OEKのCD

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2018年3月4日 - 2018年3月10日 | トップページ | 2018年3月18日 - 2018年3月24日 »

2018年3月11日 - 2018年3月17日

2018/03/17

音楽監督としての最後の登場となる #井上道義 指揮OEK定期公演は,#反田恭平 さんとの共演によるプーランク+ハイドンの朝・昼・晩。充実感とサービス精神に溢れた演奏。最後にファンへのプレゼントのような素敵なアンコール。ありがとうございました #oekjp

井上道義さんのOEKの音楽監督としての最後の定期公演を石川県立音楽堂で聞いてきました。人気若手ピアニストの反田恭平さんも出演するとあって,非常に沢山のお客さんが入っていました。ホール全体にはどこか華やいだ雰囲気があり,節目となる記念すべき演奏会の内容も,よく晴れた天候と同様,大変晴れ晴れとしたものでした。

井上さんと反田さんが共演した曲は,プーランクのオーバードという作品でした。終演後のサイン会で,反田さんにお尋ねしたところ,井上さんからの提案で選曲されたとのことで,まさにOEKの編成にぴったり,かつ,反田さんの雰囲気にぴったりの作品でした。この日の井上さんは,最後ということもあってか非常に饒舌で,バレエ音楽でもあるこの作品のストーリーをとてもわかりやすく説明してくださりました。

ヴァイオリン抜きの変わった編成でしたが,室内楽編成のくっきりとした明快な響きと伸び伸びと闊達な反田さんのピアノとが相俟って,井上さんの語ったストーリーが鮮やかに表現されていました。特に主役ダンサーの少し諦めにも似た心情を表現したような,最後の部分での深い表現が特に印象的でした。

この曲は,井上さんにとっても反田さんにとっても,そしてOEKにとっても演奏するのが初めての作品でした。こういう曲を「最後の」演奏会に加える辺り,井上さんは常に前向きだなぁと感心します。そして,若い奏者を育てていこうとするスタンスも一貫しているなぁと思いました。

後半はハイドンの交響曲第6~8番「朝」「昼」「晩」が演奏されました。こちらも各曲ごとに,井上さんのトークを挟みながら演奏されました。解説なしでも気持ちよく楽しめる作品ですが,「ハイドンがエステルハージー候の下で働くようになって間もない若い頃に書いた曲で,優秀なオーケストラのメンバーを生かすためにソリスティックな部分が多い」とか「「朝」では日の出の様子や目覚めた人たちの様子を描写している」...といったことを聞いてから聞くとさらに楽しめます。解説を入れるかどうかは,好みが分かれるところですが,井上さんの「クラシック音楽を幅広い人たちに広めたい」というアウトリーチしようとする気持ちは,OEK在任中,ずっと一貫していたなと改めて思いました。

演奏の方は,ハイドンの意図どおり,オーケストラの首席奏者たちがソリスティックに活躍する部分の多い曲で,「ハイドン版オーケストラのための協奏曲」的な楽しさに溢れていました。特に活躍していたのは,コンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさん,チェロのルドヴィート・カンタさん,コントラバスのマルガリータ・カルチェヴァさん,そして,フルートの松木さやさんでした。特にヤングさんは,相変わらずの安定感でした。どの曲もちょっとした協奏曲を思わせるほど,出番が沢山ありました。「晩」の最後の楽章での急速で軽やかなパッセージ(嵐を描写した部分ですね)など,「ブラーヴォ!」と声を掛けたくなる鮮やかさでした。

フルートの松木さんのソロの出番も非常に多く,「朝」の第1楽章や第4楽章などを中心に,爽快な音をしっかり聞かせてくれました。「朝」と言えば,グリーグの「ペールギュント」を思い出しますが,「朝といえばフルート」の原点がこの曲かもしれませんね。

「最後の演奏会」としては,かなり異例な選曲だと思いますが,井上さんとしては,OEKとの共演の原点に立ち返ろうというと意図があったようです。井上さんがはじめてOEKと共演した時(本当の最初は,渡辺暁雄さんの代役でしたが)に演奏した曲がこのハイドンの「朝」でした。その時の「面白さ」を思い出すといったことを途中のトークで語っていましたが,この曲が,OEK音楽監督としての活動の原点にあったのだと思います(その後,「朝」「昼」「晩」としてもう一度取り上げています)。

今から200年以上前,ハイドンによってとても面白い曲が書かれた。それを現代の演奏会でさらに面白く聞かせたい。そのためにはOEKはぴったり,という気持ちを常に持っていたのだと思います。その「回答」が,本日の演奏だったのではないかと思います。

井上さんといえば,派手なパフォーマンスの印象も強いのですが,今回のハイドンの演奏を聞きながら,見事なバランス感覚だと思いました。曲全体として,お客さんがいちばん心地よく楽しめるような,リラックスした伸び伸びとした気分を作ると同時に,OEKメンバーにとっても最高のパフォーマンスを発揮できるような,しかし,スリリングな感じも失わないような...大変バランスの良い音楽作りだったと思います。井上+OEKの原点であり完成形となる演奏だったと思いました。

終演後は,今回で退任する井上さんだけでなく,定年になるカンタさん,そして,コントラバスのカルチェヴァさんに花束が贈呈されました。カルチェヴァさんは,客演の首席奏者として頻繁にOEKに参加していましたが,今回の演奏会を最後に,OEKを離れるとのことです(ご家庭の事情)。カルチェヴァさんは,笑顔が大変魅力的な方で,OEKのベースをしっかりと支えてくださっていたので,非常に寂しくなります。今回の花束は,本当にサプライズだったらしく,カルチェヴァさんも感極まっていました。その光景を見て,きっとOEKメンバーにも愛されていたんだろうなぁとしみじみ思いました。

そしてこの花束に応え,大勢のお客さんにプレゼントをするような形で,アンコールが演奏されました。ハイドンつながりで,「お別れ」と言えば,「告別」かなとも思ったのですが,そんな安易な選択ではなく,井上さんが愛した,非常に魅力的な小品が演奏されました。武満徹の「他人の顔」のワルツです。

この曲は岩城さん時代から,何回か演奏されてきた定番のアンコール曲ですが,本日の演奏は,格別にキザで(良い意味です),したたるように陶酔的な演奏でした。カルチェヴァさんの涙を見た後だったので,この演奏を聞きながら,お客さんの方にも涙は伝染していたようです(終演後の雑踏の中から,「泣けたわぁ」という主婦の方の声が聞こえてきました。)。

そして,井上さんの踊るような指揮姿を最後に目に焼き付けてくれました。途中,井上さんは指揮の動作を止め,OEKの作る音の流れに身を任せていましたが,いろいろな思いが去来していたのかもしれませんね。

OEKの音楽監督を退任するとはいえ,井上さんがOEKを全く指揮しなくなるというわけではないと思います。一つの節目ということになります。一時代を築いてくれた井上音楽監督に心から感謝をしたいと思います。ありがとうございました。

2018/03/16

#梨ばろっこ in 金沢アートグミ #アンサンブル30 によるバッハの「フーガの技法」をゆったりと全曲聞いてきました。

富山市を中心に活動している古楽アンサンブルユニット,アンサンブル30(さんじゅう)の演奏会が金沢市のアートグミで行われたので聞いてきました。今回の演奏会のポイントは,何と言ってもバッハの晩年の謎に満ちた大曲「フーガの技法」の全曲が演奏されたことです。それに加え,これまで行ったことのない会場,「アートグミ」にも興味がありました。

「初めて実演で聞く曲」「長い曲を全部」「初めての場所」という,私にとっては,「行ってみたくなる」条件が,しっかりと揃った演奏会でした。

バッハの「フーガの技法」については,何の楽器で演奏するかはっきりと指定されていないこともあり,色々な楽器で演奏されることがありますが,今回はアンサンブル30のメンバー8人(ヴィオラ・ダ・ガンバ4,バロックヴァイオリン,フラウト・トラヴェルソ,バロック・リコーダー,チェンバロ)+黒瀬恵さんのオルガンで演奏されました。

フーガ16曲,カノン4曲,そして,本来は「フーガの技法」からは外れるようですが,オリジナル版に終曲として載せられているコラール1曲の全20曲が演奏されました。途中休憩を入れて,約2時間,バッハのポリフォニーの世界に浸ってきました。

バッハといえば,厳しく厳格なイメージもあるのですが,アンサンブル30の皆さんの演奏は,古楽器で演奏していたこともあり,どこか穏やかで,急ぎすぎないおおらかさを感じました。特に4挺のヴィオラ・ダ・ガンバの作る音に穏やかな雄弁さがあり,全体のベースを作っていると思いました。

面白かったのは,ほぼ曲ごとに編成が違っていた点です。第1曲はヴィオラ・ダ・ガンバのみで演奏していましたが,その後,フラウト・ドラヴェルソ(横笛)やバロック・リコーダー(縦笛)が加わったり,バロック・ヴァイオリンが加わったり,地味ながら多彩な世界が広がっていました。研究の結果,バッハ自身は,チェンバロのために書いたと言われていますが,複数の声部を聞き分けるには,今回のように色々な楽器で分担する方が分かりやすいのではないかと思いました。

フーガ15曲の後,カノンが4曲演奏されましたが,こちらでは2人の奏者による,「差し」の演奏になっており,こちらも面白いと思いました。

そして,最後に「追いかけっこ」の世界から離れて,全楽器で,コラールがしっとりと歌われました。この何とも言えない解放感は,フーガの技法のトリに相応しいと思いました。

アートグミという会場はもともとは北國銀行内の会議室のような感じの部屋だと思いますが,しっかりと音が聞こえ,文字通り「室内楽」という感じのある部屋でした。金庫(今は使っていないと思いますが)の上の部分にバッハの肖像画が飾られている前での演奏というのは,かなり不思議な光景でしたが,アットホームな雰囲気のある室内楽用の会場として十分に使えると思いました。

アンサンブル30の皆さんは,通常は富山で活躍されているのですが,金沢にはこういった古楽アンサンブルはありませんので,是非また,別の切り口の古楽の演奏会を金沢で行ってほしいと思います。

« 2018年3月4日 - 2018年3月10日 | トップページ | 2018年3月18日 - 2018年3月24日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック