OEKのCD

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新鮮さ溢れる服部百音のヴァイオリンと反田恭平のピアノ+垣内悠希指揮OEK。さらに声明・雅楽・舞楽・バレエ・石井眞木。時空を超えた公演でした。 #oekjp | トップページ | 石川県ジュニアオーケストラ,今年の定期公演は「100万回生きたねこ」,スターウォーズ,ダンサー付きのバレエ音楽。「これで無料?」と思わせるほど豪華で変化に富んだ充実した内容でした »

2017/03/15

鶴見彩ピアノリサイタル。20年に渡る活動の総決算になるような,曲の良さが率直に伝わる,聞きごたえのある演奏の連続でした

この一週間で3回目の演奏会になったのですが,今晩は,金沢を中心に活躍しているピアニスト,鶴見彩さんのリサイタルが行われたので聞いてきました。鶴見さんは,約20年前に第1回石川県新人登竜門コンサートでOEKと共演して以来,多彩な活動をされています。特にチェロ奏者のルドヴィート・カンタさんをはじめとしたOEKメンバーとの共演も頻繁に行っています。恐らく,金沢でもっとも信頼されているピアニストの一人ではないかと思います。

その鶴見さんのリサイタルですが,ブラームスとベートーヴェンの晩年の作品とリストの大曲,ピアノ・ソナタ ロ短調を組み合わせた,大変聞きごたえのある内容でした。どの曲も難曲と言って良い作品だと思いますが,重く気負い過ぎることなく,各曲の美しさ,立派さ,魅力を率直に伝えてくれる見事な演奏を聞かせてくれました。

ブラームスの6つの小品については,もっと暗く,渋い印象を持っていたのですが,鶴見さんの演奏にはセンチメンタルになることのない,かっちりとまとまった質実さのようなものがあると思いました。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番は,「風と緑 楽都音楽祭」でも鶴見さんが演奏する曲です。第3楽章の最初に「嘆きの歌」と呼ばれる有名な部分がありますが,この部分でも情緒的になり過ぎることなく,むしろ淡々とした雰囲気がありました。そのことで,よりリアルな悲しみが伝わってくるようでした。フーガの部分での次第に昇華されていくような気分も素晴らしいと思いました。

最後に演奏されたリストのピアノ・ソナタは,鶴見さんのこの20年の活動の総決算になるような,スケールの大きさのある演奏でした。この曲は,最初の方に出てくる,いくつかの主要モチーフが,その後,何回も手を変え品を変え展開されていくような作品です。静かで清らかな部分,キラキラとした速いパッセージ,大きく盛り上がる強打の連続...非常に変化に富んでいます。鶴見さんは,どんなに音楽が変化しても,形が崩れることはなく,しっかりと地に足のついた安定感のある音楽を聞かせてくれました。

鶴見さんの作る音楽自体は,強打で圧倒するような感じでないのですが,曲が終盤になるにつれて,演奏全体に凄味が出てきて,音楽全体がどんどん深みを増していくようでした。

金沢では今回演奏されたような渋めの曲を聞く機会は多くありません。今回の鶴見さんのような,曲を歪めない,誠実な演奏で聞くと,その良さをしっかりと味わうことができます。終演後のお客さんの暖かく,盛大な拍手を聞いて,改めて,鶴見さんのピアノへの信頼の厚さを実感できた演奏会でした。

« 新鮮さ溢れる服部百音のヴァイオリンと反田恭平のピアノ+垣内悠希指揮OEK。さらに声明・雅楽・舞楽・バレエ・石井眞木。時空を超えた公演でした。 #oekjp | トップページ | 石川県ジュニアオーケストラ,今年の定期公演は「100万回生きたねこ」,スターウォーズ,ダンサー付きのバレエ音楽。「これで無料?」と思わせるほど豪華で変化に富んだ充実した内容でした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/65020121

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見彩ピアノリサイタル。20年に渡る活動の総決算になるような,曲の良さが率直に伝わる,聞きごたえのある演奏の連続でした:

« 新鮮さ溢れる服部百音のヴァイオリンと反田恭平のピアノ+垣内悠希指揮OEK。さらに声明・雅楽・舞楽・バレエ・石井眞木。時空を超えた公演でした。 #oekjp | トップページ | 石川県ジュニアオーケストラ,今年の定期公演は「100万回生きたねこ」,スターウォーズ,ダンサー付きのバレエ音楽。「これで無料?」と思わせるほど豪華で変化に富んだ充実した内容でした »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック