OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2018年7月22日 - 2018年7月28日 | トップページ | 2018年8月19日 - 2018年8月25日 »

2018年7月29日 - 2018年8月4日

2018/07/31

#マルク・ミンコフスキ 指揮OEKの ドビュッシー #ペレアスとメリザンド 公演@石川県立音楽堂。ボルドー直輸入の映像の力が圧倒的。歌手も万全。謎は謎のままだけれども説得力十分の演奏。 #oekjp

9月からオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の芸術監督の就任する,マルク・ミンコフスキさん指揮による,ドビュッシーの歌劇「ペレアスとメリザンド」の公演が石川県立音楽堂コンサートホール行われたので聞いてきました。この公演は,今年1月,ボルドー国立歌劇場で行われた公演を,ほぼそのまま持ってきた公演ということで,ミンコフスキさんの「就任記念」公演に相応しい内容でした。

今回は,「ステージ・オペラ形式」ということで,オーケストラがピットに入るのではなく,ステージに乗ったまま,その周辺で,歌手たちが歌い,演じるというスタイルでした。ボルドー公演の内容は知らないのですが,今回の公演は,映像を大々的に使っていた上,衣装の方は通常のオペラと同様でしたので,通常のオペラを観たのと同様の印象が残りました。「ペレアスとメリザンド」は,メーテルランクの象徴主義文学が原作ということで,具体的な大道具などを使って上演するのは,むしろ変な気がしますので,今回のような,半分抽象的な映像を使った演出は,この作品の性格にぴったりなのではと思いました。

何よりも,ステージ上で演奏することで,オーケストラの音や細かいニュアンスがしっかりと聞こえてくるのが良かったと思います(何と言っても「定期公演」なので)。さすがに長い作品でしたが,映像の力と相俟って,全く退屈することなく,ドビュッシーとメーテルランクの世界を楽しむことができました。

ミンコフスキさん指揮OEKは,冒頭の前奏部分から大変じっくりと演奏していました。映像を使っていたこともあり,場面ごとの切り替えに時間がかからず,音楽の流れも非常にスムーズでした。

スクリーンはステージ奥と,ステージ前(オーケストラの前)の2カ所にありました。前の方のスクリーンは,可動式の半透明(?)なので,オーケストラが透けて見えます。この2つを組み合わせることで,本当に多彩なイメージが広がっていました。映像の色合いは,基本的にモノトーンで,「森」「泉」「城」といった,メーテルランクの原作で象徴されているものが映像として投影されていました。映像の方は,動画になっており,時々揺らぎがあるのが面白い効果を出していました。

そして,公演ポスターのビジュアルにも使われていたとおり,人の顔(特に目の部分)のアップも随所に使われていました。ストーリーの中には,見つめ合うシーンや,覗いたりするシーンがありますが,そのことを象徴していたのかもしれません。

この映像については,音楽と連動して鮮やかに変化する部分もありました。特に印象的だったのは,第2幕第3場,洞窟の中に月明かりが刺すシーンで,音楽の効果と相俟って陶然としてしまいました。ドラマ展開のヤマ場と言っても良い,ゴローがペレアスを刺す場では,映像が赤く変わっていました。ここまでモノトーン中心だったので,非常にドラマティックに感じられました。

メリザンドが塔の上で髪の毛を垂らす場,ペレアスとメリザンドの「愛のシーン」などでは,「長い髪」が見事に映像化されていました。石川県立音楽堂コンサートホールのオルガンステージも効果的に使っており,「このホールにぴったりの演出(少し小林幸子風?)だな」と思いました。

今回の歌手の皆さんも素晴らしい歌を聞かせてくれました。主役のメリザンドとペレアスは,若いイメージの役柄です。特にメリザンドの方は,半分,妖精のようなイメージがあります。キアラ・スケラートさんの声には,瑞々しさの中に落ち着きがあり,安心して楽しむことができました。スタニスラフ・ドゥ・バルベラックさんによるペレアスは,より直線的で,大変瑞々しい声でした。2人とも,これから,どんどん活躍の場を広げていくことでしょう。

ゴローについては,この人が出てくるとドラマが巻き起こる感じで,意外にヴェリズモ・オペラに近いキャラクターなのではと思いました。アレクサンドル・ドゥハメルさんの声は説得力&迫力十分でした。国王アルケルについては,原作を読んだ感じでは,非常に老いたキャラクターだと思っていたのですが,ジェローム・ヴァルニエさんの歌は,どこか知的で,「いいこと言っているなぁ」という感じの賢者という印象を持ちました。その他の歌手たちも,オペラの雰囲気にぴったりだったと思います。

全曲を通じてみると,映像の力で分かりやすくなっていたとはいえ,色々と謎な部分はあります。メリザンドの死因は?その後,ゴローはどうなる?ゴローとペレアスの父はいるのか?...そういった謎を謎のまま残しつつも,音楽の方は安らかな和音で解決しているのが面白いところです。

それにしても,この最後の部分の雰囲気は素晴らしいと思いました。管楽器のデリケートな弱音が続くので,管楽器奏者の皆さんはプレッシャーだったと思いますが,精緻さと温かみが合わさったような音世界は,ミンコフスキさんならではなのかな,と思いました。

というわけで,初「ペレアスとメリザンド」をしっかりと楽しむことはできましたが,やはり,オペラは総合芸術ということで,音楽のウェイトが相対的に下がります。芸術監督就任後については,先日の記者会見で語っていたとおり,オペラ公演に期待する一方で,是非,次回はミンコフスキさん指揮による,古典派の交響曲などをストレートに聞いてみたいものだと思いました。

« 2018年7月22日 - 2018年7月28日 | トップページ | 2018年8月19日 - 2018年8月25日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック