OEKのCD

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年10月29日 - 2017年11月4日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »

2017年11月5日 - 2017年11月11日

2017/11/11

#松田華音 ピアノリサイタル@北國新聞赤羽ホール。オール・ロシア・プログラムをのびのびと,そして完成度の高い演奏で楽しませてくれました

北國新聞赤羽ホールで,松田華音さんのピアノリサイタルが行われたので聞いてきました。松田さんは6才の時にロシアに渡ってピアノの勉強をし,現在,モスクワ音楽院に在籍されている方です。学生とはいえ,すでにCDアルバムを2枚発売し(しかもドイツ・グラモフォンから),テレビ等にもよく出演されています。注目の若手ピアノ奏者と言えます。

その松田さんによるオール・ロシア・プログラムということで,これまでロシアで研鑽を積んできた成果をしっかりと聞かせてくれるような素晴らしいリサイタルとなりました。

プログラムは,松田さんの最新のCDと同じ内容で,前半がチャイコフスキーとプロコフィエフの編曲もの。後半がムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」でした。
https://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=2671

松田さんはまだ若い方で,名前の雰囲気どおり,華やかで可憐な雰囲気があったのですが,ステージ上での視線には強さがありました。演奏にも,しっかりと曲の本質を射貫くような強さと説得力がありました。硬質で引き締まった低音,切れ味の良い打鍵,きらめくような高音...どの曲についても,大変バランスの良い,完成度の高い演奏を聞かせてくれました。

特に良いと思ったのは音です。一般にプロコフィエフの曲については,打楽器的で冷たい感じがあり,それが魅力でもあるのですが,松田さんの音については,硬質感一辺倒ではない,ふくよかさのようなものや奥行きを感じました。

今回は,10曲ぐらいなる組曲が前半と後半に演奏されるという独特のプログラムでしたが,松田さんの演奏からは,曲想の多彩な描き分けと同時に一本筋の通った統一感を感じました。散漫な感じは無く,前半後半ともに,ロシアの大曲を聞いたという充実感が広がりました。

特に後半に演奏された「展覧会の絵」では,若々しく始まったプロムナードの後,思う存分,かつ丁寧に各曲を弾き切っており,すがすがしさを感じました。「キエフの大門」の最後の方はもう少しテンポが速い方が今の華音さんには合っているかなとも思いましたが,曲の勢いとすみずみまで磨かれた精緻さとが両立した素晴らしい演奏だったと思います。

アンコールの1曲目にムソルグスキーの「古典様式による間奏曲」というマイナーだけれども非常に「聞かせる曲」が演奏された後,2曲目としてパッヘルベルのカノン(藤満健編曲版)が演奏されました。しっかりと華が開く,華麗な「華音」となっていました。こういう名刺代わりになるような曲があるのは良いですね。

今回,お客さんの数があまり多くなかったのが少々意外で,残念でしたが,これからどんどん活躍の場を広げていくことを期待したいと思います。リサイタルに加え,特にロシアものの室内楽公演が金沢で行われることに期待したいと思います。

2017/11/08

#河瀬直美 演出,#広上淳一/OEK「#トスカ 」金沢公演。スケールの大きさと情感の豊かさ,そして,鮮やかな映像美を楽しめる素晴らしい公演でした。 #oekjp

OEKはほぼ年1回のペースで,「全国共同制作プロジェクト」という形でオペラ公演に参加しています。全国各地のコンサートホール等を使って行うオペラということで,セットなどはそれほど大規模ではありませんが,それを補う形で,色々と工夫のされた設定や,斬新な演出での上演されています。

今年は,映画監督の河瀬直美さん演出による「トスカ」でした。「トスカ」は,本来はローマを舞台とした作品ですが,河瀬さんの演出では,古代の「牢魔」という場所が舞台になっていました。1日の出来事を描くという点はオリジナルと同じでしたが,役名が「トス香」「カバラ導師」になるなど,舞台全体としては,和風~無国籍風のテイストがありました。

こういう一ひねりのある設定の「トスカ」でしたが,全曲を通じて,河瀬さんの美意識と作品に込められた豊かなドラマとがストレートかつ丁寧に表現された見事な舞台になっていたと感じました。

河瀬さんの演出は,映画監督らしく映像をふんだんに活用したものでした。舞台の背景あたりに巨大な暖簾のような形のスクリーンを設置し,そこに各幕ごとに美しい映像を投影していました。第1幕は富士山,第2幕は水のイメージ,第3幕(第2幕から連続していました)は月がメインになっており,各幕の気分が鮮やかに切り替わっていました。

このスクリーンは暖簾のようになっているので,そこをくぐる形で人物が出入りするのですが,ステージ奥から常に強い光が出ているので,登場するたびに,非常に大きなシルエットがスクリーンいっぱいに登場します。これも効果的でした。特に悪役スカルピアの登場の場は,音楽の迫力と相俟って,格好良さと怖さを兼ね備えた雰囲気を作り上げていました。

その他,曲の雰囲気に合わせて,急に花の絵に変わったり,トスカがスカルピアを殺害する瞬間は,花火の映像に切り替わったり,幕切れではスクリーン一面がローソクになったり,非常に効果的に映像を使っていました。

また演出の意図として,「悲惨で救いのない感じにならないように」という方向性があったようで,スカルピアとトスカの死については,リアリズムの演出とは一味違う,幻想味がありました(詳細はレビューで紹介しましょう)。この辺は賛否の分かれる部分だと思いますが,こういうのも「あり」と私は思いました。

音楽面では,何といっても広上淳一さん指揮OEKの作り出す,じっくりと丁寧に情感を描くような音楽が素晴らしいと思いました。「歌に生き恋に生き」「星はきらめき」の2大名曲は,どちらもこれまで聞いたこともないくらい,じっくりとしたテンポでスケール感たっぷりに歌われました。
ただし,「星はきらめき」の方は,背景に大きな大きな月が出ていたので,「月はきらめき」という感じでした。


主役トスカのルイザ・アルブレヒトヴァさんの声には,常にドラマを内面に秘めたような暗さと強さがあり,この役柄にぴったりだと思いました。カバラドッシ役のアレクサンドル・バディアさんの方は,やや声が薄い感じがして,存在感ではトスカに負けている気がしましたが,その分,悲運の青年といった感じがよく出ていたと思いました。

スカルピア役の三戸大久さんは,素晴らしく包容力のある,瑞々しさのある声で,素晴らしいと思いました。ドロドロした悪役というよりは,むしろ二枚目的な雰囲気のあると思ったのですが,これがとても新鮮でした。スタイリッシュな映像中心の「トスカ」にぴったりのスカルピアだと思いました。

脇役の歌手たちも,実力のある人が揃っており,安心して楽しむことができました。もしかしたら,それぞれにカバラドッシやスカルピアを演じられる人たちばかりだった気がしました。

合唱団の皆さんの出番では,やはり第1幕後半の「テ・デウム」の部分のスケール感が素晴らしいと思いました。最近絶好調の広上さんらしい,エネルギーが充満した巨匠的な迫力を秘めた幕切れでした。

今回の「トスカ」は,広上さんとOEKの作り出す,スケールの大きさと情感の豊かさを持った演奏と河瀬さんによる鮮やかなインパクトを残す映像が全体の基調を作り,その上で歌手たちが生き生きと活躍する,大変完成度の高い公演になっていたと思います。あと2公演残っていますので,お近くの方は是非,ご覧になってください。

« 2017年10月29日 - 2017年11月4日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック