていただきたいなぁ,(OEK事務局に成り代わって)と思いました。

« セイジ・オザワ松本フェスティバル2016スクリーンコンサート@金沢市文化ホール。小澤征爾指揮のベートーヴェンは巨匠的な重みのある演奏。ルイージ指揮の「典礼風」も感動的 | トップページ | モーツァルト室内楽の旅27 ヴァイオリンソナタ5(金沢蓄音器館)。パリ・ソナタのうち3曲を大村俊介さんの味わい深い演奏とトークで楽しみました。鶴見彩さんのクリアなピアノもお見事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« セイジ・オザワ松本フェスティバル2016スクリーンコンサート@金沢市文化ホール。小澤征爾指揮のベートーヴェンは巨匠的な重みのある演奏。ルイージ指揮の「典礼風」も感動的 | トップページ | モーツァルト室内楽の旅27 ヴァイオリンソナタ5(金沢蓄音器館)。パリ・ソナタのうち3曲を大村俊介さんの味わい深い演奏とトークで楽しみました。鶴見彩さんのクリアなピアノもお見事 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック