OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »

2017年6月18日 - 2017年6月24日

2017/06/24

音楽堂室内楽シリーズ2017。今年は本格的な室内楽中心。最後はNAXOSでお馴染みの指揮者登場

日,OEKの定期公演に行った時,2017年度の音楽堂室内楽シリーズのチラシが置いてありました。今年は次の4回で,例年よりは「こだわりの室内楽」「やや大きめの編成の室内楽」を楽しめそうです。

以下のとおりです。

7月12日(水)19:00~ 石川県立音楽堂交流ホール
OEKチェンバー・コレクションI
マルサリス:フィドラーズ・テール
ベートーヴェン:七重奏曲
*マルサリスの曲は,ジャズ・トランペット奏者のウィントン・マルサリスが「兵士の物語」に触発されて作った曲です。OEKのメンバーを中心に,次のメンバーが登場します。
坂本久仁雄(ヴァイオリン),石黒靖典(ヴィオラ),大澤明(チェロ),今野淳(コントラバス),渡邉昭夫(打楽器),遠藤文江(クラリネット),柳浦慎史(ファゴット),金星眞(ホルン),村岡俊昴(トロンボーン)

8月22日(火)19:00~ 石川県立音楽堂交流ホール
IMA&OEKチェンバーコンサート
ラヴェル:弦楽四重奏曲
ラヴェル:序奏とアレグロ
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ
フランク:ピアノ五重奏曲
*フランス系の室内楽で統一された魅力的なプログラムです。次の方々が出演します。レジス・パスキエ,ロラン・ドガレイユ,ファン・モンラ,神谷美千子,原田幸一郎(ヴァイオリン),毛利伯郎(チェロ),ハエスン・パイク(ピアノ)+OEKメンバー,平尾祐紀子(ハープ)

11月21日(火)19:00~ 石川県立音楽堂交流ホール
OEKチェンバー・コレクションII
ニールセン:木管五重奏曲
プーランク:ピアノ六重奏曲
*OEKの管楽器メンバーを中心としたプログラムです。次の方々が出演します。
松木さや(フルート),加納律子(オーボエ),遠藤文江(クラリネット),柳浦慎史(ファゴット),金星眞(ホルン),鶴見彩(ピアノ)

2月25日(日)14:00~ 石川県立音楽堂コンサートホール
ビートルズ・ゴー・バロック
ビートルズ合奏協奏曲ほか
*NAXOSレーベルにビートルズやエルヴィス・プレスリーの曲をバロック音楽風に編曲した企画ものがありますが,その編曲をしたピーター・ブレイナーさんをゲストに招き,このCDと同様の内容の演奏会が行われます。

第1回~第3回は1回2500円,第4回は3500円ですが,お得な4回セット券というのもあります。こちらは7000円です。3回以上行くならば,こちらの方が得ですね。
Chamber_music_series2017_2

音楽堂室内楽シリーズ2017.

アビゲイル・ヤングさんのリードによるOEK定期公演。OEK真の実力を発揮した,理想的な演奏の連続でした。全員起立での演奏は繊細かつダイナミック! #oekjp

6月のOEK定期公演マイスターシリーズの方は,OEKならではの「指揮者なし,アビゲイル・ヤングさんのリード」による公演でした。プログラムの方は,ショスタコーヴィチの室内交響曲とモーツァルトの交響曲第29番の間に,ヤングさんの独奏によるツィガーヌ。そして,ヤングさんの「お国もの」であるイギリスの作曲家,バターワースによる「青柳の堤」が演奏されました。

指揮者なしということも含め,一見,聞く前は地味なプログラムに思えましたが,逆にOEKの実力そのものをストレートに出し切った,自信に溢れた充実感を堪能させてくれるような内容となっていました。ヤングさんとOEKのつながりも,15年以上になると思います。お互いにやりたいことを知り抜いたような信頼感溢れるアンサンブルで,どの部分にも,ヤング&OEKらしい,自然なニュアンスが加わっていました。

この日のOEKは,チェロ以外は,全奏者が立って演奏していました。指揮者がいない分,全員が伸び伸びと(?)ソリストになったような気分で,ダイナミックな演奏を聞かせてくれました。心なしか,音もよく鳴っていたと感じました。

というわけで,室内オーケストラしい細かいニュアンスの豊かさと同時に,力強さが加わった,このコンビの集大成のような演奏の連続でした。

最初のショスタコーヴィチの室内交響曲は,過去,何回か聞いたことのある作品ですが,今回の演奏では,意味深な深さだけでなく,オーケストラそのものの音の豊かさと透明感としっとりとした品の良さなどをしっかりと楽しむことができました。途中出てくる「ユダヤ風のメロディ」や,強くノックするような3連音とか,強烈な部分も印象的な曲ですが,暴力的になり過ぎることはなく,「20世紀のスタンダード」と言っても良いような,強いけれども音楽的な美しさのある,まとまりの良い演奏を聞かせてくれました。

それにしても...1カ月の間に「室内交響曲」という名前の作品を2曲聞くというのは,かなり珍しい経験だったと思います。

ラヴェルのツィガーヌでは,ソリストとしてのヤングさんの力量を存分に楽しむことができました。この曲については,いしかわミュージックアカデミー(IMA)の若い奏者たちの,やる気満々の演奏で何回も聞いたことがありますが,ヤングさんの演奏は,一言でいうと,貫禄のある大人の演奏でした。曲芸のように軽快に聞かせるのではなく,全体にテンポを遅めにとって,オーケストラのメンバーと対話をするように,じっくりと聞かせてくれました。

ただし,この曲は,テンポが結構変化する作品なので,指揮者がいてくれた方が良かったかもしれません。全体にテンポが重い気はしました。

その一方で,オーケストラ伴奏版だと(IMAのときはピアノ伴奏版),ラヴェルならではの色彩感たっぷりの音を聞けるのも楽しみですね。ヴァイオリン独奏による序奏に続いて,ハープが加わってくるあたり,待ってましたという華麗さでした。ちなみにこの曲については,OEKメンバーは着席して演奏していました。

後半の最初は,バターワースの「青柳の堤」という作品が演奏されました。遠藤さんのクラリネット独奏で曲がスーッと始まった後,弦楽器による実に清冽な音楽が心地よく流れていきました。途中,木管楽器がやはりソリスティックに活躍する辺りは,田園詩的でした。初めて聞く曲でしたが,OEKがイギリス音楽をあまり取り上げてこなかったので,ヤング/OEKの「お薦め曲」的にこれからも,知られざる逸品を演奏していって欲しいと思います。

最後は,モーツァルトの交響曲第29番で締められました。この曲で締めるというのは,やや冒険的な部分があったかもしれませんが,個人的な思いとしては「理想のモーツァルト」を楽しませてくれ,まったく不満はありませんでした。上述のとおり,繊細で自然な表情の変化と伸び伸びとした躍動感のバランスが理想的で,第1楽章が始まった瞬間,「このテンポ感だ」とぴったり波長が合いました。

第2楽章では,弱音器をつけたマイルドな夢見心地を伝えてくれました。この世の世界ではないような,はかなさが大変魅力的な演奏でした。楽章の最後に出てくるオーボエの「一声」で現実に戻されるようになるのも好きです。この部分での加納さんの品の良い音も見事でした。

第3楽章から第4楽章に掛けての,躍動感のあるキレの良い演奏も見事でした。この時期のモーツァルトの作品には,ホルンに高音が出てくることが多く,「実は大変」だと思うのですが,見事な音で,弦楽器との対比を聞かせてくれました。

モーツァルトの後期の交響曲については,実は,この29番がいちばん気に入っています(ただし,現時点での順位です)。その大好きな曲を,大変爽快かつ生き生きと聞かせてくれ,演奏会全体を見事に締めてくれました。

プログラムの演奏時間的には,やや短めだったこともあり,鳴り止まない拍手に応え,アンコールとして,アーノルド(この方もイギリスの作曲家です)のシンフォニエッタ第1番の中の第3楽章が演奏されました。

「この楽しい曲は一体何という曲?」と思わせる,ちょっとラテン的な変拍子を持った曲で,ホルンも大活躍していました。この曲は...是非,全曲を演奏して欲しいものです。

というわけでこの日の演奏会を聞いて思ったのは...ヤング/OEKを指揮する指揮者には,相当の覚悟が必要なのでは,ということです。それだけ水準の高い演奏の連続でした。

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック