OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/31

#マルク・ミンコフスキ 指揮OEKの ドビュッシー #ペレアスとメリザンド 公演@石川県立音楽堂。ボルドー直輸入の映像の力が圧倒的。歌手も万全。謎は謎のままだけれども説得力十分の演奏。 #oekjp

9月からオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の芸術監督の就任する,マルク・ミンコフスキさん指揮による,ドビュッシーの歌劇「ペレアスとメリザンド」の公演が石川県立音楽堂コンサートホール行われたので聞いてきました。この公演は,今年1月,ボルドー国立歌劇場で行われた公演を,ほぼそのまま持ってきた公演ということで,ミンコフスキさんの「就任記念」公演に相応しい内容でした。

今回は,「ステージ・オペラ形式」ということで,オーケストラがピットに入るのではなく,ステージに乗ったまま,その周辺で,歌手たちが歌い,演じるというスタイルでした。ボルドー公演の内容は知らないのですが,今回の公演は,映像を大々的に使っていた上,衣装の方は通常のオペラと同様でしたので,通常のオペラを観たのと同様の印象が残りました。「ペレアスとメリザンド」は,メーテルランクの象徴主義文学が原作ということで,具体的な大道具などを使って上演するのは,むしろ変な気がしますので,今回のような,半分抽象的な映像を使った演出は,この作品の性格にぴったりなのではと思いました。

何よりも,ステージ上で演奏することで,オーケストラの音や細かいニュアンスがしっかりと聞こえてくるのが良かったと思います(何と言っても「定期公演」なので)。さすがに長い作品でしたが,映像の力と相俟って,全く退屈することなく,ドビュッシーとメーテルランクの世界を楽しむことができました。

ミンコフスキさん指揮OEKは,冒頭の前奏部分から大変じっくりと演奏していました。映像を使っていたこともあり,場面ごとの切り替えに時間がかからず,音楽の流れも非常にスムーズでした。

スクリーンはステージ奥と,ステージ前(オーケストラの前)の2カ所にありました。前の方のスクリーンは,可動式の半透明(?)なので,オーケストラが透けて見えます。この2つを組み合わせることで,本当に多彩なイメージが広がっていました。映像の色合いは,基本的にモノトーンで,「森」「泉」「城」といった,メーテルランクの原作で象徴されているものが映像として投影されていました。映像の方は,動画になっており,時々揺らぎがあるのが面白い効果を出していました。

そして,公演ポスターのビジュアルにも使われていたとおり,人の顔(特に目の部分)のアップも随所に使われていました。ストーリーの中には,見つめ合うシーンや,覗いたりするシーンがありますが,そのことを象徴していたのかもしれません。

この映像については,音楽と連動して鮮やかに変化する部分もありました。特に印象的だったのは,第2幕第3場,洞窟の中に月明かりが刺すシーンで,音楽の効果と相俟って陶然としてしまいました。ドラマ展開のヤマ場と言っても良い,ゴローがペレアスを刺す場では,映像が赤く変わっていました。ここまでモノトーン中心だったので,非常にドラマティックに感じられました。

メリザンドが塔の上で髪の毛を垂らす場,ペレアスとメリザンドの「愛のシーン」などでは,「長い髪」が見事に映像化されていました。石川県立音楽堂コンサートホールのオルガンステージも効果的に使っており,「このホールにぴったりの演出(少し小林幸子風?)だな」と思いました。

今回の歌手の皆さんも素晴らしい歌を聞かせてくれました。主役のメリザンドとペレアスは,若いイメージの役柄です。特にメリザンドの方は,半分,妖精のようなイメージがあります。キアラ・スケラートさんの声には,瑞々しさの中に落ち着きがあり,安心して楽しむことができました。スタニスラフ・ドゥ・バルベラックさんによるペレアスは,より直線的で,大変瑞々しい声でした。2人とも,これから,どんどん活躍の場を広げていくことでしょう。

ゴローについては,この人が出てくるとドラマが巻き起こる感じで,意外にヴェリズモ・オペラに近いキャラクターなのではと思いました。アレクサンドル・ドゥハメルさんの声は説得力&迫力十分でした。国王アルケルについては,原作を読んだ感じでは,非常に老いたキャラクターだと思っていたのですが,ジェローム・ヴァルニエさんの歌は,どこか知的で,「いいこと言っているなぁ」という感じの賢者という印象を持ちました。その他の歌手たちも,オペラの雰囲気にぴったりだったと思います。

全曲を通じてみると,映像の力で分かりやすくなっていたとはいえ,色々と謎な部分はあります。メリザンドの死因は?その後,ゴローはどうなる?ゴローとペレアスの父はいるのか?...そういった謎を謎のまま残しつつも,音楽の方は安らかな和音で解決しているのが面白いところです。

それにしても,この最後の部分の雰囲気は素晴らしいと思いました。管楽器のデリケートな弱音が続くので,管楽器奏者の皆さんはプレッシャーだったと思いますが,精緻さと温かみが合わさったような音世界は,ミンコフスキさんならではなのかな,と思いました。

というわけで,初「ペレアスとメリザンド」をしっかりと楽しむことはできましたが,やはり,オペラは総合芸術ということで,音楽のウェイトが相対的に下がります。芸術監督就任後については,先日の記者会見で語っていたとおり,オペラ公演に期待する一方で,是非,次回はミンコフスキさん指揮による,古典派の交響曲などをストレートに聞いてみたいものだと思いました。

2018/07/24

OEKのヴァイオリン奏者 #上島淳子 さんと ピアニスト #松井晃子 による「バッハ×舞曲」 上島さんのしっかりとした音による平常心の各種舞曲集 #oekjp

OEKの第1ヴァイオリン奏者,上島淳子さんとピアニストの松井晃子さんによる Free Range Ensembleの演奏会が金沢市アートホールで行われたので聞いてきました。上島さんについては,OEKメンバーによる室内楽公演などでは,何回も聞いたことはありますが,デュオ・リサイタルを聞くのは今回が初めてのことです。

上島さんは,とても落ち着いた雰囲気のある方です。が,その音は非常に堂々としており,金沢市アートホールにぴったりと最適化された充実した演奏を聞かせてくれました。

プログラムのメインは,上島さんが,このシリーズで毎回のように演奏している,バッハの無伴奏ヴァイオリンの中のパルティータ第1番でした。このパルティータ自体,各種舞曲を集めたものですが,それ以外の曲についても,色々な時代の舞曲を集めていたのが,今回のプログラムのとても面白いところでした。今回演奏された「舞曲」をざっと並べると次のような感じになります。

ラ・フォリア,アルマンド,クーラント,サラバンド,ブーレ,シチリアーノ,ハバネラ,ワルツ,スケルツォ。それ以外に「精霊の踊り」が加わります。ダブっている舞曲がないのが素晴らしい点です。

上島さんは,そのイメージどおり,常に落ち着いて演奏されていました。演奏の情感としては,甘くなり過ぎることはなく,節度が感じられるのが特にバッハの雰囲気にぴったりだと思いました。バッハの演奏に限らず,急速なパッセージで平然とは,バリバリと演奏していたのが,実にクールで上島さんらしいと思いました。

前半はバロック音楽でしたが,後半はサンサーンスのハバネラ,チャイコフスキーのワルツ・スケルツォなどロマンはの音楽中心でした。こういった曲だと,もう少しリラックスしてもらっても良いかなとも思いましたが,楷書のようにしっかりと演奏するのが上島さんのスタイルだと思います。松井晃子さんの作る,変化に富んだ,力強いピアノと一体になって,滴るような魅力を持ったハバネラをしっかりと聞かせてくれました。

アンコールでは,舞曲集の「締め」にぴったりの「チャールダーシュ」が演奏されました。フバイのチャールダーシュということで,最初の方は「初めて聴く曲だな」と思って聞いていたのですが,最後の急速な部分で,ブラームスのハンガリー舞曲(何番か後で調べてみます)に出てくるメロディが登場し,ウキウキとした気分の中で演奏会を締めてくれました。

どの曲についてもじっくり,くっきりと演奏していたのが上島さんらしいと思いました。プログラミングの面白さと同時に弦楽器の音の生む「安心感」を実感できた演奏会でした。

2018/07/12

今年の #北陸新人登竜門コンサート は,管・弦・打部門。クラリネットの #安田菜々子さん マリンバの #稲瀬祐衣 さん コントラバスの #西田裕貴 さんが #田中祐子 指揮 #OEK と共演。例年以上に華やかさとたくましさのある演奏会で聞いていて元気が出ました #oekjp

恒例の北陸新人登竜門コンサートが石川県立音楽堂コンサートホールで行われたので聞いてきました。ここ数年,5月頃に行われることが多かったのですが,今年は井上道義さんが音楽監督を退任した関係もあるのか,例年より遅く,7月に行われました。

今年は,管・弦・打楽器部門で,クラリネットの安田菜々子さん,マリンバの稲瀬祐衣さん,コントラバスの西田裕貴さんが,ソリストとして登場し,田中祐子指揮オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)と共演しました。指揮者もソリストも全員女性というのは,今回が初めてです。演奏後,登場した独奏者たちに田中さんが,とてもリラックスした雰囲気でインタビューをされたのですが,演奏会全体に「女子会的な華やかさ」があるなぁと思いました。ちなみに公演チラシの方も「カラー」になり,華やかになりましたね。

今回の,「管・弦・打楽器部門」というのは,昨年までとは割り振りが違っています。従来は,「ピアノ部門」「弦楽器部門」「管・弦・声楽部門」でしたが,応募者数のバランスを考えてのことでしょうか。クラリネット,マリンバ,コントラバスと,協奏曲を演奏するには,ややマイナーな楽器ばかりだったのですが,その分,どこか大らかな雰囲気を感じた演奏会でした。

安田さんが演奏した,ウェーバーのクラリネット協奏曲第2番では,まず,田中さん指揮OEKによる堂々とした序奏部から素晴らしかったですね。その上で,安田さんは,伸び伸びとした,思い切りの良い演奏を聞かせてくれました。突き抜けて聞こえてくる高音を聞くだけで演奏に引き込まれました。第2楽章のオペラのアリアのような気分と両端楽章の対比も素晴らしいと思いました。

稲瀬さんの演奏した,コッペルの曲は,この日演奏された曲の中ではいちばん新しい作品でしたが,稲瀬さん自身,この曲を何回かオーケストラと共演された実績があるということで,しっかり手の内に入った演奏になっていました。演奏する姿も堂々としており,見ていて格好良いなと思いました。

稲瀬さんは,インタビューの中で,「マリンバの温かみのある音が好き」とおっしゃっていましたが,その言葉どおり,コンサートホールの中に「木」を叩く,まろやかな音が心地よく広がっていました。曲全体としては,ミステリアスな部分があったり,たっぷり聞かせるカデンツァがあったり,大変変化に富んだ曲で,現代曲にしては,とても聞きやすい作品でした。

この登竜門コンサート(特に打楽器部門)では,コッペルの作品のような,「聞いたこともない作品」が出てくるのも楽しみの一つです。

最後に演奏された,西田さんの独奏による,クーセヴィツキーのコントラバス協奏曲は,チャイコフスキーのテイストが漂う作品でした。西田さんのコントラバスの音にも,「憂愁のロシア音楽」といったメランコリックな気分がありました。曲の最初に出てくるホルンの音の野性味が,まず素晴らしかったのですが,それを受ける,優しい音が良いなぁと思いました。

この3曲に先だって,田中さん指揮OEKで,モーツァルトの交響曲第25番が演奏されました。この前の「楽都音楽祭」で演奏されなかった曲なので,その補遺ということになります(モーツァルトには珍しく,ホルンが4本も入る曲なので,クーセヴィツキーの曲の編成に合わせて,選ばれた曲かもしれません)。有名な冒頭部から,ビシっと引き締まり,硬い雰囲気を出していました。その後の楽章は速めのテンポで,一気に悲しみが走り抜けるようでした。

今回の登竜門コンサートでは,田中祐子さん指揮OEKによる,「しっかりサポートしますよ。大船に乗った気分で演奏してね」という雰囲気もとても良かったと思います。田中さんによる,インタビューによって,ソリストたちの素顔の一端を知ることができたことにもよると思いますが,3人とも大変たくましい演奏を聞かせてくれたと思いました。みんな頑張っているんだなぁと元気が出てくるような演奏会でした。

2018/07/08

#金大フィル サマーコンサート。メインプログラムは,スロヴァキア・フィルに対抗(?)するような気合いの入った「新世界」交響曲。#フィンジ の弦楽のためのロマンスもとても良い曲でした。

この時期恒例の金沢大学フィルハーモニー管弦楽団のサマーコンサートが石川県立音楽堂コンサートホールで行われたので聞いてきました。この日の金沢は,昨日までの雨が晴れ,気温の方も,文字通り「サマー」でした。

プログラムは,最初にビゼーの「カルメン」第1組曲,後半はドヴォルザークの「新世界」交響曲ということで,おなじみの名曲路線でしたが,その間に,英国の作曲家,フィンジの「弦楽のためのロマンス」という,「オッ」という曲が入っていたのがポイントでした。

メインの「新世界」については,つい2週間前同じ場所でスロバキア・フィルによる見事な演奏を聞いたばかりだったので,いろいろとプレッシャーがかかったと思いますが,本日の演奏も両端楽章を中心に,集中力の高い,気合い充分の演奏でした。ティンパニの強打,木管楽器の生き生きとした表情...もしかしたら,スロヴァキア・フィルの演奏の影響を受けている部分もあったのかもしれませんね。堂々とした聞き応えと若々しさを持った演奏だったと思います。

その一方で,「新世界」交響曲は,超名曲と言われているけれども,それだからこそ,怖い曲だなと改めて思いました。ホルン,イングリッシュホルン...など聞かせどころだからこそ,粗が目立ちやすい部分があります。今回の演奏もパーフェクトではなかったと思いますが,第2楽章のイングリッシュホルンも,第4楽章のホルンのハイトーンとその後のアンサンブルの部分なども「よくがんばった!」演奏だったと思います。

一つ残念だったのは,第4楽章の最後の部分でしょうか。長~く音を伸ばして終わる部分で,待ちきれずにパラパラと拍手が入りました。この部分は,ハーモニーの美しさをじっくり聞きたかったですね。

前半に演奏された,「カルメン」の方も,大変流れの良い演奏でしたが,少々ソツがなさ過ぎるかなと思いました。今回の組曲版には,オリジナルでは,カルメンの歌う「セギディーリア」も入っていましたが,こういった曲では,「怪しい揺らぎ」のようなものが欲しいかなと思いました。

そして今回の目玉は,やはりフィンジの弦楽のためのロマンスだったと思います。私自身,初めて聴く曲でしたが,大変美しい曲でした。隠れた名曲だと思いました。メロディに不思議な懐かしさのようなものがあり,英国の風景や映像が浮き上がってくるような感じでした。時々,コンサート・ミストレスの方のソロが入るなど,10分程度の曲にも関わらず,変化に富んだ曲想を楽しむことができました。

今回,どういう経緯でこの曲を選曲されたたのかは,分かりませんが(管楽器が参加できないので,冒険的な試みだったと思いますが),これからもこういう選曲に期待したいと思います。それと,この曲については,是非,アビゲイル・ヤングさんとオーケストラ・アンサンブル金沢にも演奏してもらいと思いました。

2018/07/07

2017/18 OEK定期公演マイスターシリーズのトリは,#アレクサンダー・リープライヒ さんの指揮。メタモルフォーゼンとジークフリト牧歌の対象的な気分に加え,「ベートーヴェンは爆発だ!」といった感じの新鮮な交響曲第1番。室内オーケストラらしい素晴らしい内容でした #oekjp

全国的に梅雨前線による大雨が続く中,2017/2018のOEK定期公演マイスターシリーズのトリとなる,アレクサンダー・リープライヒさん指揮による演奏会を聞いてきました。リープライヒさんは,毎年のようにOEKに客演している,ドイツ出身の「常連」指揮者です。

今回のプログラムは,マイスターシリーズの通しテーマ「ドイツ,音楽の街」にちなみミュンヘンがテーマでした。リープライヒさん自身,ミュンヘンで活躍されていたということがまずポイントになりますが,今回演奏された3曲の中では,特にリヒャルト・シュトラウスの「メタモールフォーゼン」がミュンヘンにちなんだ作品です。それに加えて,ワーグナーの「ジークフリート牧歌」とベートーヴェンの交響曲第1番が演奏されました。

今回の公演は,「協奏曲なし」で,シュトラウスについては弦楽合奏のみ,ワーグナーについては,管楽器が少なめ。さらにトリがベートーヴェンの交響曲第1番ということで,かなり地味目の内容でしたが,その分,室内オーケストラとしてのOEKの本領が発揮された公演だったと思います。

まず,前半に演奏されたメタモルフォーゼンですが,「23の独奏弦楽器のための」とサブタイトルに書かれているとおり,一見、普通の弦楽合奏のように見えながら,実は23人全員が独立したパートを弾くという独特の書法で書かた作品です。今回は,配置も変わっており,正面奥にコントラバス3人,上手側の奥にヴィオラ5人,その前にチェロ5人。下手側にヴァイオリン10人が並ぶというレイアウトでした。チェロ以外は全員立ったままで,「全員がソリスト」的な扱いになっていました。

この編成のとおり,小編成の割に中低音が充実しており,演奏全体にもほの暗い気分が漂っていました。そして,戦争の記憶についての「悲しみ」を秘めた,「滅びの美」のようなものが緻密に描かれていると感じました。途中,音楽がやや明るくなる部分でも,「タタタ・ター」というベートーヴェンの「英雄」の葬送行進曲を思わせるモチーフが執拗に繰り返され,色々な音が飛び交っていました。その立体感が素晴らしいと思いました。実演ならではの面白さでした。最後の部分では,本物の「葬送行進曲」のモチーフが出てきて,荘厳な感じで締めてくれました。確かに,重苦しい作品でしたが,その中に時折,シュトラウスならではの甘さが入り,「ビター&スイート」風味になっていたのも良かったと思いました。

続くワーグナーの「ジークフリート牧歌」の方は,ワーグナーにしては例外的に爽やかな作品です。妻ゴジマへの「朝起きたらびっくり。サプライズ誕生日プレゼント」ということで,冒頭から朝のすがすがしさがあると思いました。前半に演奏された「メタモルフォーゼン」とは対照的な澄んだ世界が広がりました。

この曲をOEKが演奏するのは,意外に少ないのですが,OEKにぴったりの作品です。透明感のあるクールな弦に,ソリスティックに管楽器が彩りを加える感じが最高でした。さらにホルンのソロが加わると,ワーグナーの楽劇の気分がほのかに漂うのも良いですね。最後の方ではトランペットも加わるのですが,他の楽器に溶け合いながらもしっかり聞こえてくる音色が素晴らしいと思いました。

全曲を通じて,平穏な世界をしっとりと描いた「誠実な思い」の籠もったプレゼントになっていたと思いました。

トリに演奏されたのは,ベートーヴェンの交響曲第1番でした。考えてみると,作曲された年代はだんだん古い作品になる並びのプログラム構成でしたが,古い作品ほど,編成が大きいというのが,とても面白いと思いました。そして,このベートーヴェンはトリにふさわしい聞き応えがありました。リープライヒさんの個性が大変よく現れた素晴らしい演奏だったと思います。

第1楽章の冒頭から,音楽全体にしなやかさ,力強さ,勢いがありました。リープライヒさんの指揮は過去何回か聞いてきましたが,常に音楽がビシッと引き締まっており,クールな雰囲気があります。その感じが実に新鮮でした。第3楽章は一応「メヌエット」楽章ですが,スケルツォそのものでした。トリオの部分の木管のハーモニーの部分が大好きなのですが,この部分での美しいレガートも素晴らしいと思いました。

この演奏では,バロックティンパニを使っていました。時折聞かせるその強烈な響きも大変効果的でした。第3楽章の後,その勢いのまま,アタッカで第4楽章に入っいましたが,その最初のティンパニの一撃には驚きました。第1交響曲にして「あっと言わせてやろう」というベートヴェンの気概が伝わってくるような力強さがありました。

全体の響きはクールで硬質だけれども,音楽の底には常に熱いものが流れている。そして時折,思いが爆発する。そういう感じの演奏だったと思います。

アンコールでは,モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲が演奏されました。ベートーヴェンの交響曲第1番に通じる,前向きで,カチッと引き締まった気分があり,この日のアンコールにぴったりだと思いました。

OEKは前日の夜(!)に名古屋公演を行い,その後,移動し,本日の午後に金沢公演を行ったのですが,大雨のせいで移動は大変だったのではないかと思います(楽器の搬送も)。関係者の皆様お疲れ様でした。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック