OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018/06/23

#レオシュ・スワロフスキー指揮 #スロヴァキア・フィル 金沢公演。#石川県立音楽堂 にぴったりのヨーロピアン・サウンドによる「モルダウ」「新世界」。素晴らしい。#ルドヴィート・カンタ さんの万感の思いのこもったチェロ協奏曲も感動的

石川県立音楽堂コンサートホールで,スロバキア・フィルの来日公演が行われたので聞いてきました。演奏されたのは,スメタナの「モルダウ」,ドヴォルザークのチェロ協奏曲と交響曲第9番「新世界から」という,超名曲3曲でした。あまりにも名曲ばかりなので,行こうかどうか迷ったのですが,元OEK首席チェロ奏者のルドヴィート・カンタさんがソリストとして登場するということもあり(そして,チケットが比較的安価だったこともあり),土曜日の夕方に聞きに行くことにしました。

「超名曲」と書いたのですが,金沢の場合,オーケストラ・アンサンブル金沢の編成が大きくないこともあり,大都市圏に比べると,この3曲が実演で取り上げられる機会は少ないと思います。今回,改めてスロバキア・フィルの演奏でこれらの曲を聞いてみて,何回も演奏してきたことによる,磨き上げられたサウンドが素晴らしいと思いました。派手に鳴り響くというよりは,どの曲も,弦楽器を中心全体とした安定感のある落ち着いたトーンがベースになっていました。石川県立音楽堂コンサートホールにぴったりで,山や森といった自然の美しさを思わせるバランスの良い響きでした。こういうのをヨーロピアン・サウンドと言うのかなと思いました。今日は聞きに来て良かったと思いました。

もちろんどの曲についても,クライマックスでは,金管楽器やティンパニが大活躍するのですが,エネルギーの大きさは伝わっても,うるさいと感じることはありませんでした。「本場の演奏」という表現は,好きではないのですが,これらの曲は数え切れないほど演奏してきた曲だと思いますので,完全に手の内に入った演奏だったのではないかと思います。

しかも今回演奏された曲は,どの曲からも指揮者や奏者の「思い」がしっかりと伝わって来ました。ルーティーンワークに陥るのではなく,前向きさが伝わってきました。このことは,今回の指揮者,レオシュ・スワロフスキーさんの力が大きかったのではないかと思います。

それと,やはり,30年ほど前まで,スロヴァキア・フィルに在籍しており,その後,OEKに移籍したカンタさんとの共演ということも大きかったと思います。カンタさんの独奏で,ドヴォルザークのチェロ協奏曲を聞くのは,3回目の気がしますが,今回の演奏には特に強い「万感の思い」が秘められていると感じました。もちろん,カンタさんの演奏スタイルは,いつも通りの平然とした自然体でしたが,高音の弱音で歌わせる部分については,スロヴァキアへの望郷の念と金沢の聴衆(本日は大入りでした)への感謝の気持ちが滲み出ていました。その姿が感動的でした。

この曲では,第3楽章の後半,音楽が明るくなって,別の世界への「あこがれ」のような気分が出てくる部分が好きです。コンサートマスターと独奏チェロとの重奏になり,なんとなくヴァイオリンの方が目立つ部分なのですが,この日のスロヴァキア・フィルのコンサートマスターは若い方で,瑞々しい音を聞かせてくれました。大先輩のカンタさんとの,実に味わい深いデュオでした。

「モルダウ」「新世界」も良い演奏でした。センチメンタルになることなく,上述のとおりのヨーロピアンサウンドで,充実感あふれる音楽を聞かせてくれました。

「新世界」の方は,4月上旬にクリストフ・エッシェンバッハ指揮のトンヨン・フェスティバル・オーケストラで聞いたばかりでしたが,力みすぎているような所はなく,この曲自体が持っている魅力をストレートに引き出したような演奏だったと思います。この曲では,カンタさんがメンバーの中に加わって演奏していたのですが,「再会の喜び」や「一緒に音楽をできるうれしさ」のようなものが,自然に音楽に表れていたと思いました。

終演後の拍手も大変盛大でした。客席には,OEKのメンバーの姿もちらほら見かけました。カンタさんを囲む会を中心とした,熱心なファンも多かったと思います。やはり,30年近くOEKに在籍したスロバキア出身のカンタさんの存在は大きかったと思います。これを機会に,是非またスロヴァキア・フィルには金沢公演を行ってほしいものです。

今年の6月は,川瀬賢太郎指揮OEKでシューマンの「ライン」(ドイツ)とチャイコフスキー(ロシア)プログラム,下野竜也指揮OEKでイタリア・プログラムも聞いていたので,今回のチェコ・プログラムと合わせて,公演ごとに世界各国を巡っているような気分です。考えてみると贅沢なことだなぁと感じています。

2018/06/22

#下野竜也 指揮OEKによるイタリアンな定期公演。#ロッシーニ 4連発は予想以上に多彩。4つの皿が順に出てくるフルコースを満喫。#吉野直子 さん独奏の #ニーノ・ロータ のハープ協奏曲は新たな定番曲かも。ラテン的な気分をしっかり楽しませてくれました。#oekjp

本日は,下野竜也さん指揮によるOEK定期公演フィルハーモニー・シリーズを聞いてきました。下野さんが以前,OEKの定期公演に登場した時,スッペの序曲4曲を後半に並べる意表を突くプログラムだったことがありますが,今回はその「姉妹編」のような形で,後半にロッシーニの序曲4曲が演奏されました。そして,そのロッシーニに合わせる形で,前半にブリテンのマチネ・ミュージックと,吉野直子さんをソリストに迎えて,ニーノ・ロータのハープ協奏曲が演奏されました。前半・後半とも,イタリアにちなんだ一ひねりある曲が並びました。まず,このプログラミングの斬新さが,下野さんの素晴らしいところです。

前半最初に演奏された,ブリテンのマチネ・ミュージカルは,一見,イタリアと関係なさそうですが,実はロッシーニの曲をブリテンがオーケストラ曲にアレンジして,バレエ組曲にしたもので,見事に後半の序曲集と対応していました。ロッシーニの音楽の持つ親しみやすさに,20世紀の音楽らしい鮮やかさが加わり,大変聞き映えのする音楽になっていました。

最初の曲には,ちょっとチープな感じのするトランペットのファンファーレが入るなど,全体にウィットが効いているのも面白いと思いました。20世紀に作られたバレエ組曲ということで,ちょっとショスタコーヴィチのバレエ音楽を思わせるような部分もあったのですが,皮肉な感じはなく,非常に健康的で,素直にオーケストラの音の美しさと凛としたキレの良さを楽しむことができました。

この日の演奏は,どの曲についてもそうだったのですが,下野さんは,OEKからビシッと引き締まったクリアな響きを引き出していました。安心して,ロッシーニの世界に遊ぶことができました。

続くハープ協奏曲の作曲者のニーノ・ロータは,往年の映画音楽の大家として有名な方ですが,実は本人としては,「クラシック音楽の作曲家」の方が本職だと言って欲しかったようです。今回演奏されたハープ協奏曲は,吉野さんの説では「日本初演かもしれない」とのことです。明確なことは言えないようですが,非常に演奏される機会の少ない作品です。

聞いた印象は,どこかロドリーゴのアランフェス協奏曲を思わせる雰囲気があるなぁと思いました。古典的でラテン的な「空気感」が漂う,大変魅力的な作品だと感じました。吉野さんのハープを聞くのは,5月の楽都音楽祭以来です。その時同様,繊細かつ鮮やかな音楽を楽しませてくれました。地中海的なカラッとした感じにミステリアスな気分が加わる第1楽章,寂しさと幻想的な美しさが交錯するような第2楽章。そして,品の良い躍動感のある第3楽章。各楽章,それぞれ楽しむことができました。

そして,吉野さんのハープの音を聞いているうちに,どこか現実離れした世界に運ばれたような感覚になりました。時間の流れ方が違う,澄んだ世界に浸ることができました。最終楽章は,最後の音がパタっと止むように終わるのですが,時の流れがパタっと止んだような不思議な寂寥感を感じました。

その後,アンコールでロータの映画音楽の名曲,「ゴッド・ファーザー」愛のテーマが,ハープ独奏で演奏されました。サイン会の時,吉野さんにお尋ねしたところ,ニーノ・ロータ自身によるハープ用のアレンジとのことでしたが,この曲のメロディの美しさに加え,どこかニヒルで虚無的なムードも漂っていました。

というわけで,ロータのハープ曲は,これから「定番曲」として,レパートリーに定着していって欲しいなと思いました。

後半は,ロッシーニの序曲が4曲演奏されました。最初プログラムを見たときは,「4つをまとめて,4楽章の交響曲のように聞かせる趣向かな?」と予想していたのですが,下野さんは,1曲演奏するたびに,袖に引っ込み,さらに各曲ごとに楽器編成が違っていましたので,「4皿からなるロッシーニ・フルコースを満喫」といった気分になりました。

正直なところ,ロッシーニの序曲で,「ウィリアム・テル」「セビリアの理髪師」「泥棒かささぎ」以外については,区別がつかなかったのですが(今回,この3曲を見事に抜かしていたのも下野さんらしい選曲だったと思います),楽器編成からして全然違うのが面白いと思いました。CDで聞くよりは,ずっと楽しめると思いました。

「シンデレラ」と「絹のはしご」には,打楽器は全く入らず,「アルジェのイタリア女」では,トルコ風の鳴り物とピッコロが活躍。そして,「セミラーミデ」では,トロンボーン3,ホルン4となり,ちょっとした交響曲を思わせるようなスケールの大きな響き。そして,全曲を通じて,前半のマチネー・ミュージカル同様の,メリハリの効いた引き締まったを楽しむことができました。

ロッシーニの序曲は,大まかにいうと,序奏部の後,木管楽器が大活躍する主部になり,最後はロッシーニ・クレシェンドで締め,というパターンなのですが,このパターンにも色々なバリエーションがあるのが面白いと思いました。そしてOEKの木管楽器メンバーの鮮やかな演奏が素晴らしかったですね。特に加納さんのオーボエ,松木さんのフルート(ピッコロ)が大活躍でした。「絹のはしご」の冒頭のヴァオリンの響きの瑞々しさ(この日もコンサートマスターは水谷晃さんでした),「セミラーミデ」での,たっぷりと歌ったホルンも素晴らしいと思いました。

何より「ロッシーニ・クレッシェンド」を4連発(正確にいうと,1曲の中に2回ずつぐらい出てくるので,8連発かもしれません)で聞くと,「癖になってしまう」ようなところがあります。終演後,頭の中でずっとクレッシェンドが続いているようなワクワク感が後に残りました。

やっぱり下野竜也さんの作る音楽は,最高と再認識した定期演奏会でした。

2018/06/12

#川瀬賢太郎 指揮OEK小松定期の方は,珍しくチャイコフスキー:交響曲第5番がメイン。スコアが見えるような解像度の高さ!さすがOEKという演奏。#平野加奈 さんとのピアノ協奏曲第1番も大変鮮やか。帰宅途中,チャイ5の後のゴーゴーカレーで締め #oekjp

先週土曜日に,川瀬賢太郎さん指揮OEKによる,シューマンの「ライン」と武満徹の「系図」を中心とした素晴らしい定期公演を聞いたばかりでしたが,本日はOEKが単独で演奏する機会は非常に少ない,チャイコフスキーの大曲2曲を演奏する小松定期公演が行われたので,車で小松まで出かけて聞いて来ました。

OEK単独といっても,弦楽器の方は各パート2名ずつぐらい増員し,金管楽器も増強していましたので,この日のOEKは,合計60名ぐらいの編成になっていました。通常の1.5倍の人数ということで,OEK+といったところでしょうか。この編成によるチャイコフスキーですが,こまつ芸術劇場うらら大ホールの音響が,かなりデッドだったこともあり,各楽器の音が非常にクリアに聞こえてくるのが特徴でした。60名のオーケストラとなると,音がダイレクトに聞こえすぎて,少々疲れる部分もあったのですが,その分,OEKのアンサンブルのすばらしさを再認識することができました。

もちろん川瀬さんの音楽づくりの精緻さにもよると思いますが,各楽器の音の動きやニュアンスの変化が非常に鮮やかに分かり,スコアが見えるような演奏というのは,今回のような演奏なのではと思いました(想像で書いているのですが...)。交響曲第5番はもともと聞き所満載の作品ですが,その魅力が細部に渡るまで鮮やかに伝わってきました。

川瀬さんのテンポ設定は,土曜日の金沢での定期公演の時同様,あわてたようなところはありませんでした。時にはしっかりと間をとって,スケールの音楽を聞かせてくれました。そして,各楽章のクライマックスでは緊張感と高揚感を感じさせてくれました。その一方,全曲のクライマックスの第4楽章では,非常に流れの良い,推進力のある音楽を聞かせてくれました。コーダの部分での輝きと品格のある金管楽器の音も素晴らしいと思いました。

それにしても,今回の演奏では,色々な音が聞こえてきました。第1楽章の最後の部分のファゴットの音が非常に不気味に聞こえたり,第2楽章のホルン独奏のヴィブラートがクリアに聞こえたり,第4楽章主部に入ったところで,ホルンがタンギングのような感じで細かい音を吹く部分がとてもクリアに聞こたり,その後に続く,木管楽器の合奏で流れるようなメロディを演奏する部分がはっきり聞こえたり(最近,こういう部分が好きなのです)...どこをとっても臨場感たっぷりでした。

チャイコフスキーの交響曲第5番は何度聞いても楽しめる曲ですが,今回の演奏は,いつもとは違った部分に光を当ててくれたような,素晴らしい演奏だったと思います。

前半では,金沢出身のピアニスト,平野加奈さんとの共演でチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が演奏されました。こちらも立派な演奏でした。平野さんがこの曲を演奏するのは,昨年末に金沢で行われた,ロシアの交響楽団との共演以来のことだと思いますが,この難曲に正攻法で取り組んだ,渾身の迫力が伝わってくるような演奏だったと思います。両手のオクターブで速い動きが続く部分などは,とても華やかでしたが,軽薄な感じになることはなく,曲全体としての立派さを感じさせてくれるような演奏だったと思います。

平野さんについては,石川県立音楽堂ができて間もない頃の,石川県新人登竜門コンサートに出演して以来(まだ中学生だったはずです),注目していたのですが,その後,次第に活躍の場を広げ,ついにはチャイコフスキーのピアノ協奏曲でOEKと再共演するようになりました。このことに感慨深さのようなものを感じています。こういう長いスパンに渡っての成長を見守ることができるのも,音楽を聞き続けることの喜びの一つだと思います。

というわけで,川瀬×OEKシリーズ第2弾も大変充実した内容でした。ツイッターの情報によると,川瀬さんは金沢カレーのゴーゴーカレーが大好きとのこと。これにちなんで,私も金沢に戻る途中,(すでに夜10時を過ぎていましたが)ゴーゴー・カレーを食べてしまいました。チャイ5の後に55ということで,妙に良い感じで元気が出ました。

2018/06/09

#川瀬賢太郎 指揮OEK定期公演 しっかり設計された見事な構成+熱気を持った「ライン」 #谷花音 さんのナレーション付きの #武満徹 #系図 は理想の名演では? ウルッと来ました #oekjp

9月からOEKの常任客演指揮者に就任する川瀬賢太郎さん指揮のOEK定期公演マイスターシリーズが行われたので聞いてきました。前回,川瀬さんがOEKを指揮した時は,現代曲中心のプログラムだったのですが(井上道義前音楽監督からのミッションだったとプレトークの中で紹介されていました),今回は,「いちばん好きなシューマンの「ライン」を持ってきた」とのことです。というわけで,9月の就任に向けての期待をさらに膨らませてくれるような演奏を聞かせてくれました。

その一方で,川瀬さんにとっては,「OEK=岩城さん時代から日本人現代作曲家を積極的に取り上げているオーケストラ」というイメージも持っており,その路線を踏まえて,前半は武満徹の後期の作品が2曲演奏されました。考えてみると,岩城宏之さんが亡くなられたのは,丁度6月の今頃でしたので,岩城さんに捧げる演奏にもなっていたと感じました。

最初に演奏された「波の盆」は,武満さんの曲の中でも特に美しい曲といわれている曲です。この曲はもともとはテレビドラマ用の音楽で,OEKもその主題歌(?)の部分をCD録音していますが,今回演奏されたのは,それよりはかなり長いもので,ドラマの色々な場面の音楽をつなげたような構成になっていました(プログラムに書かれていた演奏会用組曲版だったのかもしれません。この辺は,やや不明確でした)。

最初の一音から,「後期タケミツ・トーン」満載といった感じで,キラキラとした光としっとりとした音の流れとが,マイルドに解け合っていました。ゲストコンサートマスターの水谷晃さんを中心に,よく練られたサウンドを堪能できました。

続く,「系図」の方は,谷花音さんのナレーション付きで演奏されました。もともとはかなり大きな編成用の作品ということで,今回は,岩城さんがOEK用に編曲した「門外不出版」で演奏されました。プログラムにも,「ご遺族のご許可をいただき演奏」というコメントが付けられていました。

さてこの演奏ですが...谷花音さんのナレーションにすっかり参りました。武満さんも岩城さんも草葉の陰で涙を流しているのでは...と思わせるほど,パーフェクトな語りと雰囲気だったと思います。谷さんは,今14歳。水色のシンプルなワンピースで登場すると,何かそれだけで,「系図」の世界に空気が変わりました。

小柄な方だったので,もう少し幼く見えたのですが,コンサートホールのお客さんを前に,全く臆することなく,かといって,舞台慣れし過ぎている感じもなく,14歳の谷さんにできる最良の語りを聞かせてくれたと思いました。曖昧さがなくクリアで,どの言葉もはっっきりと耳に届きました。

谷さんは,子役として既に芸能界のキャリアを積んでいますので,プロの仕事として「少女役」を演じていたのだと思いますが,曲の雰囲気に本当にぴったりで,演じているか素のままなのか分からないような自然さがありました。

曲が始まり,最晩年の武満さんの音楽が聞こえてきただけで,胸に迫るものがありましたたが,「むかし,むかし」と谷さんのナレーションが始まると,これだけで,ウルッとなってしまいました。この曲を実演で聞くのは2回目ですが(1回目は岩城さん指揮OEK+吉行和子さんのナレーションによる,昔話風の味わいのある演奏),今回は全てに新鮮さを感じました。

最初,ホルンがくっきりと演奏するフレーズが,その後,フルートなどにたびたび出てくるのですが,こういった音楽が,「系図」の世界で描いている「家族崩壊」的な内容を優しく包み込んでいるんだな,と感じました,スチールドラムの演奏するモチーフも度々出てきましたが,こちらはちょっと不安げな気分を盛り上げているように思えました。

谷川俊太郎さんの詩には,「テレビではNG」的な言葉(漢字ドリルにもなっていますが...)が2カ所ほど出てくるので,個人的には,聞いていて少々恥ずかしい部分があるかなと思っていたのですが,谷さんのナレーションは,「表現読み」的なしつこさがなく,サラリとクリアしていました。

曲は「おじいちゃん」「おばあちゃん」「おとうさん」「おかあさん」と続きますが,何と言っても「おかあさん」の部分が泣かせます。最近,何とも言いようのない幼児虐待のニュースがありました。どうしてもそういうものと重ねてしまいたくなります。この部分の音楽と詩を聞きながら,子どもの言葉の純粋さ(または,純粋さの残っている子どもの言葉)の根源的な強さのようなものを感じました。

そして,最後の「とおく」。この部分で初めて,海の匂いを感じさせるようなアコーディオンの音がしっかりと登場します。何となく武満さんの音楽のルーツのように思える部分です。この透明感のある響きで,すべてが昇華されたように感じさせてくれます。

今回の演奏は,もしかしたら「2018年の今」でないと実現できない演奏だったのかもしれません。是非,谷さんには,将来いつかこの日の演奏会のことなどを思い出して欲しいものです。

後半演奏されたシューマンの「ライン」は,上述のとおり,川瀬さんの大好きな曲ということで,万全の演奏だったと思います。川瀬さんは「若手指揮者」だと思いますが,曲全体の設計をしっかりと構築した上で,エネルギーを要所要所で発散させるような老練さのようなものも感じました。お見事という演奏だったと思います。

第1楽章は,ゆったりとふんわりとした雰囲気で始まりました。強いアタックで始まるかなと予想していたので,「おっ」と思いましたが,何ともスケールの大きなラインの流れが始まりでした。その一方,力強く引き締めるような部分もあり,弛緩した感じはしませんでした。

その後の楽章も慌てすぎることなく,ラインの風景を楽しむような余裕のある,ニュアンス豊かな音楽が続きました。

第4楽章の「ケルンの大聖堂」の部分では,冒頭のトロンボーンを中心とした響きをはじめ,渋さと壮麗さの同居した音楽を楽しむことができました。先週,音楽堂のパイプオルガンの演奏を聞いたばかりだったので,この楽章をパイプオルガンで演奏しても面白いかもと想像しながら聞いてしまいました。各声部に次々とメロディが受け渡されていくような立体感を感じました。

最終楽章もじっくりとした雰囲気で始まりましたが,最後の部分でしっかりエネルギーを解放していました。川瀬さんは,広上淳一さんのお弟子さんということになりますが,今回の指揮振りをみて,しっかりとエネルギーをため込んだあと,ここぞというとき強く発散させる辺りに共通する部分があるのではと思いました。また音楽全体に漂う「格好良さ」は,井上道義さんに通じる部分があるなと思いました。

というわけで,川瀬さんへの期待がますます高まった公演でした。川瀬さんは,6月12日に小松市でチャイコフスキーの交響曲第5番なども指揮されますが(OEKが単独で演奏するのは大変珍しい曲です),是非,こちらも聞きに行ってみようと思います。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック