OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年4月2日 - 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月30日 - 2017年5月6日 »

2017年4月23日 - 2017年4月29日

2017/04/29

#ガル祭 ユベール・スダーンさん+アン・アキコ・マイヤースさんによる魅力的なヴァイオリン協奏曲に加え,北陸の民謡2曲+マンボ!オープニングコンサートは「盛り沢山」。これが音楽祭のコンセプトかも

午後からは,記念式典に続いてオープニングコンサートが行われました。司会は池辺晋一郎さんでした。
P1050146
記念式典の内容は,ラ・フォル・ジュルネ金沢の時と全く同じで,前田利祐氏,谷本石川県知事,山野金沢市長の3人の方からの挨拶でした。ちなみに...山野市長のあいさつの時,音楽祭名のところで,少し間を置き,しっかりとペーパーで確認。やはり,この音楽祭名は「長過ぎ」かな,と思います。
オープニング・コンサートの方には,目新しさがありました。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲がメインでしたが,その前に,まず,ザ・トランペットコンサートによるファンファーレ,その後,富山県民謡の越中おわら,石川県民謡の山中節が演奏(踊り付き)されました。
P1050152
ファンファーレは,ベートーヴェンの歌曲「自然における神の栄光」をもとにしたファンファーレでした。確か高校ぐらいの音楽の教科書に合唱曲として載っていた曲で,なつかしい気分になりました。トランペット8人による演奏で,大変気持ち良く爽快に聞かせてくれました。ちなみに,午前中に鼓門下でのファンファーレは,別の曲(編成も違っていた?)だったと思います。やはりホール内で聞く方が聞き映えがすると思いました。
越中おわらは,9月初旬に富山県八尾で行われる「風の盆」が有名ですが,その雰囲気をそのままホールに持ってきた感じでした。ベートーヴェンとは...つながらないのですが,「風」という言葉ではつながっていますね。胡弓の音と哀愁と全体に漂う浮遊感が,大変魅力的でした。「男踊り」「女踊り」の2種類が順に登場しましたが,ずっと浸っていたくなるような雰囲気がありました。
山中節の方は,ロングトーンの声の美しさが大変魅力的でした。こちらはオーケストラの伴奏による演奏で,民謡の声と大変うまく溶け合っていました(ただしマイクを使っていました)。
その後はメインプログラムのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が演奏されました。まず,ユベール・スダーンさん指揮OEKの演奏が素晴らしいと思いました。スダーンさんの演奏を聞くのは今回が初めてでしたが,虚飾を配して,基本的に速目のテンポで演奏していましたが,その中に何とも言えない,柔らかさや落ち着きがあり,安心して聞けるベートーヴェンを楽しませてくれました。
白と黒のドレスで登場したアン・アキコ・マイヤースさんは,その雰囲気どおりの,クール・ビューティな演奏を聞かせてくれました。凛とした音で,くっきりと演奏されていました。要所要所で,しっかりと歌い込んだり,非常に力強く演奏したりする,音楽の聞かせ方も巧いと思いました。
ちなみにこの曲では,第1楽章の後,盛大な拍手が入りました。お客さんの傾向としては,「はじめてこの曲を聞く」人が多かった印象です。
最後にアンコールが1曲演奏されました。OEKの金管や打楽器のメンバーがゾロゾロと入って来たので,「一体何?」と思っているうちに,ベートーヴェンの「運命」の第1楽章が普通に始まりました。やや不審に思っているうちに,ラテン系パーカッションが加わり,ペレス・プラードのマンボNo.5と合体。「ああ,あの曲か!」と分かりました。宮川彬良さんによる名編曲ですね。この曲で会場はさらに大きく盛り上がりました。楽し気に指揮をするスダーンさんを見ながら「いい人だなぁ」と思いました。
P1050153
このオープニング・コンサートを聞いて,この音楽祭のコンセプトは「過剰なまでの盛り沢山」感かなと実感しました。音楽祭の後半では,4日連続でピアノ・ソナタマラソンに挑戦する予定なので,体調に注意しながら,ベートーヴェン祭りを楽しみたいと思います。
終演後,音楽祭のマスコットのガルガンチュアが出口でお出迎え。記念撮影をする人もいて(結構,年輩の方に人気?),今日一日で一気に知名度を上げたのではないかと思います。
P1050154

いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2017 #ガル祭 開幕。晴天の中鼓門下でファンファーレ。ガルちゃんはこれから音楽祭を盛り上げてくれることでしょう

昨年まで行われていたラ・フォル・ジュルネ金沢に代わって,「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2017」が始まりました。まず,午前11時にJR金沢駅 鼓門下で行われたオープニング・ファンファーレを聞いてきました。このセレモニー自体,金沢独自企画でしたので,例年と同じ形で始まりました。やや風は強かったものの,晴れたのも良かったですね。

司会は青島広志さんで,ザ・トランペットの皆さんによってファンファーレが演奏されました。
P1050133s

音楽祭のキャラクター,ガルガンチュアの紹介もありました。生で初めて見たのでが,紙に印刷されたものよりも,ずっと可愛らしい印象です。これから最終日まで,音楽祭を盛り上げてくれることでしょう。

P1050129s

本日は,いったん出直した後,14:00からのオープニング・コンサートを聞きに行く予定です。

« 2017年4月2日 - 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月30日 - 2017年5月6日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック