OEKのCD

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« #サカリ・オラモ 指揮 #BBC交響楽団 金沢公演。ほれぼれとするくらい堂々としたブラームスの交響曲第1番。アリーナ・ポゴストキーナさんのほの暗いヴァイオリンも魅力的でした。 | トップページ | #梨ばろっこ in 金沢アートグミ #アンサンブル30 によるバッハの「フーガの技法」をゆったりと全曲聞いてきました。 »

2018/03/10

OEK定期公演M テーマはドレスデンとパスティッチョ,#北谷直樹 さんらしく,刺激とサプライズに満ちた素晴らしい選曲と演奏。そして #ラフォンテヴェルデ の透明な声を交えた晴れ晴れとした祈りの音楽 #oekjp

OEK定期公演3月のマイスターシリーズには,北谷直樹さんが指揮・チェンバロで登場しました。北谷さんも,OEKの古楽担当という感じですっかり常連になっています。毎回,意外性のある選曲と知的で熱い演奏を聞かせてくれていますが,この日の公演も,その期待どおりの素晴らしい内容でした。

今シーズンのマイスター定期は,「ドイツ音楽紀行」ということで,毎回,ドイツの都市がテーマになっています。今回はドレスデンがテーマでした。これまでのマイスターシリーズでは,それほど「お題」に忠実な感じはしませんでしたが,さすが北谷さん。しっかりドレスデンにちなんだ曲を並べてきました。

ドレスデンが音楽都市として知られるようになったのは,17~18世紀のザクセン公,アウグスト2世の存在が大きいということで,このアウグスト2世の時代のドレスデンにちなんだ作品がプログラムの柱になっていました。

ヴェラチーニ,ゼレンカといった知り人ぞしるという作曲家の曲が,前半の最初に演奏されましたが,それぞれ大変楽しめる作品でした。ゼレンカの2つのオーボエ,ファゴットと通奏低音のためのソナタ第5番は,ほとんど「室内楽」の演奏でしたが,プログラムの解説に書いてあったとおり,超絶技巧が延々と続くようなパッセージがあるなど,大変充実した作品でした。こういう新たなレパートリーを発掘してくれるのは,OEKファンとしてもうれしいですね。いずれにしても,水谷さん,加納さん,柳浦さん,お疲れ様でした。

続くヴィヴァルディの協奏曲も大変魅力的な作品でした。最初のヴェラチーニ同様,ト短調で統一感が図られており,曲の最初の部分を聞いただけで,ちょっとロマンティックな気分を感じさせるほど,魅力的な雰囲気がありました。弱音で始まった後,一気に音が爆発するようなコントラストも印象的でした。

前半ではOEKのメンバー立ったまま演奏していましたが(もしかしたら曲ごとに編成が違っていたので,その影響もあったのかもしれません),オーセンティックな雰囲気と同時に,演奏全体にダイナミックさがあると思いました。

前半の最後は,「焼き直されたヴィヴァルディ」ということで,非常に凝った作りになっていました。自分または他人の作品を寄せ集めて新しい作品を作ることを「パスティッチョ」というとのことですが,北谷さんの感性でヴィヴァルディを再構成するとこうなるといった,面白い試みになっていました。

まず,バッハがヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲をオルガン独奏曲に編曲したものの第1楽章を,北谷さんがさらにチェンバロ協奏曲にアレンジしたものが演奏されました。ここでは北谷さんのチェンバロの涼しげで鮮やかな妙技を楽しむことができました。

続いて,ヴィヴァルディのオペラのアリアを北谷さんが,オルガンと弦楽のための曲に編曲したものが演奏されました。今度は北谷さんは小型のオルガンを演奏しながらの指揮でした。オルガンが加わることで,しっとりとした哀感がさらに深まっていたと思いました。

さてその後ですが,マックス・リヒターという現代の作曲家が,ヴィヴァルディの「四季」にインスパイアされて「改造」した曲の中から3つの楽章が演奏されました。おなじみのフレーズの一部を,繰り返し繰り返し演奏し,ヴィヴァルディがミニマルミュージック化したようなスリリングな面白さがありました。曲の終わり方は,予定調和的ではなく,スパっと断ち切れるようになっていたのが現代的でした。ここでは,コンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんのソロが圧倒的でした。自然に熱気が高まっていくような迫力たっぷりの演奏でした。

後半は,バッハのロ短調ミサの抜粋が演奏されました。最初プログラムを見た時,「なぜ抜粋なのだろう?」と疑問に思ったのですが,もともとこの曲は,ドレスデン王のために書かれたパスティッチョ的な作品ということで,最晩年のバッハが自分の過去の作品を寄せ集めて作ったような作品です。寄せ集めと言いつつ,非常に完成度が高いのですが,今回は,北谷さん自身がそれを再構成したプログラムと言えます。

演奏された曲は「グローリア」の一部,「サンクトクス」,「アニュスデイ」がベースでした。合唱の方は大編成の合唱団ではなく,声楽アンサンブル,ラ・フォンテヴェルデのメンバーを中心に古楽界で活躍する歌手を16名集めた精鋭でした。OEKの演奏同様,すっきりとした透明感のある素晴らしい合唱でした。

トランペット3本が加わる,グローリアの最初から祝祭的な気分がありましたが,北谷さんの選曲の意図としては,声楽を聞かせるだけではなく,OEKメンバー,特に管楽器メンバーを協奏曲的に活躍させようという意図も感じました。フルート2本が活躍する曲,オーボエ3本が入る曲,そして,狩のホルンが大活躍する曲など,オーケストラの定期公演に相応しい形に再構成されていたと思いました。

最後の曲は,オリジナルの全曲の最後でもある「Dona nobis pacem」(私たちに平和を与えたまえ)でした。平和そのものを感じさせてくれるような澄んだ響きの合唱に落ち着きのあるOEKの響きが加わり,現在,平和に暮らしていることのありがたみをしみじみとかみしめました。

2011年3月11日,北谷さんは当初,福島にいるはずだったのですが,たまたまスケジュールを変更し東京に居たとのことです。「今生かされているという感覚とそれに感謝する気持ち」とプログラムに書かれていましたが,そのことがしっかりと伝わってくる演奏だったと思います。

北谷さんは,古楽演奏の専門家ですが,学究的な冷たさはなく,演奏の透明感をベースとしつつ,常にお客さんを楽しませよう,演奏を盛り上げようという,熱い前向きな気持ちが伝わってきます。今回も,その通りの気分が伝わってくる,素晴らしい公演だったと思います。

« #サカリ・オラモ 指揮 #BBC交響楽団 金沢公演。ほれぼれとするくらい堂々としたブラームスの交響曲第1番。アリーナ・ポゴストキーナさんのほの暗いヴァイオリンも魅力的でした。 | トップページ | #梨ばろっこ in 金沢アートグミ #アンサンブル30 によるバッハの「フーガの技法」をゆったりと全曲聞いてきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« #サカリ・オラモ 指揮 #BBC交響楽団 金沢公演。ほれぼれとするくらい堂々としたブラームスの交響曲第1番。アリーナ・ポゴストキーナさんのほの暗いヴァイオリンも魅力的でした。 | トップページ | #梨ばろっこ in 金沢アートグミ #アンサンブル30 によるバッハの「フーガの技法」をゆったりと全曲聞いてきました。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック