OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« OEK2017-2018定期公演ラインナップ速報版が発表されました。アサートン,ヘスス・ロペス=コボス,:フォルクハルト・シュトイデなどと初共演。特に注目は,やはりミンコフスキの「ペレアス」でしょうか #oekjp | トップページ | 3.11東日本大震災の発生日に行われた井上道義指揮OEK定期公演。モーツァルトのレクイエムは大騒ぎすることのない抑制された演奏。ダニール・グリシンさん独奏のバルトークのヴィオラ協奏曲ともども音楽自体の美しさが伝わってきました #oekjp »

2017/03/05

第13回OEK&石川県学生オーケストラ合同公演。今年はサン=サーンス「オルガン付き」交響曲。上品な華やかさと熱気を持った聞きごたえのある演奏でした。OEKによるヤナーチェクも掘り出し物的な良い曲でした #oekjp

オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)と石川県内の大学オーケストラメンバーによる合同公演,カレッジコンサート。2年ぶりに行われた今回は,サン=サーンスの交響曲第3番がメイン・プログラムとして演奏されました。この曲は,パイプオルガンを活用できる点で,石川県立音楽堂コンサートホールで演奏するのにぴったりの作品です。指揮は,2年前のカレッジコンサートにも登場したことのある松井慶太さんでした。

この演奏会は,1曲目と3曲目が合同演奏。2曲目にOEKの単独演奏が入るというのが定型となっています。今回もその形でした。最初に演奏された,スメタナの歌劇「売られた花嫁」序曲は,OEKの方がトップ奏者になる合同演奏でした。この曲もOEKが単独で演奏する機会は多くない曲ですが,大変安定感のある演奏でした。この曲は,冒頭の旋回するように降りてくるメロディ(「男はつらいよ」に雰囲気が似ていると思います)の後,弦の細かい音の刻みが続くのですが,それがくっきりと聞こえ,聞いていてワクワクとしました。生き生きとした気分と同時に,音楽が大らかさがあるのが良いと思いました。

2曲目に演奏された,ヤナーチェクの「弦楽のための組曲」という珍しい作品も大変楽しめました。この2曲目に入れる作品はOEK側で選んでいるようですが(1,3曲目の方は学生側で選んでいるようです),毎回,定期公演に出てこないような,「ちょっといい感じ」の掘り出し物的な曲が出てきます。ドヴォルザークやスークの作品に,「弦楽のためのセレナード」がありますが,このヤナーチェクの作品もその系統の作品で,せつなくなるような,ほのかな甘さと,生き生きとした民族的な感じとがバランスよく合わさった曲でした。ヤナーチェクの室内楽といえば,もっと意味深な曲というイメージを持っていたのですが,こういう素直な曲も良いなと思いました(かなり若い時の作品のようです)。

後半は,学生側がトップになる形の合同演奏で,サン=サーンスの「オルガン付き」が演奏されました。OEKがこの曲を演奏するのは...初めてではないかと思います。この曲は,CDでも楽しめる曲ですが,やはり生のパイプオルガン付きの生演奏の威力にはかないません。第1楽章後半の静かな部分では,ホール一杯に静かに広がるパイプオルガンの低音が加わることで,弦楽器のカンタービレの魅力が10倍増(推測です)ぐらいになっていました。

そして,第2楽章後半の最初に格好良く盛大に入り,音楽が生気を増し,大きく盛り上がって行きます。今回は音楽堂のオルガンをいちばんよく演奏している黒瀬惠さんの演奏ということで,オーケストラとのバランスがとても良く,この曲を上品かつ華やかに楽しませてくれました。

この曲では,第2楽章前半のスケルツォ風の部分にピアノが入るのも好きです。オルガンと対照的に,ピアノが加わることで,音楽に透明感と軽やかさが加わる感じで(「動物の謝肉祭」の「水族館」と通じる部分がありますね),サン=サーンスの楽器の使い方が巧いなぁといつも思います。

そして合同オーケストラの演奏も立派でした。曲の最初の部分などは,やや恐る恐る始まっている感じもしましたが,フレーズを誠実に積み重ねながら,次第に大きな音楽を作って行くような雰囲気がしっかりと伝わって来て,大変聞きごたえがありました。何よりも音に込めた熱気のようなものが常に感じられました。曲の最後は,ティンパニの気合いのこもった連打を中心にビシッと締めてくれました。

演奏時間的には,全体で約90分ということで短めでしたが,どれも大変充実した演奏だったと思います。この時期は,大学生の授業が終わっており,お客さんの動員的にはやや厳しいところがあるような気がしますが,これからどんどん春らしくなっていく季節の気分にぴったりの演奏会でした。

« OEK2017-2018定期公演ラインナップ速報版が発表されました。アサートン,ヘスス・ロペス=コボス,:フォルクハルト・シュトイデなどと初共演。特に注目は,やはりミンコフスキの「ペレアス」でしょうか #oekjp | トップページ | 3.11東日本大震災の発生日に行われた井上道義指揮OEK定期公演。モーツァルトのレクイエムは大騒ぎすることのない抑制された演奏。ダニール・グリシンさん独奏のバルトークのヴィオラ協奏曲ともども音楽自体の美しさが伝わってきました #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OEK2017-2018定期公演ラインナップ速報版が発表されました。アサートン,ヘスス・ロペス=コボス,:フォルクハルト・シュトイデなどと初共演。特に注目は,やはりミンコフスキの「ペレアス」でしょうか #oekjp | トップページ | 3.11東日本大震災の発生日に行われた井上道義指揮OEK定期公演。モーツァルトのレクイエムは大騒ぎすることのない抑制された演奏。ダニール・グリシンさん独奏のバルトークのヴィオラ協奏曲ともども音楽自体の美しさが伝わってきました #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック