OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2018年5月27日 - 2018年6月2日 | トップページ | 2018年6月10日 - 2018年6月16日 »

2018年6月3日 - 2018年6月9日

2018/06/09

#川瀬賢太郎 指揮OEK定期公演 しっかり設計された見事な構成+熱気を持った「ライン」 #谷花音 さんのナレーション付きの #武満徹 #系図 は理想の名演では? ウルッと来ました #oekjp

9月からOEKの常任客演指揮者に就任する川瀬賢太郎さん指揮のOEK定期公演マイスターシリーズが行われたので聞いてきました。前回,川瀬さんがOEKを指揮した時は,現代曲中心のプログラムだったのですが(井上道義前音楽監督からのミッションだったとプレトークの中で紹介されていました),今回は,「いちばん好きなシューマンの「ライン」を持ってきた」とのことです。というわけで,9月の就任に向けての期待をさらに膨らませてくれるような演奏を聞かせてくれました。

その一方で,川瀬さんにとっては,「OEK=岩城さん時代から日本人現代作曲家を積極的に取り上げているオーケストラ」というイメージも持っており,その路線を踏まえて,前半は武満徹の後期の作品が2曲演奏されました。考えてみると,岩城宏之さんが亡くなられたのは,丁度6月の今頃でしたので,岩城さんに捧げる演奏にもなっていたと感じました。

最初に演奏された「波の盆」は,武満さんの曲の中でも特に美しい曲といわれている曲です。この曲はもともとはテレビドラマ用の音楽で,OEKもその主題歌(?)の部分をCD録音していますが,今回演奏されたのは,それよりはかなり長いもので,ドラマの色々な場面の音楽をつなげたような構成になっていました(プログラムに書かれていた演奏会用組曲版だったのかもしれません。この辺は,やや不明確でした)。

最初の一音から,「後期タケミツ・トーン」満載といった感じで,キラキラとした光としっとりとした音の流れとが,マイルドに解け合っていました。ゲストコンサートマスターの水谷晃さんを中心に,よく練られたサウンドを堪能できました。

続く,「系図」の方は,谷花音さんのナレーション付きで演奏されました。もともとはかなり大きな編成用の作品ということで,今回は,岩城さんがOEK用に編曲した「門外不出版」で演奏されました。プログラムにも,「ご遺族のご許可をいただき演奏」というコメントが付けられていました。

さてこの演奏ですが...谷花音さんのナレーションにすっかり参りました。武満さんも岩城さんも草葉の陰で涙を流しているのでは...と思わせるほど,パーフェクトな語りと雰囲気だったと思います。谷さんは,今14歳。水色のシンプルなワンピースで登場すると,何かそれだけで,「系図」の世界に空気が変わりました。

小柄な方だったので,もう少し幼く見えたのですが,コンサートホールのお客さんを前に,全く臆することなく,かといって,舞台慣れし過ぎている感じもなく,14歳の谷さんにできる最良の語りを聞かせてくれたと思いました。曖昧さがなくクリアで,どの言葉もはっっきりと耳に届きました。

谷さんは,子役として既に芸能界のキャリアを積んでいますので,プロの仕事として「少女役」を演じていたのだと思いますが,曲の雰囲気に本当にぴったりで,演じているか素のままなのか分からないような自然さがありました。

曲が始まり,最晩年の武満さんの音楽が聞こえてきただけで,胸に迫るものがありましたたが,「むかし,むかし」と谷さんのナレーションが始まると,これだけで,ウルッとなってしまいました。この曲を実演で聞くのは2回目ですが(1回目は岩城さん指揮OEK+吉行和子さんのナレーションによる,昔話風の味わいのある演奏),今回は全てに新鮮さを感じました。

最初,ホルンがくっきりと演奏するフレーズが,その後,フルートなどにたびたび出てくるのですが,こういった音楽が,「系図」の世界で描いている「家族崩壊」的な内容を優しく包み込んでいるんだな,と感じました,スチールドラムの演奏するモチーフも度々出てきましたが,こちらはちょっと不安げな気分を盛り上げているように思えました。

谷川俊太郎さんの詩には,「テレビではNG」的な言葉(漢字ドリルにもなっていますが...)が2カ所ほど出てくるので,個人的には,聞いていて少々恥ずかしい部分があるかなと思っていたのですが,谷さんのナレーションは,「表現読み」的なしつこさがなく,サラリとクリアしていました。

曲は「おじいちゃん」「おばあちゃん」「おとうさん」「おかあさん」と続きますが,何と言っても「おかあさん」の部分が泣かせます。最近,何とも言いようのない幼児虐待のニュースがありました。どうしてもそういうものと重ねてしまいたくなります。この部分の音楽と詩を聞きながら,子どもの言葉の純粋さ(または,純粋さの残っている子どもの言葉)の根源的な強さのようなものを感じました。

そして,最後の「とおく」。この部分で初めて,海の匂いを感じさせるようなアコーディオンの音がしっかりと登場します。何となく武満さんの音楽のルーツのように思える部分です。この透明感のある響きで,すべてが昇華されたように感じさせてくれます。

今回の演奏は,もしかしたら「2018年の今」でないと実現できない演奏だったのかもしれません。是非,谷さんには,将来いつかこの日の演奏会のことなどを思い出して欲しいものです。

後半演奏されたシューマンの「ライン」は,上述のとおり,川瀬さんの大好きな曲ということで,万全の演奏だったと思います。川瀬さんは「若手指揮者」だと思いますが,曲全体の設計をしっかりと構築した上で,エネルギーを要所要所で発散させるような老練さのようなものも感じました。お見事という演奏だったと思います。

第1楽章は,ゆったりとふんわりとした雰囲気で始まりました。強いアタックで始まるかなと予想していたので,「おっ」と思いましたが,何ともスケールの大きなラインの流れが始まりでした。その一方,力強く引き締めるような部分もあり,弛緩した感じはしませんでした。

その後の楽章も慌てすぎることなく,ラインの風景を楽しむような余裕のある,ニュアンス豊かな音楽が続きました。

第4楽章の「ケルンの大聖堂」の部分では,冒頭のトロンボーンを中心とした響きをはじめ,渋さと壮麗さの同居した音楽を楽しむことができました。先週,音楽堂のパイプオルガンの演奏を聞いたばかりだったので,この楽章をパイプオルガンで演奏しても面白いかもと想像しながら聞いてしまいました。各声部に次々とメロディが受け渡されていくような立体感を感じました。

最終楽章もじっくりとした雰囲気で始まりましたが,最後の部分でしっかりエネルギーを解放していました。川瀬さんは,広上淳一さんのお弟子さんということになりますが,今回の指揮振りをみて,しっかりとエネルギーをため込んだあと,ここぞというとき強く発散させる辺りに共通する部分があるのではと思いました。また音楽全体に漂う「格好良さ」は,井上道義さんに通じる部分があるなと思いました。

というわけで,川瀬さんへの期待がますます高まった公演でした。川瀬さんは,6月12日に小松市でチャイコフスキーの交響曲第5番なども指揮されますが(OEKが単独で演奏するのは大変珍しい曲です),是非,こちらも聞きに行ってみようと思います。

« 2018年5月27日 - 2018年6月2日 | トップページ | 2018年6月10日 - 2018年6月16日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック