OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017/06/25

#金沢大学フィルハーモニー管弦楽団 サマーコンサート。シューベルトの「ザ・グレート」とチャイコフスキーの5番というボリューム感たっぷりのプログラム。曲に掛ける思いがしっかり伝わる名演だったと思います。

この時期恒例の金沢大学フィルハーモニー管弦楽団のサマーコンサートを金沢歌劇座で聴いてきました。このコンサートについては,前半は序曲と中規模なオーケストラ作品,後半にベートーヴェンかロマン派の交響曲というパターンが多かったのですが,今回は,前半にシューベルトの「ザ・グレイト」,後半にチャイコフスキーの交響曲第5番ということで,どちらも「トリ」を取っても良さそうな曲2曲を並べるという,チャレンジングなプログラムでした。

昨年のグラズノフのように,マイナーな曲にチャレンジするのも大歓迎ですが,大曲2曲に一気にチャレンジというのも,素晴らしいことだと思います。雰囲気的には,「チャーハンを食べた後,カレーライスを食べる」といった感じになるかな,と思ったのですが,2曲聞いた感じでは,それほど胃にもたれる感じはなく,どちらもしっかり味わって楽しむことができました。特に後半のチャイコフスキーの5番の方は,サマーコンサート史上(全部聞いているわけではないので,推測ですが)に残るような名演だったのでは,と思いました。

前半の「ザ・グレイト」の方は,第1楽章の序奏部は,やや緊張しているかな,という雰囲気はありましたが,その後主部に入ると,堂々とした歩みが始まり,正攻法で大曲を聞かせてくれました。全曲を通じて,同じような音型を執拗に繰り返すような部分の多い曲ですが,そういった部分でも,キビキビと地道にレンガを積み重ねて行くような律義さが感じられ(実は,最近そういった部分が好きなのです),若い人たちの演奏は良いなぁと思いながら聞いていました。

楽器の中では,要所要所で出てくる,ティンパニの力強い響きが印象的でした。最終楽章のクライマックスあたりは,個人的には,もう少し金管楽器に暴れて欲しい気はしましたが,全曲を通じて堂々とした立派さのある演奏だったと思います。

後半のチャイコフスキーの第5番の方は,前半長い曲を1曲弾いた後ということもあるのか,オーケストラの音がさらにこなれている気がしました。チャイコフスキーの音楽自体,「山あり,谷あり」なのですが,その起伏を非常に克明に演奏し,全曲を通じて,ロマンティックな気分を思い切り出していたのが素晴らしいと思いました。

学生指揮者の正村さんは,過去私が見て来た学生指揮者の中でも,特に”派手”な指揮ぶりで,大きく手を伸ばしたり,楽器へのキューを頻繁に出したり,観ているだけで音楽が伝わってくるようでした。実際,金大フィルの音もその通りの音を出しており,素晴らしい統率力だと感じました。チャイコフスキーならではの音楽と連動した情感の揺れが,熱く自然に伝わって来ました。冒頭のクラリネットから,暗いムードと広がりのある空気感がたっぷり感じられ,やっぱりこの曲は良いなぁと思いました。

第2楽章はホルンのソロが,聞きどころになります。低弦による深い音の上に,どこか控えめで,素朴さと温かさのあるソロが続きました。何ともいえず,良い味だなぁと思いました。この楽章も本当じっくりと聞かせてくれました。「運命のモチーフ」の当たりになると出てくる,強烈なティンパニの炸裂もすごいと思いました。

第3楽章のワルツも色々なイマジネーションに溢れているようで,じっくりと聞かせてくれました。第4楽章は,そのまま間を置かず始まりました。この楽章では,まず弦の響きが良いと思いました。プレーンな音の美しさがストレートに伝わってきました。その後の山あり谷ありの部分も,思う存分演奏していたように見えました。何より素晴らしいのは,音楽がきちんと設計されていているので,どの部分も非常に克明で,曖昧さがないところです。

というようなわけで,素晴らしく説得力のある演奏だったこともあり...これは予想していたのですが..第4楽章のコーダに入る直前,大きく盛り上がって,全休符が入る部分で,拍手が入ってしまいました。この拍手については,ある意味「当然」という感じだったかもしれませんね。一種「勲章」のようなものと前向き(?)に捉えてもらった方が良いと思います。

そして,その後の部分の弦楽器のヴィブラートがたっぷりとかかった歌にもしびれました。この部分は,指揮者のこだわりがしっかりと音になっていたのだと思います。濃い音楽を聞いたなあという実感が残りました。その後は,「やりたいことをやり尽くした」感のある,爽やかな気分で全曲を締めてくれました。会場からは,ブラボーの声が飛んでいましたが,まさにそういう演奏だったと思います。

学生オーケストラの場合,メンバーが毎年毎年入れ替わり,学生指揮者も定期的に変わると思いますが,「この1曲」に掛ける思いの伝わってきた,素晴らしい演奏会だったと思いました。

2017/06/24

音楽堂室内楽シリーズ2017。今年は本格的な室内楽中心。最後はNAXOSでお馴染みの指揮者登場

日,OEKの定期公演に行った時,2017年度の音楽堂室内楽シリーズのチラシが置いてありました。今年は次の4回で,例年よりは「こだわりの室内楽」「やや大きめの編成の室内楽」を楽しめそうです。

以下のとおりです。

7月12日(水)19:00~ 石川県立音楽堂交流ホール
OEKチェンバー・コレクションI
マルサリス:フィドラーズ・テール
ベートーヴェン:七重奏曲
*マルサリスの曲は,ジャズ・トランペット奏者のウィントン・マルサリスが「兵士の物語」に触発されて作った曲です。OEKのメンバーを中心に,次のメンバーが登場します。
坂本久仁雄(ヴァイオリン),石黒靖典(ヴィオラ),大澤明(チェロ),今野淳(コントラバス),渡邉昭夫(打楽器),遠藤文江(クラリネット),柳浦慎史(ファゴット),金星眞(ホルン),村岡俊昴(トロンボーン)

8月22日(火)19:00~ 石川県立音楽堂交流ホール
IMA&OEKチェンバーコンサート
ラヴェル:弦楽四重奏曲
ラヴェル:序奏とアレグロ
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ
フランク:ピアノ五重奏曲
*フランス系の室内楽で統一された魅力的なプログラムです。次の方々が出演します。レジス・パスキエ,ロラン・ドガレイユ,ファン・モンラ,神谷美千子,原田幸一郎(ヴァイオリン),毛利伯郎(チェロ),ハエスン・パイク(ピアノ)+OEKメンバー,平尾祐紀子(ハープ)

11月21日(火)19:00~ 石川県立音楽堂交流ホール
OEKチェンバー・コレクションII
ニールセン:木管五重奏曲
プーランク:ピアノ六重奏曲
*OEKの管楽器メンバーを中心としたプログラムです。次の方々が出演します。
松木さや(フルート),加納律子(オーボエ),遠藤文江(クラリネット),柳浦慎史(ファゴット),金星眞(ホルン),鶴見彩(ピアノ)

2月25日(日)14:00~ 石川県立音楽堂コンサートホール
ビートルズ・ゴー・バロック
ビートルズ合奏協奏曲ほか
*NAXOSレーベルにビートルズやエルヴィス・プレスリーの曲をバロック音楽風に編曲した企画ものがありますが,その編曲をしたピーター・ブレイナーさんをゲストに招き,このCDと同様の内容の演奏会が行われます。

第1回~第3回は1回2500円,第4回は3500円ですが,お得な4回セット券というのもあります。こちらは7000円です。3回以上行くならば,こちらの方が得ですね。
Chamber_music_series2017_2

音楽堂室内楽シリーズ2017.

アビゲイル・ヤングさんのリードによるOEK定期公演。OEK真の実力を発揮した,理想的な演奏の連続でした。全員起立での演奏は繊細かつダイナミック! #oekjp

6月のOEK定期公演マイスターシリーズの方は,OEKならではの「指揮者なし,アビゲイル・ヤングさんのリード」による公演でした。プログラムの方は,ショスタコーヴィチの室内交響曲とモーツァルトの交響曲第29番の間に,ヤングさんの独奏によるツィガーヌ。そして,ヤングさんの「お国もの」であるイギリスの作曲家,バターワースによる「青柳の堤」が演奏されました。

指揮者なしということも含め,一見,聞く前は地味なプログラムに思えましたが,逆にOEKの実力そのものをストレートに出し切った,自信に溢れた充実感を堪能させてくれるような内容となっていました。ヤングさんとOEKのつながりも,15年以上になると思います。お互いにやりたいことを知り抜いたような信頼感溢れるアンサンブルで,どの部分にも,ヤング&OEKらしい,自然なニュアンスが加わっていました。

この日のOEKは,チェロ以外は,全奏者が立って演奏していました。指揮者がいない分,全員が伸び伸びと(?)ソリストになったような気分で,ダイナミックな演奏を聞かせてくれました。心なしか,音もよく鳴っていたと感じました。

というわけで,室内オーケストラしい細かいニュアンスの豊かさと同時に,力強さが加わった,このコンビの集大成のような演奏の連続でした。

最初のショスタコーヴィチの室内交響曲は,過去,何回か聞いたことのある作品ですが,今回の演奏では,意味深な深さだけでなく,オーケストラそのものの音の豊かさと透明感としっとりとした品の良さなどをしっかりと楽しむことができました。途中出てくる「ユダヤ風のメロディ」や,強くノックするような3連音とか,強烈な部分も印象的な曲ですが,暴力的になり過ぎることはなく,「20世紀のスタンダード」と言っても良いような,強いけれども音楽的な美しさのある,まとまりの良い演奏を聞かせてくれました。

それにしても...1カ月の間に「室内交響曲」という名前の作品を2曲聞くというのは,かなり珍しい経験だったと思います。

ラヴェルのツィガーヌでは,ソリストとしてのヤングさんの力量を存分に楽しむことができました。この曲については,いしかわミュージックアカデミー(IMA)の若い奏者たちの,やる気満々の演奏で何回も聞いたことがありますが,ヤングさんの演奏は,一言でいうと,貫禄のある大人の演奏でした。曲芸のように軽快に聞かせるのではなく,全体にテンポを遅めにとって,オーケストラのメンバーと対話をするように,じっくりと聞かせてくれました。

ただし,この曲は,テンポが結構変化する作品なので,指揮者がいてくれた方が良かったかもしれません。全体にテンポが重い気はしました。

その一方で,オーケストラ伴奏版だと(IMAのときはピアノ伴奏版),ラヴェルならではの色彩感たっぷりの音を聞けるのも楽しみですね。ヴァイオリン独奏による序奏に続いて,ハープが加わってくるあたり,待ってましたという華麗さでした。ちなみにこの曲については,OEKメンバーは着席して演奏していました。

後半の最初は,バターワースの「青柳の堤」という作品が演奏されました。遠藤さんのクラリネット独奏で曲がスーッと始まった後,弦楽器による実に清冽な音楽が心地よく流れていきました。途中,木管楽器がやはりソリスティックに活躍する辺りは,田園詩的でした。初めて聞く曲でしたが,OEKがイギリス音楽をあまり取り上げてこなかったので,ヤング/OEKの「お薦め曲」的にこれからも,知られざる逸品を演奏していって欲しいと思います。

最後は,モーツァルトの交響曲第29番で締められました。この曲で締めるというのは,やや冒険的な部分があったかもしれませんが,個人的な思いとしては「理想のモーツァルト」を楽しませてくれ,まったく不満はありませんでした。上述のとおり,繊細で自然な表情の変化と伸び伸びとした躍動感のバランスが理想的で,第1楽章が始まった瞬間,「このテンポ感だ」とぴったり波長が合いました。

第2楽章では,弱音器をつけたマイルドな夢見心地を伝えてくれました。この世の世界ではないような,はかなさが大変魅力的な演奏でした。楽章の最後に出てくるオーボエの「一声」で現実に戻されるようになるのも好きです。この部分での加納さんの品の良い音も見事でした。

第3楽章から第4楽章に掛けての,躍動感のあるキレの良い演奏も見事でした。この時期のモーツァルトの作品には,ホルンに高音が出てくることが多く,「実は大変」だと思うのですが,見事な音で,弦楽器との対比を聞かせてくれました。

モーツァルトの後期の交響曲については,実は,この29番がいちばん気に入っています(ただし,現時点での順位です)。その大好きな曲を,大変爽快かつ生き生きと聞かせてくれ,演奏会全体を見事に締めてくれました。

プログラムの演奏時間的には,やや短めだったこともあり,鳴り止まない拍手に応え,アンコールとして,アーノルド(この方もイギリスの作曲家です)のシンフォニエッタ第1番の中の第3楽章が演奏されました。

「この楽しい曲は一体何という曲?」と思わせる,ちょっとラテン的な変拍子を持った曲で,ホルンも大活躍していました。この曲は...是非,全曲を演奏して欲しいものです。

というわけでこの日の演奏会を聞いて思ったのは...ヤング/OEKを指揮する指揮者には,相当の覚悟が必要なのでは,ということです。それだけ水準の高い演奏の連続でした。

2017/06/17

快晴の下,芝生の緑の美しい金沢市民芸術村でOEKメンバーによる「ふだん着ティータイムコンサート」を聞いてきました。今年の室内楽コンサートは聞いたことのない曲の連続でしたが,どの曲も楽しめました。飲み物サービスもサポート #oekjp

毎年恒例の,OEKメンバーの自主企画による無料コンサート「ふだん着ティータイムコンサート」を聞いてきました。本日の金沢は,梅雨時とは思えない(まだ入っていない?)爽やかな天候だったこともあり,会場の金沢市民芸術村は芝生や水辺で遊んだ後,コンサートに突入,といった親子連れを中心に沢山のお客さんが入っていました。
As01m_20170617_132803
前半の「子どものためのコンサート」は特に盛況で,オープンスペースには立ち見のお客さんもいるほどでした。
As01m_20170617_140357s_2
私の方は...飲み物サービスのお手伝いをしながら聞いていました。オープンスペースの上部で,楽友会メンバーとOEKメンバーで飲み物サービスを行うのが恒例なのですが,本日は「冷たい飲み物」の準備が遅れ気味になっており,少々バタバタしていましたので,ついつい色々とお手伝いをしました。オーボエの加納さんと一緒に,ホット・コーヒーをポットに移す作業したのですが,良い思い出(?)になりました。

コンサートの方は,例年の内容とほぼ同じ形で,ファゴットの柳浦さんの司会で,楽器紹介を交えて,親しみやすい曲が演奏されて行きました。今回の注目は...チェロの早川さんが,なぜかトロンボーン奏者として出演されていたことでしょうか。
1分間指揮者コーナーでは,今年も色々な「飛び入り指揮者」が登場し,色々なテンポで,ラデツキー行進曲とベートーヴェンの「運命」が演奏されました。意外なことに,最初に登場した,幼稚園児がいちばん「オーソドックス」なテンポだったと思います。ブラーボ!最後に「てのひらを太陽に」を皆で歌って,最初のコーナーは終了しました。

休憩後は,ミュージック工房に場所を変え,「室内楽コンサート」が行われました。2回休憩をはさみ,約2時間半行われたのですが,何と演奏された曲全部,初めて聞く曲でした。私も色々演奏会に出かけていますが,これだけ渋い曲が並ぶのも珍しいことです。ちなみに次のとおりです。
  • マーズ/ディヴェルティメントから(松木(フルート),遠藤(クラリネット),柳浦(ファゴット)
  • ヴィトマン/デュオ(ドゥミヤック(ヴァイオリン),大澤(チェロ)
  • ドホナーニ/弦楽三重奏曲「セレナ-デ」(若松(ヴァイオリン),古宮山(ヴィオラ),キム(チェロ)
  • パーカッション二重奏 3曲(渡邉,望月(パーカッション))
  • ファッシュ/ソナタ ヘ長調(加納,水谷(オーボエ),渡邉,柳浦(ファゴット))
  • シュルホフ/コンチェルティーノより(松木(フルート),石黒(ヴィオラ),今野(コントラバス))
  • クンマー=シューベルト/ウィリアム・テルの主題によるデュオコンチェルタンテ(坂本(ヴァイオリン),大澤(チェロ))
  • ヒンデミット/小室内楽(松木(フルート),加納(オーボエ),遠藤(クラリネット),柳浦(ファゴット),金星(ホルン))
こういった曲を,前半のコンサートからの流れでお子さんも一緒に聞いている,という光景が素晴らしかったですね。それと,一見,難解そうに思えるラインナップですが,予想以上に分かりやすい曲が多く,どの曲も楽しむことができました。室内楽といっても,いちばんの定番である弦楽四重奏が入っていないのも面白いところです。
毎回感じるのですが,至近距離で聞くプロの演奏は,曲の知名度に関わらず,聞く人を引き付ける迫力を持っていると思いました。
個人的には,最後に演奏されたヒンデミットの曲の見事にがっちりとまとまった聞きごたえのある響きが特に印象に残りましたが,本当にどの曲にも聞きどころがありました。「打楽器小ネタ集」という趣きのあった渡邉さんと望月さんのステージ,ピッコロとヴィオラとコントラバスという奇想天外の編成のシュルホフの作品,異様にきらびやかで華麗だけどどこかB級の味わいもある,坂本さんと大澤さんによるクンマーなど,この演奏会ならではの楽しめる作品が並んでいました。
というわけで,天気同様,大変気持ちの良く過ごすことのできた土曜日の午後でした。
As01m_20170617_174729s

2017/06/02

OEK定期公演にハインツ・ホリガーさん初登場。迷いのない表現が徹底した,冷静で熱い表現の詰まった演奏会。1回で終わるにはもったいないかも #oekjo

6月のOEK定期公演には,恐らく,現在世界で最も有名なオーボエ奏者,ハインツ・ホリガーさんが登場しました。ホリガーさんは,昨年の定期公演に登場したイェルク・ヴィトマンさん同様,マルチ・タレントなアーティストです。ヴィトマンさんの時同様,管楽器奏者兼指揮者兼作曲家による,定期公演ということで,その「3つの顔」を反映した,非常にチャレンジングなプログラムでした。

ホリガーさんは,1939年生まれということで70代後半ですが,ステージに登場した雰囲気には,全く老いた雰囲気はなく,ホリガーさんらしさが,隅々まで徹底した,4曲を聞かせてくれました。

プログラムの最初で演奏された,ハイドンの交響曲第104番「ロンドン」は,少々ぶっきらぼうなぐらいの速目のテンポで第1楽章序奏が始まった後,所々で独特の意味深さを感じさせてくれる,不思議な魅力を持った音楽を聞かせてくれました。テンポをぐっと遅くする部分もありましたが,ロマンティックで甘い雰囲気になることは全くなく,どこか,現代音楽を聞いているような雰囲気のあるハイドンだと思いました。

次に演奏されたフィアラのコンチェルタンテは,オーボエとイングリッシュホルンのソロをまじえた古典派時代の二重協奏曲的な作品でした。ホリガーさんのオーボエの音は,音質も音の動きも大変軽やかでした。さすがに抜けるような音,という感じではなく,やや枯れた感じもありましたが,イングリッシュホルンのマリー=リーゼ・シュプバッハさんとの音のバランスが素晴らしく,音楽全体に豊かさが溢れていました。

アンコールで,ホリガーさんの自作による,オーボエとイングリッシュホルンのための「エア」という小品が演奏されました。いわゆる「現代音楽」風の作品だったのですが,そのすべての音が生きている感じで,大変雄弁でした。

後半もまず,ホリガーさんの自作のメタ・アルカという弦楽合奏のための作品が演奏されました。最初の方を聞いた感じでは,武満徹の作品を思わせるような,詩的て異様なムードを感じましたが,次第に色々な特殊奏法が出てきて,次々と曲のテクスチュアが変化していきました。自作自演ということで(他の作品でも同様でしたが),表現の迷いが全くなく,難解さはあったものの,どこかスカッと割り切れているような心地よさを感じました。

この日のゲストコンサートマスターは,東京フィルの荒井英治さんでした。この曲ではソロも担当しており,エネルギーをしっかり秘めた,怪しい美しさを持った素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

最後に演奏された,シェーンベルクの室内交響曲第1番は,シェーンベルクが12音技法を用いるようになる前の初期の作品です。ただし,弦5部1名ずつにかなり充実した木管楽器群が加わる独特の編成で,薄いのか厚いのか分からない面白い響きを楽しむことができました。

15人程度の編成ということで,曲の最初の部分から透明感がありました。全奏者がソリストのように,音が前へ前へと出てくる感じで,大変生き生きした演奏を聞かせてくれました。この曲については,複雑な音の動きが難解さにつがなっている部分もありましたが,その複雑さを複雑のままクリアに表現しており,大変聞きごたえがありました。

演奏後,ホリガーさんは,全奏者と一人ずつ握手をして,その苦労(?)を労っていました。一緒に難曲に取り組んだ「同志」といった感じの熱さを演奏の背後に感じました。ホリガーさんについては,クールで神経質な雰囲気かなと勝手に予想していたのですが,実際には,出てくる音楽は確かに冷静で確固たるものがあるけれども,その背後には熱いエネルギーに満ち溢れているのでは,と感じました。
今回の定期公演は,大変チャレンジングな内容でしたが,結果として,狙いどおり,いくつもの顔を持つホリガーさんらしさを多面的に楽しむことができました。この日の定期公演1回の演奏で終わらせるには,もったいないぐらいの充実感のある演奏会だったと思いました。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック