OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018/01/30

「原田智子バッハを弾く」 さりげなく凄い,原田さんの無伴奏ヴァイオリンの世界に浸ってきました。

オーケストラ・アンサンブル金沢のヴァイオリン奏者,原田智子さんのリサイタルが,金沢市アートホールで行われたので聞いてきました。今回のプログラムは全部バッハ。その無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータの中から3曲が演奏されました。

原田さんのリサイタルは,過去に何回か聞いたことはあるのですが,「最初から最後までヴァイオリン1本だけ」というのは今回が初めてかもしれません。金沢で,バッハの「無伴奏ヴァイオリン」がまとめて演奏される機会は,少ないので,平日の夜でしかも雪が降っていたのですが,聞きに行くことにしました。

演奏の方は,この演奏会のタイトルである「原田智子バッハを弾く」そのまんまでした。原田さんは,予定調和的ではない,オリジナリティにあふれ,しかも説得力十分のバッハを弾ききっており,大変聞き応えがありました。

演奏された曲は,ソナタ第2番,パルティータ第2番,ソナタ第3番の3曲でした。パルティータ第2番の最後の楽章の「シャコンヌ」が特に有名ですが,すべての曲のすべての瞬間に原田さんの個性が出ていると感じました。この日配布されたプログラムには,原田さん自身が執筆した,大変分かりやすく,しかも内容のある素晴らしい解説が掲載されていました。演奏の方にも,その文章に通じるような,バッハに対する思い入れが反映されていると思いました。そして,それに見合った個性的な表現が取られていました。

原田さんの演奏には,のびのびとメロディを歌わせるというよりは,研ぎ澄まされた音を語るようにじっくりと積み重ねていくような趣きがありました。音楽がすっと流れていくというよりは,常に何かを語っているように感じました。ヴァイオリンの音はとてもよく鳴っていたのですが,たとえば,有名な「シャコンヌ」などでも,熱く燃えたぎるような感じにはならず,常にしっかりとコントロールされているような知的な雰囲気がありました。

表現の幅もとても広く,いくつかある弾き方の中から,「これだ」というスタイルを吟味して演奏していると感じました。ややぶっきらぼうな感じで強い表現を感じさせたり,曲の最後でフッと終わって虚無的な空気を漂わせたり,たとえば,ギドン・クレーメルあたりの演奏に通じるような現代性を感じました。センチメンタルでロマンティックな甘さとは別世界の,さりげなく凄いバッハでした。

各曲とも繰り返しをしっかり行っていたせいか,演奏時間がかなり長く,その点では少々疲れたのですが,それは心地よい疲労感でした。演奏後の原田さんは,何もなかったように平然とニコニコされていました。このように「さりげなく凄い」原田さんのバッハの世界を堪能できた公演でした。この際,無伴奏の「残りの3曲」の演奏会にも期待したいと思います。

2018/01/28

ソプラノの #直江学美 さんとパイプオルガンの #黒瀬恵 さんに,N響コンサートマスター #篠崎史紀 さんが加わった演奏会を シュトラウスの「4つの最期の歌」を中心に安らぎに満ちた音楽に浸ってきました

1月後半の恒例になりつつある,ソプラノの直江学美さんとパイプオルガンの黒瀬恵さんに,NHK交響楽団のコンサートマスター,篠崎史紀さんがゲストで加わるコンサートが行われたので,聞いてきました。

今回のテーマは「アール・ヌーボーの世界」ということで,19世紀から20世紀前半の,ロマン派末期作品,もっと限定して言うと,リヒャルト・シュトラウスの「4つの最期の歌」を中心としたプログラムが演奏されました。20世紀前半は,いわゆる「現代音楽」など無調の音楽が出てきた時代ですが,シュトラウスのこの曲は,1950年,死後に出版された作品です。時代の流れに逆らうように(時代のことは考えていなかったのだと思いますが),後期ロマン派音楽の残照を思わせるような気分を持った,美しい作品です。この曲を一度実演で聞いてみたかったというのが,聞きに行った大きな理由です。

今回は,ソプラノ,ヴァイオリン,パイプオルガンという,このコンサートのためのオリジナル編成・編曲で演奏されましたが,豊穣な響きを保ちながらも,晩年ならではの簡潔なスタイルで書かれたこの曲の魅力がしっかりと伝わってきました。ガタガタの雪道の運転で少々疲れ気味だったのですが,すっかり癒されました。

直江さんの声は,ソプラノではあるのですが,しっとりとした落ち着きがあるので,晩年のシュトラウスの曲のムードにぴったりでした。特に後半の2曲は,ずっと浸っていたいような心地よさがありました。直江さんにしっかりと寄り添う,篠崎さんのヴァイオリンも見事でした。4曲目の最後の部分での鳥の声を思わせるトレモロの繊細が絶品でした。そして,全体を包み込む黒瀬さんのオルガン。オルガンの響きが加わることで,3曲目などは,どこか宗教曲を思わせる祈り気分があるなぁと思いました。

篠崎さんは,途中のトークで「この曲はベスト3に入るぐらい好きな曲。3曲目は私の葬儀の音楽として使って欲しい」と語っていましたが,そのことがよく分かる演奏でした。

前半はソプラノとオルガン,ヴァイオリンとオルガン,オルガン独奏,と変化に富んだ内容になっていました。この中で,特に印象的だったのは,篠崎さんがじっくりと演奏した,ヴィターリのシャコンヌでした。「1900年頃のムード」という意味では,ヴァイオリンが趣味という設定になっているシャーロック・ホームズが,「もしもシャコンヌを弾いたら?」という雰囲気があると思いました。長いコートをひるがえしての演奏が格好よかったですね。

それと直江さん,黒瀬さんのドレスも素晴らしいものでした。直江さんは,地元石川の素材を生かしたドレス,黒瀬さんの方もお母さんからもらった着物をリメイクしたドレス。何というか,石川県を音楽で活性化するとしたら,こういうのもありだなぁと思いました。会場の雰囲気もとても和やかで,お二人の活躍がすっかり定着していることを実感しました。

次回はどういう切り口のコンサートになるのでしょうか?カニがある限り(?),篠崎さんは冬の金沢には来られるようなので,是非,次回にも期待したいとと思います。

2018/01/24

OEK設立30周年記念特別公演 #佐渡裕 指揮OEK+兵庫県PAC管弦楽団 合同演奏会 大砲の登場する(煙も出ます)正しい「1812年」をはじめ,お得意のレパートリーを気持ちよく楽しむことができました。さすが佐渡さん! #oekjp

全国的に「今日は大雪?」という警戒が進む中,OEK設立30周年記念特別公演として行われた,佐渡裕さん指揮による,OEKと+兵庫県芸術文化センター管弦楽団(PAC)の合同演奏会を聞いてきました。幸い金沢の雪は,演奏会の開始時点ではさほどでもなく,交通の乱れなどはありませんでした。

今回のプログラムは,前半がOEKとPACがそれぞれ単独で演奏した後,後半は両オーケストラがチャイコフスキーの管弦楽曲を合同で演奏するという構成でした。まず,後半の曲の中に,実演で演奏される機会が少ない幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」が入っていたり,OEK単独演奏としてハイドンの交響曲第44番「悲しみ」が入ていたり,金沢で聞く機会の少ない曲が入っていたのがうれしかったですね。こういうプログラムが組めるのも佐渡さんの人気の力だと思います。

ハイドンの交響曲第44番「悲しみ」は,いわゆる「シュトルム・ウント・ドランク」時代の作品で,ハイドンには珍しい短調の作品です。ただし,この日の演奏は,鋭く攻撃的な悲しみというよりは,しっとりと肌に染み入るような深さを感じました。特に第3楽章の品格の高さと透明感を持った静けさが大変印象的でした。OEKの美質をしっかりと引き出した素晴らしい演奏だったと思います。

2曲目のフォーレの「ペレアスとメリザンド」組曲は,PACオケが設立当初に何度も演奏してきた曲とのことです。佐渡さんお得意のレパートリーといえそうです。第1曲が始まったとたんに,音楽の透明感と同時に音楽が大きく広がり,スケールの大きさを感じました。有名なシシリエンヌを始め,各奏者のソリスティックな活躍も素晴らしく,音楽に立体感を感じました。

佐渡さんと言えば,テレビの映像を見る限りでは、「汗,汗,汗」という印象を持っていたのですが,非常に爽やかで洗練された音楽を作る方だと思いました(佐渡さんの演奏を実演で聞くのは,実は初めてでした)。よい意味で裏切られました。

後半は,お楽しみの合同演奏によるチャイコフスキーでした。「フランチェスカ・ダ・リ・ミニ」は,ダンテの「神曲」に基づく,「地獄めぐり」を描いた曲ですが,有名な「ロメオとジュリエット」序曲同様に,激しい部分とロマンティックな部分の対比が楽しめる作品で,ストレートに大編成オーケストラによる多彩な表現力を楽しむことができました。オーケストラの響きについては,題材的に,もっと不健康な気分が欲しいかなとも思いましたが(不倫がテーマなので),終結部でのパーカッションの強烈な連打をはじめ,圧倒的な響きの魅力に浸ることができました。

最後に演奏された「1812年」については,終盤に出てくる大砲がどうなるのかな?という楽しみがあります。今回は...正真正銘,小細工なしの大砲が登場しました。これには皆さん大喜びでした。舞台下手側には考えてみるとやや不自然な「スペース」があり,終盤この部分にソロソロと大砲が入場。「ドカン!」という音はシンセサイザーだったような気がしましたが,その音と同時に白い煙が立ち上り,「おお」という感じのインパクトがありました。

演奏の方は,純音楽的に素晴らしいと思いました。冒頭のチェロとヴィオラの合奏の音の透明感,キビキビとした音楽の運び,中盤に出てくるヴァイオリンの音の清々しさ...色物的な感じとはひと味違った,密度の高い音楽となっていました。そして,大砲が登場するのと連動して,パイプオルガンのステージにバンダ(別働隊)のトランペットとトロンボーンの皆さんが登場。バンダの音もうるさくなることはなく,音楽に気持ちの良い華やかさを加えていました。

見た目のインパクトだけではなく,音楽面でも「正しい1812年」だったと思いました。

大いに盛り上がった会場からの拍手に応え,アンコールとして佐渡さんお得意のスーザの行進曲「星条旗よ永遠なれ」がシャキっと演奏されました。この曲は,佐渡さん指揮シエナ・ウィンド・オーケストラの演奏会のアンコールの定番曲ですが,元をただせば,佐渡委さんの師匠でもある,レナード・バーンスタインにつながると思います。コーダの部分では,全員起立し,格好良くテンポアップするあたりが佐渡さんらしさ満載でした。

ちなみに(かなり無理がありましたが),チェロ奏者の皆さんまで立って演奏していました。しかもOEKの大澤さんと早川さんはロシアと米国の国旗をこの部分で取り出していました。佐渡さんの指揮にしっかり応えるサービス精神でした。

というようなわけで,大変楽しく充実した公演となりました。演奏会の間は,ホールの外の積雪の状況をすっかり忘れることができました。合同演奏ならではの,お祭り的な華やかさと同時に充実のプログラムを充実した演奏で楽しませてくれた、創設30周年にふさわしい演奏会となりました。

2018/01/06

2018年の「演奏会初め」は,#フォルクハルト・シュトイデ さんのリードによるOEK定期公演。新年早々,ウィーン直送の正しいニューイヤーコンサートを楽しみました。そして,MVPは鍛冶屋担当の #グンナー・フラス さん! #oekjp

2018年最初のコンサートは,OEKのニューイヤーコンサートでした。この演奏会については,10年ぐらい前までは,マイケル・ダウスさんの弾き振りによるシュトラウス・ファミリーのワルツやポルカが定番だったのですが,その後は,声楽を交えたプログラム,古楽を交えたプログラムなど「ウィーン風」にこだわることなく,色々なタイプのコンサートが行われてきました。

今年のニューイヤーコンサートは,今年の1月1日にウィーンでリッカルド・ムーティの指揮の下,ニューイヤーコンサートを行ってきたばかりの,ウィーン・フィルのコンサートマスター,フォルクハルト・シュトイデさんをリーダー&ソリストに迎えての楽しい演奏会となりました。

今年のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート(不思議なめぐりあわせですが,本日,演奏会と同じ時間帯にNHKで再放送をしていましたね)を観たとき,「もしかしたら1月6日に金沢に来るシュトイデさん?」と思った方も多かったと思いますが,本日の演奏を聞いて,まさに産地直送のウィーンの空気を運んでくれたように感じました。それにしても新年早々,シュトイデさんもハードスケジュールです。

演奏会は前半,ウェーバーの「オベロン」序曲とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(シュトイデさんがソロ)が演奏された後,後半にシュトラウス・ファミリーの音楽が演奏されました。

ウェーバーの「オベロン」序曲は,OEKが演奏するのは初めてかもしれません。個人的には魅力的なメロディが次々湧いて出てくる感じが大好きな曲です。新年最初にこの曲を聞けて,まず良い気分になりました。シュトイデさんは,通常のコンサートマスターの席に座り,リードする動作も必要最小限でしたが,そういったところに職人的な雰囲気を感じました。とろんとした感じの序奏とキビキビと妖精が動き回るような主部とのコントラストが鮮やかかつ自然で,この曲の魅力をストレートに味わうことができました。

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の方は,昨年は神尾真由子さんの演奏で聞きましたが,その演奏とは対照的な気分のある演奏でした。まず,ステージ中央にビシッと立つシュトイデさんの姿が凜々しかったですね。音楽の方もグイグイと攻めるようなテンポで始まりました。シュトイデさんのヴァイオリンについては,音には甘い香りがあるけれども,表現としては引き締まっており,さすがウィーン・フィルのコンサートマスターというバランスの良さがあると感じました。

最初の部分は,オーケストラとのテンポ感が少し合わない感じもしましたが,段々と一体となって音楽が流れて行きました。じっくりとテンポを落とした第2主題の静謐な雰囲気もとても良いと思いました。耽美的になりすぎない第2楽章では,その分,曲の素朴で親しみやすい味のようなものを感じました。第3楽章も,自由自在に羽ばたくというよりは,OEKと一体となって音楽を楽しむような,室内楽的な気分がありました。ソリスティックな華やかさよりは,指揮者無しのアンサンブルのスリリングさ(?)であるとか,楽しさを感じさせてくれるような演奏だったと思います。

さて後半です。最初に演奏された「こうもり」序曲を聞いて,「正しい「こうもり」だ!」と思いました。この曲については,実演でもCDでも何度も聞いてきた曲ですが,テンポ感であるとか間の取り方であるとか,すべての点で,「これだ!」と思わせるフィット感がありました。安易に「本場の演奏」と言いたくはないのですが,シュトイデさんは,ウィーンで「こうもり」を毎年のように演奏しているはずなので,今回,そのエッセンスがしっかりとOEKに伝えられたのではないかと思いました。

その後も楽しい演奏の連続でしたが(特にエドゥアルト・シュトラウスの「テープは切られた」は,リアルに鉄道を描写しており気に入りました),何と言っても「鍛冶屋のポルカ」が最高でした。これからOEKのニューイヤーコンサートに行く人には「ネタばれ」になってしまうのですが,鍛冶屋担当のグンナー・フラスさんのパフォーマンスが最高でした。

鍛冶屋をイメージするエプロンを付けて,ステージ中央に登場。ソリスト気分満々でシュトイデさんやヤングさんと握手。さらには何とチューニングも開始。オーボエのAの音を受けて,金床をカーンと叩く,というパフォーマンス(個人的には,これがいちばん受けました)。その後もバッグ(「鍛冶屋さん背セット一式」という感じでしたね)から,飲み物を取り出したり,新聞を取り出したり...周到に準備された,楽しいパフォーマンスに拍手大喝采でした。そして,何よりも金床のカーンと冴えた音。この音自体素晴らしいと思いました。

など,珍しい作品も交えてプログラムが進み,最後は定番中の定番の「美しく青きドナウ」で締められました。この演奏でも,序奏の弦楽器の弱音トレモロの音の後にホルンの音が聞こえてくると,「ドナウ!」という気分になります。そして主部がゆったり始まると...ウィーン国立歌劇場のバレエが見えてくるような錯覚になります。こうもり同様,「正しいドナウ」という安心感のある演奏でした。

アンコールはもちろん,聴衆が手拍子で参加するラデツキー行進曲した。井上道義さん指揮のニューイヤーコンサートの時は,あえてこの曲を外しているようなところがありましたので,考えてみると久しぶりかもしれません。テンポは,(私の感覚では)今年のムーティ指揮ウィーン・フィルと同じくらいだと思いました。和気あいあいと楽しむのに最適のテンポでした。

というようなわけで,今年のニューイヤーコンサートでは,産地直送のウィーン風ニューイヤーを楽しむことができました。OEKは今後,富山県射水市,東京,大阪でも同様のコンサートを行いますが,指揮&ピアノはシュテファン・ヴラダーさんになります。恐らく,シュトイデさんの演奏とは一味違った演奏になると思います。金沢で楽しんだ後,もう一度楽しみたい方も含め,是非お出かけください。

PS.今年も恒例の「たろう」さん提供の「どら焼き」のサービスがありました。今年はピーナッツ味ということで,どういう味か今から楽しみたいと思います。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック