OEKのCD

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 笈田ヨシ演出,OEKの「蝶々夫人」を金沢歌劇座で観てきました。鮮やかさ,強烈さと同時に日米関係を考えさせる演出。中嶋彰子さんの歌と演技も見事 #oekjp | トップページ | マルク・ミンコフスキ指揮OEK 「セヴィリアの理髪師」。演奏会形式のメリットを生かし切った,音楽も歌手も縦横無尽に動き回る,最上のエンターテインメントでした. #oekjp »

2017/01/28

音楽堂室内楽シリーズ ヤノシュ・オレイニチャク ピアノ・リサイタル。サロン風を意識した,余裕たっぷり,安心して楽しめる大人のショパン。プログラムも雰囲気に応じてどんどん変更

本日は午後から,「音楽堂室内楽シリーズ Vol.4 ヤノシュ・オレイニチャク:エスプリ・ショパン:知られざる珠玉の名曲とともに」が石川県立音楽堂で行われたので聞いてきました。室内楽シリーズは,通常は交流ホールで行われているのですが,今回は,ポーランドを代表するショパン弾きの一人,ヤノシュ・オレイニチャクさんが登場するとあって,ゆったりとコンサートホールで行われました(ただし,3階は使っていませんでした)。

オレイニチャクさんは,2002年度のアカデミー賞受賞作映画「戦場のピアニスト」のサウンドトラックを演奏した方で,ショパンコンクールの審査員,ワルシャワ国立ショパン音楽院の教授でもあります。というわけで,正真正銘の「ショパンのスペシャリスト」ということになります。

ただし,この日のプログラムは,「サロンのショパンを再現したい」というコンセプトに基づくもので,ポロネーズ2曲,スケルツォ,バラード以外は,短めの作品が10曲ぐらい並んでいました。演奏の方も堅苦しさよりは,たっぷりとした余裕を感じさせてくれるものでした。もちろん,コンサートホールでの演奏ということで,十分なスケール感や力強さもありました。「さすが」という感じの,安定感のある演奏を堪能させてくれました。

プログラムの方は,かなり変更になっていました。オレイニチャクさんは,客席の雰囲気に応じて,後半になるに連れて,気分の赴くままにプログラムを変更していたようです。さらにアンコールは,ショパン以外の曲も含む4曲。この自由さは,アルトゥール・ルービンシュタイン(オレイニチェクさんの師匠に当たります)などに通じる,エンターテイナー的なキャラクターも持った巨匠ピアニストの系譜につらなると思いました。

キレの良いテクニックで力強く弾きまくる若手ピアニストの演奏も素晴らしいのですが,オレイチェニクさんのような存在は,これからますます貴重になるのではないかと思いました。

最後に本日演奏された曲目です。私も全部分からなかったのですが,会場に案内が出ていませんでしたので,分かる範囲でご紹介しましょう。この日は,浦久俊彦さんがナビゲーター役として登場し,前半最後にインタビューコーナーがあったのですが(この内容もとても面白いものでした),恐らく,正式なプログラムは浦久さんのWebサイトの方で発表されるのでないかと思います。

ショパン/軍隊ポロネーズ
ショパン/ノクターン 嬰ハ短調「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
ショパン/ノクターンホ短調
ショパン/2つのマズルカ,op.24-1,2
ショパン/3つのマズルカ,op.63
ショパン/幻想即興曲 → バラード第1番に変更
ショパン/前奏曲 ホ短調,op.28-4
ショパン/スケルツォ第2番 → 英雄ポロネーズに変更
(休憩)
ショパン/ワルツ イ短調,op.34-2 → ワルツop.69-1「告別」に変更
ショパン/2つのワルツ,op.64-2,1 → 小犬のワルツは演奏せず
ショパン/ワルツ ホ長調
ここで,ワルツ イ短調 op.34-2を演奏
ショパン/ワルツ イ長調 → マズルカ(番号不明)に変更
ショパン/ポロネーズ変イ長調, op.53 → スケルツォ第2番に変更

(アンコール)
ピアソラ/オブリビオン
ショパン/小犬のワルツ
ドビュッシー/前奏曲集第2巻~花火
ショパン/前奏曲集第7番(太田胃酸のCMでおなじみ。胃腸調ならぬイ長調です)

これだけ,自在にプログラムが変わると,楽しくなってきますね。

« 笈田ヨシ演出,OEKの「蝶々夫人」を金沢歌劇座で観てきました。鮮やかさ,強烈さと同時に日米関係を考えさせる演出。中嶋彰子さんの歌と演技も見事 #oekjp | トップページ | マルク・ミンコフスキ指揮OEK 「セヴィリアの理髪師」。演奏会形式のメリットを生かし切った,音楽も歌手も縦横無尽に動き回る,最上のエンターテインメントでした. #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 笈田ヨシ演出,OEKの「蝶々夫人」を金沢歌劇座で観てきました。鮮やかさ,強烈さと同時に日米関係を考えさせる演出。中嶋彰子さんの歌と演技も見事 #oekjp | トップページ | マルク・ミンコフスキ指揮OEK 「セヴィリアの理髪師」。演奏会形式のメリットを生かし切った,音楽も歌手も縦横無尽に動き回る,最上のエンターテインメントでした. #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック