OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 沼尻竜典指揮OEKによる「英雄」とアダージェット,今川裕代さんのピアノによるシューマンの協奏曲。色々な点で工夫に満ちた北信テレネックス主催の公演を楽しんできました。 #oekjp | トップページ | 石川県立音楽堂開館15周年記念 井上道義指揮OEK+野村萬斎によるシン・ボレロ(?)。創意に満ちたパフォーマンス。鈴木行一「勧進帳」も音楽堂にぴったりの作品。そしてOEK十八番のハフナー! #oekjp »

2016/09/01

モーツァルト室内楽の旅27 ヴァイオリンソナタ5(金沢蓄音器館)。パリ・ソナタのうち3曲を大村俊介さんの味わい深い演奏とトークで楽しみました。鶴見彩さんのクリアなピアノもお見事

本日は久しぶりに金沢蓄音器館に出かけ,大村俊介さんのヴァイオリンと鶴見彩さんのピアノで,モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ3曲などを聞いてきました。元OEKのヴァイオリン奏者の大村さんによる,「モーツァルト室内楽の旅」シリーズも回を重ね,2006年から始まった弦楽四重奏シリーズの13回と合わせると,今回で40回目になります。まさに汲めどもつきないモーツァルトの室内楽の世界です。

最近はヴァイオリン・ソナタを取り上げていらっしゃるようですが,今回は鶴見彩さんのピアニストに迎え,「パリ・ソナタ」とか「プファルツ選帝侯ソナタ」とか「マンハイム・セット」と呼ばれる6曲の中の3曲が演奏されました。

このシリーズは,毎回,大村さんが演奏する曲について,曲の背景となる知識を含め,丁寧に説明をしていただけるのが素晴らしいところです。今回の説明では,「モーツァルトはヴァイオリン・ソナタを生涯を通じて書き(全部で43曲にもなります),その要所要所でヴァイオリン・ソナタで勝負を掛けてきた」と仰られていたのが印象的でした。

モーツァルトの他のジャンルの曲に比べると,少々印象が薄い面もあったのですが,このことを頭に置いて,1曲ずつじっくり聞くと,どの曲も大変味わい深いと思いました。これは,大村さんのヴァイオリンの暖かみのある演奏にもよると思います。それと今回は何といっても,鶴見彩さんのピアノが素晴らしいと思いました。

至近距離での演奏ということもあり,音が大変くっきり聞こえました。さらに音の粒が気持ちよく揃っており,速いパッセージで,タタタタタ...と見事に音が連なっているのが素晴らしいと思いました。演奏全体をくっきりとしたものにしていました。

今回は,第18番(第25番)ト長調,第19番(第26番)変ホ長調,第20番(第28番)ハ短調の3曲が演奏されましたが,静かな感じでスッと終わる数曲あり,「こういうのも良いなぁ」と思いました(番号については,偽作を入れるかどうかで2通りの番号付けがあるようです)。

その他,モーツァルトがこのシリーズを作曲するにあたって影響を受けた,シュスターの作品(「このシリーズでないと聞けない作品(大村さん談)」)や同時期に書かれたモーツァルトのピアノ・ソナタ第9番も演奏されました。

大村さんの深い音楽的教養に裏打ちされたこのシリーズですが,鶴見さんが加わり,さらにパワーアップしたのではないかと思います。演奏前にワインも一口楽しめるし,夜になって虫の声が盛大に聞こえる季節にはぴったりの,味わい深い演奏会でした。

« 沼尻竜典指揮OEKによる「英雄」とアダージェット,今川裕代さんのピアノによるシューマンの協奏曲。色々な点で工夫に満ちた北信テレネックス主催の公演を楽しんできました。 #oekjp | トップページ | 石川県立音楽堂開館15周年記念 井上道義指揮OEK+野村萬斎によるシン・ボレロ(?)。創意に満ちたパフォーマンス。鈴木行一「勧進帳」も音楽堂にぴったりの作品。そしてOEK十八番のハフナー! #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 沼尻竜典指揮OEKによる「英雄」とアダージェット,今川裕代さんのピアノによるシューマンの協奏曲。色々な点で工夫に満ちた北信テレネックス主催の公演を楽しんできました。 #oekjp | トップページ | 石川県立音楽堂開館15周年記念 井上道義指揮OEK+野村萬斎によるシン・ボレロ(?)。創意に満ちたパフォーマンス。鈴木行一「勧進帳」も音楽堂にぴったりの作品。そしてOEK十八番のハフナー! #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック