OEKのCD

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 石川県音文協年末,本日は荘厳ミサを聞いてきました。やはり素晴らしい作品です。1年を振り返りつつ,平和を祈ってきました | トップページ | 今年もオーケストラ・アンサンブル金沢を中心に沢山の音楽を生で楽しむことができたことを感謝します。よいお年をお迎えください。 »

2016/12/27

2016年の演奏会通いの締めは,大山平一郎指揮金沢大学フィルハーモニー管弦楽団による定期演奏会。非常に挑戦的な雰囲気の「悲愴」交響曲を聞かせてくれました。

2016年も沢山の演奏会に出かけてきましたが,その最後(予定)に,金沢大学フィルの定期演奏会を石川県立音楽堂で聞いてきました。指揮はベテラン指揮者の大山平一郎さんでした。プログラムは,ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲,スメタナの交響詩「モルダウ」,チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」という,ロマン派のオーケストラの名曲3曲でした。

例年,この定期演奏会は,年が明けたセンター試験の頃に行うのが恒例でしたが,今年は年末に行われました。平日の18:30開演ということで,ちょっと慌ただしくなりましたが,今年の「締め」のオーケストラ公演を楽しんできました。

大山さんの指揮ぶりには,弛緩したところがなく,たっぷりとしたボリューム感よりは,ちょっと辛口の引き締まった演奏を聞かせてくれました。特に「悲愴」は,過度に甘くなったり,思い入れたっぷりになったりすることなく,悲しさに挑むような強さを感じました。第1楽章冒頭のファゴットや展開部の直前の弱音などでは,ピリピリするような弱音で演奏されることがありますが,今回の演奏では,積極性のようなものを感じました。

反対に第3楽章は,やや遅めのテンポで,非常に冷静でくっきりとした演奏を聞かせてくれ,ただのお祭り騒ぎとは一線を画していました。第4楽章は,また速目のテンポになり,運命に立ち向かっていくような強さを感じさせてくれました。

「悲愴」と言えば,悲しさとロマンティシズムに溢れた,たっぷりとした大曲という印象を持っていたのですが,それを裏切るような挑戦的な演奏だったと思います。

金大フィルの演奏では,透明感を感じさせてくれる弦楽器の演奏が特に印象的でした。管楽器の方は,やや粗が目立つところはありましたが,冒頭のファゴットであるとか,要所で活躍するフルートなどが特に立派な演奏を聞かせてくれたと思いました。第3楽章でのティンパニ,大太鼓,シンバルの演奏も安定感があり,楽章全体を大変聞きごたえのあるものにしていました。

前半のワーグナーとスメタナの方も,スケールの大きなロマンティックな演奏というよりは,引き締まったテンポでぐいぐい攻めてくるような雰囲気があり,大変若々しいと思いました。どの曲もそうだったのですが,大山さんのエネルギーが金大フィルの演奏に非常によく反映していると思いました。

というわけで,今年の演奏会通いもこの演奏会でおしまいにする予定です。

« 石川県音文協年末,本日は荘厳ミサを聞いてきました。やはり素晴らしい作品です。1年を振り返りつつ,平和を祈ってきました | トップページ | 今年もオーケストラ・アンサンブル金沢を中心に沢山の音楽を生で楽しむことができたことを感謝します。よいお年をお迎えください。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/64684120

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の演奏会通いの締めは,大山平一郎指揮金沢大学フィルハーモニー管弦楽団による定期演奏会。非常に挑戦的な雰囲気の「悲愴」交響曲を聞かせてくれました。:

« 石川県音文協年末,本日は荘厳ミサを聞いてきました。やはり素晴らしい作品です。1年を振り返りつつ,平和を祈ってきました | トップページ | 今年もオーケストラ・アンサンブル金沢を中心に沢山の音楽を生で楽しむことができたことを感謝します。よいお年をお迎えください。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック