OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2018年1月21日 - 2018年1月27日 | トップページ | 2018年2月4日 - 2018年2月10日 »

2018年1月28日 - 2018年2月3日

2018/02/03

#井上道義 指揮OEK定期はショスタコーヴィチ,メンデルスゾーン,ヒンデミットを詰め込んだ充実のプログラム。特に #クニャーゼフ さんと共演したチェロ協奏曲第1番は底知れぬ凄みを持った記憶に残るような演奏 #oekjo

本日の午後は,井上道義さん指揮によるオーケストラ・アンサンブル金沢の定期公演マイスターシリーズを聞いてきました。井上さんは,3月いっぱいで音楽監督を退任することが決まっていますので,音楽監督として最後のマイスターシリーズということになります。

そのことを反映してか,非常に盛りだくさんで,編成も多彩。聴き応え十分の定期演奏会となりました。最初にヒンデミットの「エロスとプシュケ」序曲が生き生きと演奏された後,ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番,メンデルスゾーンの八重奏曲,ヒンデミットの交響曲「画家マティス」が演奏されました。どの曲も30分ぐらいの長さで聴き応え十分。井上道義さんの一押しの曲をずらっと並べたプような充実プログラムでした。

特に2曲目に演奏された,チェロのアレクサンドル・クニャーゼフさんと共演したショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番は,OEKの定期演奏史に残るような凄い演奏だったと思います。

曲の最初,いきなりクニャーゼフさんのチェロがゴツゴツとした感じで登場。まず,その音の凄みに一気に引きつけられました。何というか根源的な強さを持ったような音で,一見泥臭い雰囲気の中から,底知れぬ奥深さのようなものが伝わってきました。

第2楽章後半から第3楽章にかけては,チェロ協奏曲としては異例なほど長いカデンツァ風の部分になります。ちょっとしたピツィカート一つ取っても意味深さがあり,クニャーゼフさん自身の人生であるとか,ソ連~ロシアの歴史のようなものまで連想させるようなスケールの大きさを感じました。この部分の最後では,「技巧を超えたような技巧」といった独特の凄みのある雰囲気になりました。

この演奏を盛り上げるOEKの演奏も素晴らしいものでした。特にホルンはチェロの次に出番が多い感じで,朗々とした音で曲にアクセントを付けていました。ホルンは1本だけでしたので,ピアノ協奏曲第1番のトランペット的な役割に近い気もしました。演奏は,エキストラの女性奏者でしたが,クニャーゼフさんと対照的な真っ直ぐな音を聞かせてくれました。要所要所で,バシッと入るティンパニも効果的だったと思います。

曲は第4楽章の後半からは,第1楽章の再現のようになって,力強く終了します。この曲を実演で聞くのは...調べてみると約20年ぶりのことでしたが,改めて名曲だと思いました。

演奏会の後半は,メンデルスゾーンの八重奏曲で始まりました。この演奏は指揮者なしで,オリジナルどおりの8人編成で演奏されました。この日のゲスト・コンサートミストレスは,ベルリン・フィルの町田琴和さんで,この演奏も町田さんのリードで演奏されました。この曲については,音楽堂の交流ホールなどでは何回か聞いたことがあります。間近で聞くと,編成の大きな室内楽だけあって,いつも「熱さ」を感じていたのですが,今回はコンサートホールでの演奏ということで,より伸びやさを感じました。演奏全体に余裕があり,「大人のメンデルスゾーン」といった気分を感じました(ちなみに,この作品はメンデルスゾーン16歳の時の作品,というのも驚くべきことです)。

井上道義さんは,「大編成の曲も小編成の曲も入れられるのがOEKの魅力」と語っていました。確かにそのとおりです。演奏会の「箸休め」...というには立派な演奏でしたが,ショスタコーヴィチとヒンデミットという,やや疲れる曲の間に聞くには絶好の選曲だと思いました。

# その一方,この曲については弦楽合奏版というのもあるので,それを聞いてみたかったという思いもありました。

最後に演奏されたヒンデミットの「画家マティス」は,曲名は有名なのですが,実演ではあまり演奏されない気がします。私自身,実演で聞いたのは今回が初めてでした。聞いた印象は,「CDで聞くより,ずっと楽しめる。ヒンデミットは聞き映えがする」というものでした。通常のOEKの編成にかなりの数のエキストラが加わっており(第2ヴァイオリン以下の弦楽器を2人ずつ増強,ホルンを4人に増強,トロンボーン3本,テューバ1本を追加,打楽器4人ぐらいでしょうか),強奏したときの音に安定感と芯の強さがありました。

曲は中世の宗教画からインスパイアされた3つの楽章から成っています。宗教画の雰囲気にふさわしく,ロマンティックになりすぎずに色彩感を感じさせてくれるたが良いと思いました。各楽章ともに違った雰囲気がありましたが,やはり,金管楽器を中心に華やかに盛り上がる第3楽章がいちばん聞き映えがしました。

ヒンデミットについては,もっと地味で難解な印象を持っていたのですが,オーケストラの響きに浸る喜びを感じさせてくれるような曲でした。さらに井上/OEKの演奏には,交響曲という名前に相応しい密度の高さもありました。伸びやかさだけではなく,和音の美しさであるとか,各楽器のソロの受け渡しであるとかに,バランスの良さがあるのが良いと思いました。

美しいメロディが次々出てくる,といった曲ではないので,確かに親しみにくい部分もあったのですが,もっと評価されて良い作曲家だと思いました。ヒンデミットの曲では「ウェーバーの主題による交響的変容」あたりも,そのうち聞いてみたいものです。

井上道義さんの音楽監督としての在任期間も残りわずかとなってきましたが,本日の演奏は,最高の置き土産になるような演奏ばかりだったと思います。

2018/01/30

「原田智子バッハを弾く」 さりげなく凄い,原田さんの無伴奏ヴァイオリンの世界に浸ってきました。

オーケストラ・アンサンブル金沢のヴァイオリン奏者,原田智子さんのリサイタルが,金沢市アートホールで行われたので聞いてきました。今回のプログラムは全部バッハ。その無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータの中から3曲が演奏されました。

原田さんのリサイタルは,過去に何回か聞いたことはあるのですが,「最初から最後までヴァイオリン1本だけ」というのは今回が初めてかもしれません。金沢で,バッハの「無伴奏ヴァイオリン」がまとめて演奏される機会は,少ないので,平日の夜でしかも雪が降っていたのですが,聞きに行くことにしました。

演奏の方は,この演奏会のタイトルである「原田智子バッハを弾く」そのまんまでした。原田さんは,予定調和的ではない,オリジナリティにあふれ,しかも説得力十分のバッハを弾ききっており,大変聞き応えがありました。

演奏された曲は,ソナタ第2番,パルティータ第2番,ソナタ第3番の3曲でした。パルティータ第2番の最後の楽章の「シャコンヌ」が特に有名ですが,すべての曲のすべての瞬間に原田さんの個性が出ていると感じました。この日配布されたプログラムには,原田さん自身が執筆した,大変分かりやすく,しかも内容のある素晴らしい解説が掲載されていました。演奏の方にも,その文章に通じるような,バッハに対する思い入れが反映されていると思いました。そして,それに見合った個性的な表現が取られていました。

原田さんの演奏には,のびのびとメロディを歌わせるというよりは,研ぎ澄まされた音を語るようにじっくりと積み重ねていくような趣きがありました。音楽がすっと流れていくというよりは,常に何かを語っているように感じました。ヴァイオリンの音はとてもよく鳴っていたのですが,たとえば,有名な「シャコンヌ」などでも,熱く燃えたぎるような感じにはならず,常にしっかりとコントロールされているような知的な雰囲気がありました。

表現の幅もとても広く,いくつかある弾き方の中から,「これだ」というスタイルを吟味して演奏していると感じました。ややぶっきらぼうな感じで強い表現を感じさせたり,曲の最後でフッと終わって虚無的な空気を漂わせたり,たとえば,ギドン・クレーメルあたりの演奏に通じるような現代性を感じました。センチメンタルでロマンティックな甘さとは別世界の,さりげなく凄いバッハでした。

各曲とも繰り返しをしっかり行っていたせいか,演奏時間がかなり長く,その点では少々疲れたのですが,それは心地よい疲労感でした。演奏後の原田さんは,何もなかったように平然とニコニコされていました。このように「さりげなく凄い」原田さんのバッハの世界を堪能できた公演でした。この際,無伴奏の「残りの3曲」の演奏会にも期待したいと思います。

2018/01/28

ソプラノの #直江学美 さんとパイプオルガンの #黒瀬恵 さんに,N響コンサートマスター #篠崎史紀 さんが加わった演奏会を シュトラウスの「4つの最期の歌」を中心に安らぎに満ちた音楽に浸ってきました

1月後半の恒例になりつつある,ソプラノの直江学美さんとパイプオルガンの黒瀬恵さんに,NHK交響楽団のコンサートマスター,篠崎史紀さんがゲストで加わるコンサートが行われたので,聞いてきました。

今回のテーマは「アール・ヌーボーの世界」ということで,19世紀から20世紀前半の,ロマン派末期作品,もっと限定して言うと,リヒャルト・シュトラウスの「4つの最期の歌」を中心としたプログラムが演奏されました。20世紀前半は,いわゆる「現代音楽」など無調の音楽が出てきた時代ですが,シュトラウスのこの曲は,1950年,死後に出版された作品です。時代の流れに逆らうように(時代のことは考えていなかったのだと思いますが),後期ロマン派音楽の残照を思わせるような気分を持った,美しい作品です。この曲を一度実演で聞いてみたかったというのが,聞きに行った大きな理由です。

今回は,ソプラノ,ヴァイオリン,パイプオルガンという,このコンサートのためのオリジナル編成・編曲で演奏されましたが,豊穣な響きを保ちながらも,晩年ならではの簡潔なスタイルで書かれたこの曲の魅力がしっかりと伝わってきました。ガタガタの雪道の運転で少々疲れ気味だったのですが,すっかり癒されました。

直江さんの声は,ソプラノではあるのですが,しっとりとした落ち着きがあるので,晩年のシュトラウスの曲のムードにぴったりでした。特に後半の2曲は,ずっと浸っていたいような心地よさがありました。直江さんにしっかりと寄り添う,篠崎さんのヴァイオリンも見事でした。4曲目の最後の部分での鳥の声を思わせるトレモロの繊細が絶品でした。そして,全体を包み込む黒瀬さんのオルガン。オルガンの響きが加わることで,3曲目などは,どこか宗教曲を思わせる祈り気分があるなぁと思いました。

篠崎さんは,途中のトークで「この曲はベスト3に入るぐらい好きな曲。3曲目は私の葬儀の音楽として使って欲しい」と語っていましたが,そのことがよく分かる演奏でした。

前半はソプラノとオルガン,ヴァイオリンとオルガン,オルガン独奏,と変化に富んだ内容になっていました。この中で,特に印象的だったのは,篠崎さんがじっくりと演奏した,ヴィターリのシャコンヌでした。「1900年頃のムード」という意味では,ヴァイオリンが趣味という設定になっているシャーロック・ホームズが,「もしもシャコンヌを弾いたら?」という雰囲気があると思いました。長いコートをひるがえしての演奏が格好よかったですね。

それと直江さん,黒瀬さんのドレスも素晴らしいものでした。直江さんは,地元石川の素材を生かしたドレス,黒瀬さんの方もお母さんからもらった着物をリメイクしたドレス。何というか,石川県を音楽で活性化するとしたら,こういうのもありだなぁと思いました。会場の雰囲気もとても和やかで,お二人の活躍がすっかり定着していることを実感しました。

次回はどういう切り口のコンサートになるのでしょうか?カニがある限り(?),篠崎さんは冬の金沢には来られるようなので,是非,次回にも期待したいとと思います。

« 2018年1月21日 - 2018年1月27日 | トップページ | 2018年2月4日 - 2018年2月10日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック