OEKのCD

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 金沢市アートホールで #田島睦子 ピアノリサイタルを聞いてきました。クララ・シューマンに寄せられた名曲たちと題された素晴らしい選曲。のびのびと聞かせてくれました。 | トップページ | #サカリ・オラモ 指揮 #BBC交響楽団 金沢公演。ほれぼれとするくらい堂々としたブラームスの交響曲第1番。アリーナ・ポゴストキーナさんのほの暗いヴァイオリンも魅力的でした。 »

2018/03/04

OEKと石川県内の大学オーケストラメンバーによる合同公演 #カレッジコンサート。今年は #田中祐子 さん指揮による,とても気っ風の良い,ボロディン,プロコフィエフ,ドヴォルザークを楽しみました。春らしい気分にさせてくれました #oekjp

非常に春らしい好天になった本日,OEKと石川県内の大学オーケストラのメンバーとが共演するカレッジコンサートを石川県立音楽堂で聞いてきました。このコンサートも14回目となります。今回の指揮者は,4月からOEKの指揮者(「指揮者」という肩書きです)に就任する田中祐子さんでした。

田中さんは,過去何回かOEKを指揮されていますが,私にとっては田中さんの指揮に接するのは今回が初めてでした。そのお披露目を兼ねたような公演だったかもしれません。

今回のプログラムは,前半の合同演奏がボロディンの「ダッタン人の踊り」,後半の合同演奏がドヴォルザークの交響曲第8番。その間にOEKの単独演奏でプロコフィエフの古典交響曲が演奏されました。

ボロディンの方は,OEKメンバーが首席ということで,随所に出てくる木管楽器の音をはじめ,色彩的で躍動感のある演奏を聞かせてくれました。この曲については,管弦楽版で演奏されることが多いのですが,今回は特別にOEK合唱団メンバーを加えての,オリジナル版で演奏されました。

合唱団のメンバーは,やや男声が少ないかなという印象はありましたが,その声には生々しい迫力があり,盛大に加わる打楽器群とともに,エキゾティックなムードをさらに盛り上げてくれました。田中さんの指揮ぶりは,大変明快で,滅多に聞くことのできない合唱版を存分に楽しませてくれました。

ドヴォルザークの交響曲第8番の方は,大学オーケストラのメンバーが首席奏者になっていました。この曲は大学オーケストラが比較的よく演奏する曲で,数年前のラ・フォル・ジュルネ金沢で,井上道義さん指揮京都大学交響楽団によるみごとな演奏を聞いたことを思い出します。

本日の演奏も素晴らしいものでした。田中さんの指揮はここでも明快で,じっくり演奏する部分と熱く燃える部分とのメリハリがしっかりと付けられていました。各楽章ごとにしっかりと盛り上がりがあり,豊かな歌と硬質に引き締まった若々しいサウンドを楽しませてくれました。

やはり最終楽章が特に楽しめました。演奏前のトークで,OEKのチェロの大澤さんからチェロパートに向けて「3席に居る好きな女性に届くように弾いてみよう」という素晴らしいアドバイスがあったことが紹介されましたが,チェロで演奏される主題は,「なるほど」と思わせる雄弁さでした。フルートの難しいソロも,急速なテンポだったにも関わらず,しっかりと吹ききってくれました。

この楽章については,チェロたフルート以外にも,冒頭のトランペットの爽快なファンファーレ,ホルンの強烈なトリル,童謡「黄金虫」を思わせる部分...など色々とチェックポイントがあるので,冬季五輪のフィギュアスケートの演技を見るように,「ここもクリア,次は4回転...」という感じで,がんばれと応援しながら聞いてしまいました(私だけだと思いますが)。最後の熱気を込めたコーダに至って,充実した響きで締めくくられた時には,プーさんのぬいぐるみ(?)でも投げ込みたいような気分になりました。

田中さんの指揮ぶりは大変分かりやすく,全曲を通じて,気っ風の良い音楽を聞かせてくれました。演奏前に学生指揮者の方へのインタビューがあったのですが,そこでの話の引き出し方もとても面白く,学生オーケストラとの相性は抜群だと思いました。

この両曲の間に,OEKの単独演奏でプロコフィエフの古典交響曲が演奏されました。この曲については,OEKの十八番ということで,安心して楽しむことができました。コンパクトな交響曲という印象のある曲ですが,比較的じっくりしたテンポで,細部にいたるまで明快に聞かせてくれました。最終楽章は急速なテンポでしたが,この楽章では,フルートをはじめとして,OEKの各パートがソリスティックに活躍し,オーケストラのための協奏曲的な,華やかさを感じました。

演奏時間的には比較的短い演奏会でしたが,ようやく春らしくなってきた季節にぴったりの新鮮さ溢れる演奏でした。今後,田中祐子さんがOEKを指揮する機会はどんどん増えてくると思います。その期待が膨らんだ演奏会でした。

« 金沢市アートホールで #田島睦子 ピアノリサイタルを聞いてきました。クララ・シューマンに寄せられた名曲たちと題された素晴らしい選曲。のびのびと聞かせてくれました。 | トップページ | #サカリ・オラモ 指揮 #BBC交響楽団 金沢公演。ほれぼれとするくらい堂々としたブラームスの交響曲第1番。アリーナ・ポゴストキーナさんのほの暗いヴァイオリンも魅力的でした。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金沢市アートホールで #田島睦子 ピアノリサイタルを聞いてきました。クララ・シューマンに寄せられた名曲たちと題された素晴らしい選曲。のびのびと聞かせてくれました。 | トップページ | #サカリ・オラモ 指揮 #BBC交響楽団 金沢公演。ほれぼれとするくらい堂々としたブラームスの交響曲第1番。アリーナ・ポゴストキーナさんのほの暗いヴァイオリンも魅力的でした。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック