OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« マルク・ミンコフスキ指揮OEK 「セヴィリアの理髪師」。演奏会形式のメリットを生かし切った,音楽も歌手も縦横無尽に動き回る,最上のエンターテインメントでした. #oekjp | トップページ | 第13回OEK&石川県学生オーケストラ合同公演。今年はサン=サーンス「オルガン付き」交響曲。上品な華やかさと熱気を持った聞きごたえのある演奏でした。OEKによるヤナーチェクも掘り出し物的な良い曲でした #oekjp »

2017/03/04

OEK2017-2018定期公演ラインナップ速報版が発表されました。アサートン,ヘスス・ロペス=コボス,:フォルクハルト・シュトイデなどと初共演。特に注目は,やはりミンコフスキの「ペレアス」でしょうか #oekjp

オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の2017-2018定期公演ラインナップ速報版のチラシが郵便で送られてきていました。今後変更になる可能性もありますが,ご紹介しましょう。やはり,今回もミンコフスキさん指揮のドビュッシー「ペレアスとメリザンド」(演奏会形式)が特に注目でしょうか。全国からお客さんが集まるのではないかと思います。その他にも「OEK初登場」のアーティストが沢山いますね。期待したいと思います。

■フィルハーモニーシリーズ(全8回)
9/20 指揮:井上道義,ヴァイオリン:神尾真由子
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲,交響曲第8番 他
*ガルガンチュア音楽祭の延長のようですね。

10/18 指揮・ピアノ:シュテファン・ヴラダー
モーツアルト:ピアノ協奏曲第21番,24番,交響曲第41番「ジュピター」

11/30 指揮:デイヴィッド・アサートン
エルガー:2つの小品,バートウィッスル:ヴィルレー,ディーリアス:付随音楽「ハッサン」より,ブリテン:シンプル・シンフォニー,ベートーヴェン:交響曲第7番
*アサートンさんが国内でOEKを指揮するの多分初めてだと思います。

1/6 リーダー&ヴァイオリン:フォルクハルト・シュトイデ
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲,シュトラウス:ワルツ&ポルカ集
*フォルクハルト・シュトイデさんもOEKとは初共演だと思います。ウィーン・フィルのコンサートマスターということで,「産地直送」という感じの公演になりそうです。

2/24 指揮:ヘスス・ロペス=コボス,フルート:ジャスミン・チョイ
アリアーガ:交響曲ニ長調/ニ短調,モーツァルト:アンダンテK.315,尾高尚忠:フルート協奏曲,シューベルト:交響曲第6番
*ヘスス・ロペス=コボスさんも初登場だと思います。フルートのジャスミン・チョイさんは,確かエキストラで登場したことがあったと思います。

3/17 指揮:井上道義,ピアノ:反田恭平
プーランク:オーバード,ハイドン:交響曲第6-8番「朝」「昼」「晩」
*ハイドンの6-8は,ものすごく前,井上さんの指揮の定期公演で取り上げたことがあります。反田さんは,近年注目のピアニスト。今年の3月にもOEKと共演しますね。大変楽しみな共演です。

6/21 指揮:下野竜也,ハープ:吉野直子
プリテン:マチネ・ミュージカル,ロータ:ハープ協奏曲,ロッシーニ:序曲集
*下野さんは以前,「スッペ序曲集」による定期公演を行ったことがあります。その続編のような感じですね。

7月下旬 指揮:マルク・ミンコフスキ
ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」(演奏会形式)
*かなり難易度の高い,長いオペラですが,これは県外(もしかしたら国外からも)からもお客さんが集まると思います。

■マイスター・シリーズ(全5回)<<ドイツ,音楽の街>>
マイスター・シリーズの方は,今回もテーマが決められています。<<ドイツ,音楽の街>>ということで,ドイツの5つの都市にちなんだ曲などが演奏されます。

1 フランクフルト
11/18 指揮:ペーター・ルジツカ,ピアノ:ソフィー=マユコ・フェッター
メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟,モーツァルト:ピアノ協奏曲第18番,ルジツカ:トランス(2010),モーツァルト:交響曲第39番
*ペーター・ルジツカさんは,ドイツを代表する作曲家で,OEKと初共演です。ソフィー=マユコ・フェッターさんとOEKも初共演だと思います。

2 ベルリン
2/3 指揮:井上道義,チェロ:アレクサンドル・クニャーゼフ
ヒンデミット:序曲「エロスとプシュケ」,ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番,メンデルゾーン:八重奏曲,ヒンデミット:交響曲「画家マティス」
*クニャーゼフさんは,ラ・フォル・ジュルネ金沢に登場したことはありますが,定期公演の方には初登場だと思います。

3 ドレスデン
3/10 指揮&チェンバロ:北谷直樹,声楽アンサンブル:ラ・フォンテヴェルデ
ヴェ4チーニ:序曲第1番,ゼレンカ:2つのオーボエ,ファゴットと通奏低音のためのソナタ第5番,ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲ト短調,RV.156,バッハ,J.S.:チェンバロ協奏曲ハ長調BWV594, ミサ曲ロ短調(抜粋)
*北谷さんは「OEKのバロック担当」としてすっかりおなじみですね。

4 デュッセルドルフ
6/9 指揮:川瀬賢太郎
武満徹(岩城宏之編曲):系図,シューマン:交響曲第3番「ライン」 他
*川瀬さんの登場は2回目です。系図は,岩城さんがOEK用に編曲したもので演奏するようです。

5 ミュンヘン
7/7 指揮:アレクサンダー・リープライヒ
シュトラウス, R.:メタモールフォーゼン,ワーグナー:ジークフリート牧歌,ベートーヴェン:交響曲第1番
*リープライヒさんもお馴染みの指揮者です。ミュンヘンで活躍されている方ということで,テーマにぴったりですね。

■ファンタスティック・オーケストラコンサート(全4回)
10/4 案内役:池辺晋一郎,指揮:田中祐子
池辺晋一郎が選ぶクラシック・ベスト100 第3回 

12/20 指揮:竹本泰蔵,歌:海宝直人
クリスマス・ミュージカル with OEK

2/10 指揮:鈴木織衛
オーケストラ meets Hawaiians
*OEKがハワイアンを演奏,というのは注目ですね。

5/17 案内役:池辺晋一郎,指揮:田中祐子
池辺晋一郎が選ぶクラシック・ベスト100 第3回 

« マルク・ミンコフスキ指揮OEK 「セヴィリアの理髪師」。演奏会形式のメリットを生かし切った,音楽も歌手も縦横無尽に動き回る,最上のエンターテインメントでした. #oekjp | トップページ | 第13回OEK&石川県学生オーケストラ合同公演。今年はサン=サーンス「オルガン付き」交響曲。上品な華やかさと熱気を持った聞きごたえのある演奏でした。OEKによるヤナーチェクも掘り出し物的な良い曲でした #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マルク・ミンコフスキ指揮OEK 「セヴィリアの理髪師」。演奏会形式のメリットを生かし切った,音楽も歌手も縦横無尽に動き回る,最上のエンターテインメントでした. #oekjp | トップページ | 第13回OEK&石川県学生オーケストラ合同公演。今年はサン=サーンス「オルガン付き」交響曲。上品な華やかさと熱気を持った聞きごたえのある演奏でした。OEKによるヤナーチェクも掘り出し物的な良い曲でした #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック