OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016/10/21

オリバー・ナッセン指揮OEK定期公演。自作+武満+ブラームスのセレナード第1番という独特のプログラム。ほの暗い前半と爽快で田園的な後半の対比が鮮やか! #oekjp

オリバー・ナッセン指揮によるOEK定期公演フィルハーモニーシリーズを聞いてきました。ナッセンさんがOEKを指揮をするのは今回が3回目ですが,今回は特に渋いプログラムでした。

前半はスクリャービンのピアノ曲をナッセンさんが編曲した「スクリャービン・セッティング」,ナッセンさんの友人でもあった武満徹の「トゥリー・ライン」,そして,ナッセンさんの妻のスー・ナッセンさんを追悼して作曲された「レクイエム(スーのための歌)」の3曲が演奏されました。

どの曲もオーケストラの定期公演としては変則的で,室内楽に近い部分もあったのですが,ほのぐらいトーンに統一感があり,武満とナッセン(そしてスクリャービン)の類似性を感じました。ナッセンさんの作る音楽からは,ファンタジーの世界を思わせる美しさと繊細さが伝わってきました。

スクリャービン・セッティングは,ワーグナーの「トリスタン」を思わせるような,半音階的な動きが印象的でした。ナッセンさんは,非常に大きな方(縦にも横にも)ですが,それと反比例するような,緻密さと柔らかさのある音楽を聞かせてくれました。

武満徹の「トゥリー・ライン」は,弦楽四重奏+コントラバス+管楽器という独特の編成で,武満が仕事場にしていた信州の並木や自然を表現した曲です。初めて聞く曲でしたが...ピタリと波長が合ってしまいました。孤独感が漂っているけれども,それが大変気持ちよく感じました。曲の後半,オーボエの水谷さんがソロリソロリと退場し,舞台裏でカデンツァのような感じでソロを演奏して終わるという独特の終わり方も面白かったですね。

前半最後は,ナッセンのレクイエムが演奏されました。テキストとしては,通常のレクイエムの典礼文ではなく,エミリー・ディキンソンなどの詩を使っていたのが特徴で,祈りの音楽というよりは,シュプレッヒ・シュティンメ風の演劇的な雰囲気がありました。ソプラノのクレア・ブースさんの声は,暖かさと同時に清潔感があり,「現代的なレクイエム」に相応しい歌を聞かせてくれました。

前半全体として,ほの暗い感じがあったのですが,後半のブラームスのセレナード第1番は,その気分を振り払うような,爽快感な気分で始まりました。演奏会で取り上げられる機会が非常に少ない曲なのですが,ブラームスの交響曲第2番をさらに田園的にしたような雰囲気のある曲で(調性はどちらもニ長調ですね),大変面白く聴くことができました。全部で6楽章構成というのが,交響曲とは違うのですが,音楽の聞きごたえという点では交響曲同様の聞きごたえがありました。

第1楽章の鼻歌で歌えそうな冒頭部,狩を思わせる気分のある第5楽章など,ホルンの活躍する曲で,金星さんを中心に野性味と美しさを兼ね備えた音を楽しませてくれました。緩徐楽章の第3楽章でのじっくりとした歌いぶり,遠藤さんのクラリネットなどの木管楽器がしっとりとした音楽を聞かせてくれた第4楽章のメヌエット,そして,シューベルトの初期の交響曲を思わせるような運動性が楽しい第6楽章など,各楽章ごとに聞きところがありました。恐らく,全曲で45分以上かかっていたと思うのですが,全く退屈せずに楽しむことができました。

今回の公演は,前半・後半ともに有名曲が入らない「定期公演ならでは」のプログラムでした。OEKのレパートリーについては,編成的にどうしても制限がありますので,今回のような形で,知名度は低いけれども楽しめる作品を取り上げることは,大変良いことだと思いました。特にブラームスのセレナードについては,他のオーケストラも実演で,もう少し取り上げても良いのに,と思わせるような良い曲だとい思いました。

この日,ナッセンさんは,杖をついてゆっくりとした足取りで登場。しかもヒゲ面ということで,どこかファンタジーに出てくる「超人的な魔法使い」的な雰囲気もあると思いました。ナッセンさんには,是非また,OEKに魔法をかけるために再登場していただきたいと思いました。

2016/10/13

オルガン・フェスティバルVol.1 エドガー・クラップさんの正統的な演奏で,J.S.バッハのオルガン名曲集とウィドールのオルガン交響曲第6番。特にヴィドールは大変分かりやすく楽しめる作品

本日は,「オルガン・フェスティバルVol.1 J.S.バッハ&ウィドール」として石川県立音楽堂で行われた,ドイツのオルガン奏者,エドガー・クラップさんのリサイタルを聴いてきました。音楽堂のパイプオルガンを使った演奏会を聴くのは,一年前の「パイプ・オルガンの日」以来,ほぼ1年ぶりのことです。

今回の内容は,前半がバッハのオルガン名曲集,後半がヴィダールのオルガン交響曲第6番という構成で,石川県立音楽堂のパイプオルガンの素晴らしさを堪能できました。

前半のバッハのオルガン曲集は,本当に名曲ばかりが集められていました。トッカータとフーガ 二短調, BWV.565は,言うまでもない名曲中の名曲。コラール前奏曲「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」とコラール「主よ人の望みの喜びよ」は,どちらもバッハの曲の中でもメロディの美しさで知られる曲だと思います。

幻想曲とフーガ ト短調,BWV.542は,聞いたことのない曲かな,と思ったのですが,プログラムの解説にあったとおり,プーランクのオルガン協奏曲の出だしの「元ネタ」ということで,聞き覚えがありました。前半最後に演奏された,パッサカリアとフーガ ハ短調, BWV.582は,前半を締めるのにふさわしい,堂々たる歩みを持った曲であり演奏でした。

クラップさんの演奏は,非常にオーソドックスで,太い幹の大木を仰ぎ見るような揺るぎのない安定感を感じました。2曲のコラールの方は,管楽器を思わせる音色を使い,対照的にホッとさせてくれるような素朴な手触りを感じさせてくれました。

後半のヴィダールのオルガン交響曲第6番は,初めて聞く大曲でしたが(30分ぐらいあったと思います),本当に楽しませてくれました。前半のバッハのトラディショナルな気分と対照的に,明るく開放的な音楽を聞かせてくれました。全5楽章からなる曲で,古典的なバランスの良さのある楽章配置でした。1,3,5楽章がエネルギッシュな感じ,2,4楽章が甘く歌わせるような静かな楽章ということで,サン=サーンスの曲に通じるような分かりやすさがあると思いました。

クラップさんの演奏は,前半同様,ストレートに曲の素晴らしさを感じさせてくれるような演奏で,聞いていて爽やかさを感じました。ヴィドールはオルガン交響曲を10曲も書いているということなので,機会があれば,他のオルガン交響曲も聞いてみたいものです。

演奏後,クラップさんは,盛大な拍手を受けながら,しきりと「音楽堂のオルガンが素晴らしいんですよ」ということをアピールしていました。「オルガン・フェスティバル」というほど,お祭り気分のコンサートではありませんでしたが,年に数回は「オルガンの日」を作って,じっくりと楽しんでみたいものんだと思いました。

2016/10/09

おめでとう&ありがとう 金沢市民芸術村20周年!洋の音楽「管・弦・打楽器大集合!」パフォーミング・スクエアに9団体が集結。最後は異業種混合の「星条旗よ永遠なれ」の合同演奏。スペシャルな演奏会でした

金沢市民芸術村が開村して,今年で20年になります。地元のアマチュア音楽団体や劇団などのアーティストの練習場や発表の場としてすっかり定着しています。この20年の間,金沢市には石川県立音楽堂がオープンし,OEKが活躍の場を広げ,21世紀美術館がオープンし,ラ・フォル・ジュルネ金沢が始まり...と文化・芸術に関する活動が大変活発になりましたが,恐らく,地元のアマチュア・アーティストにとっては,この金沢市民芸術村のオープンがいちばん重要な出来事だったのではないでしょうか。

安価な使用料で,24時間使えるという使いやすさだけではなく,赤レンガの外装と歴史を感じさせる太い梁の内装,施設の外には芝生が気持ちよく広がる...という建物自体の面白さも特筆すべきものだとおもいます。使った人なら誰もが愛着の湧く施設になったと思います。

その20周年を祝うイベントがこの3連休に行われています。クラシック音楽・ジャズ関連のイベントとして,芸術村を日常的に練習場としている9団体が次々出演する演奏会が行われたので,私自身も芸術村を祝福するような気分で聞いてきました。

As01m_20161009_124723

それぞれ15分程度ずつ演奏するということで,13:00から16:30までの3時間30分という長い演奏会になりましたが,これだけを一気に聞ける機会はないので,じっくりと聞いてきました。もちろんいちばんの楽しみは,最後に合同演奏した「星条旗よ永遠なれ」でした。その期待どおりのスペシャルな演奏となりました。

今回登場したのは次の9団体でした(登場順)。それぞれに特徴があり,そのことについてあれこれ書きたいところですが...これはまた別の機会にしましょう。

●かほく市吹奏楽団(いきなりYMCA...結構みなさん例の「フリ」をやっていました)

●Fun Bright Big Band(今回唯一のビッグバンドジャズ。ノリのよいラテン系の音楽が気持ちよく響いていました)
アンサンブル★ふぁみりあ(奥様方の潜在能力のすばらしさを実感)

●金沢クラリネット・アンサンブル(5種類のクラリネットにおるアンサンブル。本家本元の「クラリネットをこわしちゃった」も楽しい演奏)

●百萬石ウィンドオーケストラ(今月末,金沢で行われる全日本吹奏楽コンクールに出席。その演奏曲2曲を演奏。さすがの実力。金沢で金を期待しています)

●金沢室内管弦楽団(今回唯一のオーケストラ。ハイドンの「時計」とシンコペーテッド・クロックが続くのが洒落ていました)

●石川フィルハーモニックウィンズ(吹奏楽版で一度聞いてみたかったAKB48の「365日の紙飛行機」。気持ち良く楽しめました)

●金沢サクソフォンアンサンブル(5種類のサックスによるアンサンブル。とにかく美しいハーモニーに感動しました。クラシカルなサックスの魅力がしっかり伝わってきました)

●金沢吹奏楽研究会(トリを務めただけあって,個人的にはこの日のMVP(Most Valuable Performance)だと思いました。カッコよい選曲をあの手この手のパフォーマンスで楽しませてくれました。アイアンマン3の途中に出て来たクールな5人組のタンバリンは...夢に出てきそう?)

そして,最後にこれら9団体の有志が勢揃いし,スーザの行進曲「星条旗よ永遠なれ」が120人ぐらいの編成で演奏されました。これは...ちょっと表現しようのない忘れられない演奏となりました。まさに20周年を祝うスペシャルパフォーマンスとなりました。

As01m_20161009_161631s
※...素晴らしい光景だったので撮影してしまいました。公開に問題ががありましたら削除いたします。

吹奏楽団だけではなく,弦楽器メンバー,ジャズ・バンドも一緒ということで,アレンジが非常に工夫されており,各団体のソリストたちの見せ場が順番に出てくるようになっていました。最後,大きく盛り上がって一旦終わった後...ちょっとキーが変わり,今度はリズムがジャズ調に。「2回目はジャズ風に盛り上がってみましょう」という感じで繰り返されました。さらに鳴り止まない拍手に応え,もう1回アンコールで演奏。

20年に1回の大変楽しいパフォーマンスでした。演奏者の皆さんに感謝すると同時に,金沢市民芸術村を運営されている方々に感謝したいと思います。

2016/10/08

オーギュスタン・デュメイ,OEK定期公演に初登場。表現意欲溢れるベートーヴェンの交響曲第4番をはじめ,スリリングで充実した素晴らしい共演でした #oekjp

2016/2017のOEK定期公演マイスター・シリーズのテーマは,「エッセンス・オブ・モーツァルト」ということで,毎回,モーツァルトの作品が取り上げられます。その第1回には,フランスのヴァイオリニストで指揮者のオーギュスタン・デュメイさんが登場しました。OEKとの共演は今回が初めてです。

デュメイさんといえば,往年のヴァイオリニスト,アルテュール・グリュミオーの後継者的な”優雅な雰囲気”を持ったヴァイオリニストといった印象を持っていたのですが,指揮者としてのデュメイさんは,かなり大柄な(実際,デュメイさんは非常に背の高い方でした)音楽を作る方だと感じました。

特に後半に演奏されたベートーヴェンの交響曲第4番では,堂々とした構えと強さを持った第1楽章,メロディの流れの良さと同時に明確なリズムの刻みを感じさせてくれた第2楽章...とどの楽章にも表現意欲が溢れていました。最終楽章は,「テンポが速いとファゴットが大変」という楽章なのですが...容赦のない急速な演奏でした。ファゴットの柳浦さんは大変そうだったのですが,コンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんを中心に,大変積極的な演奏を聞かせてくれ,デュメイさんの無茶振り(?)に見事に答えていました。第4楽章の最後の部分は,一転してゆったりとしたテンポになり,重量感たっぷりに終わっていました。というわけで,大変,面白く,スリリングな演奏でした。

前半はまず,デュメイさんの弾き振りで,モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番が演奏されました。デュメイさんのお得意のレパートリーということで,自身たっぷりで自由と明るさに溢れた演奏を聞かせてくれました。小細工することなく,ストレートにモーツァルトの美しさを感じさせてくれました。幸福感に溢れた第2楽章,ニュアンスの多彩な変化が続いた後,ふんわりと音がホールの空気に融け込むように終わった第3楽章など,イメージどおりのモーツァルトを聞かせてくれました。

2曲目に演奏されたスークの弦楽セレナードも素晴らしい演奏でした。OEKが全曲を演奏するのは初めてだと思いますが,第1楽章の冒頭から爽やかな勢いがあり,大変新鮮でした。第3楽章でのノクターンを思わせる気分(カンタさんのチェロも絶品でした),第4楽章の勢いのある音楽など,OEKの弦楽セクションの魅力をたっぷり楽しませてくれました。

デュメイさんとOEKの共演は今回が初めてでしたが,どの曲についてもデュメイさんに対するリスペクトの感じられる演奏で,相性が良いと思いました。今回は古典派音楽が中心でしたが,機会があれば,近代のフランス音楽などを聞いてみたいものだと思いました。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック