OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2019年最初のOEK定期は,フォルクハルト・シュトイデさんの弾き振り&リードによるモーツァルトとシュトラウス・ファミリーの音楽。新年らしい清新さと上品な華やかさのある演奏。今年も色々な公演を楽しめそうです。 #oekjp | トップページ | OEK初登場の #ポール・エマニュエル・トーマス さん指揮, #松田華音 さんのピアノによるOEK定期公演。ラヴェル「マ・メール・ロワ」バレエ版の魅力を堪能。ラヴェルのピアノ協奏曲での松田さんのピアノも魅力的 #oekjp »

2019/01/20

#森山開次 新演出 #井上道義 指揮OEKによるモーツァルト「#ドン・ジョヴァンニ」を #オーバード・ホール で鑑賞。両人の思惑がピタリとはまった,非常に完成度の高い上演。このオペラは,色々な演出に耐えられる不朽の名作と実感 #oekjp

本日は午後から富山まで遠征し,森山開次新演出,井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)による,モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」をオーバード・ホールで観てきました。これまで金沢でOEKは,「フィガロ」「魔笛」「コジ・ファン・トゥッテ」を上演したことはありますが,「ドン・ジョヴァンニ」は未上演。モーツァルトの作品の中でも,特別な位置を締める名作だけれども,実演で観たことがなかったこともあり,高速バスに乗って観にいくことにしました。

今回の上演は,10名のダンサーを随所で活用した日本語による上演という点に特徴がありました。総監督の井上さんと演出・振付の森山さんとしては,オペラに溢れるエネルギーを美しく表現し,普通のドラマを楽しむように分かりやすく作品に入り込めるようにしたい,という狙いがあったと思いましたが,その思惑どおりの完成度の高い上演になっていたと感じました。やはりこのオペラは不朽の名作だと思いました。

それを支えていたのは,まず何よりも,それぞれのキャラクターにぴったりの歌手の皆さんの歌唱力だったと思います。

今回の私の座席は,例によって「いちばん高い(場所にある)席」だったので,声がやや遠く感じる部分はあったのですが,すべての歌手の歌詞がとてもよく聞こえました。これはオーバードホールの残響が石川県立音楽堂コンサートホールほど長くないことによると思いますが,字幕なしでもストレスなく理解できました(今回,英語対訳の字幕も付いていたのが面白かったですね)。

ドン・ジョヴァンニのヴィタリ・ユシュマノフさんの日本語は,井上さんがチラシ等で書かれていたとおり「ペラペラ」の流ちょうさ。ツェルリーナを誘惑したり,セレナードを歌ったりする場での柔らかな声に特にリアリティがありました。特にセレナードの方は,文語調の日本語で歌うと「明治時代の歌」のような,ちょっと現実離れしたような「いい感じ」になっていました。この曲の時の伴奏の,マンドリン伴奏+弦楽器少しという楽器の使い方は,さすがモーツァルトといった感じでした。

レポレッロ役の三戸大久さんは,体型的にもユシマノフさんと良いコントラストで,この作品のコメディ的な部分をしっかり盛り上げていました。昨年5月の金沢の楽都音楽祭では,ドン・ジョヴァンニのアリアを聞きましたが,そのとき同様の余裕のある声が見事でした。

このオペラで,ドン・ジョヴァンニ同様にポイントとなるのが,3人のキャラクターの違うソプラノです。プログラム解説等に書いてあったとおり「女性の3つの側面」を見事に表現しており,オペラに立体感を作っていました。

ドン・ジョヴァンニに父親を殺害され,自分も口説かれたドンナ・アンナは,悲劇の女性といったムードがあります。髙橋絵理さんは,抜擢だったと思うのですが,その声には,気品と瑞々しさがあり,第2幕に出てくる長いアリアなどをたっぷりと楽しませてくれました。

ドン・ジョヴァンニの元恋人のドンナ・エルヴィーラは,別の女性が騙されそうになると止めに入るような,ドン・ジョヴァンニにとっては天敵のような役柄です。鷲尾麻衣さんの歌唱には,天敵でありながら,どうしても忘れられず,ドン・ジョヴァンニの命乞いまでしてしまうような,母親的な暖かみのようなものを感じました。

マゼットと結婚式を上げたばかりなのに,ドン・ジョヴァンニに誘惑されるツェルリーナ役は,井上さん指揮のオペラでは常連と言って良い小林沙羅さん。上記2人よりも軽い声で,登場しただけで爽やかな空気感が漂っていました。ツェルリーナは,マゼットを慰めつつも,実は手玉にとっているような感じもあるのですが,小林さんの癒やしに溢れた声を聞きながら,マゼットが惚れるのも当然も感じました。近藤圭さんの演じるマゼットの実直な感じも良いと思いました。

ドン・ジョヴァンニ以外の男声の方はやや影が薄くなるようなキャラクターになっているのですが,そのの中でドンナ・アンナの婚約者,ドン・オッターヴィオ役の金山京介さんのまっすぐ正面を見て歌うような誠実さに,妙に訴えかけてくる力があると感じました。もしかしたら日本語の力かなと思いました。

そして最初の最後に出てくる,騎士長役のデニス・ビシュニャさん。まさにオペラ全体の重石のようなスケールの大きな声を聞かせてくれました。

これらのキャストに加え,舞台セットが素晴らしかったですね。ステージの奥に一段高いステージがあり,その両側から赤絨毯の敷かれた階段(あとで写真を見ると,絨毯ではないようですね。ただし,イメージとしては赤絨毯の雰囲気でした)が2本伸び,それが客席まで続いていました。オーケストラは,純粋なピットというよりは,客席に張り出した前方のステージと通常のステージの間のスペース入っている感じで,恐らく通常のホールでも上演できるような感じでした。

このように高低差と奥行きのある構成だったので,場面に応じて多彩な使い方をしていました。宴会の場でのゴージャス感や最後の地獄落ちの場面での,騎士長役の威圧感を見事に演出していました。モーツァルトの音楽は,それぞれのアリアも素晴らしかったのですが,各幕切れのアンサンブルの部分が特に面白いと思いました。今回,立体感のあるステージを使っていたのに加え,音楽にも立体感があり,観ていて「なんだかすごい世界が広がっているなぁ」という感じにさせてくれました。

これだけでもすごいのですが,これに各場面に対応して,10人のダンサーによるモダンな感じのダンスが加わります。一種,「動く大道具」のような役割を果たしている部分もあり,場面展開をダンスで演出しているようでした。

オペラの最後の部分は,オリジナルだと「残された3人の女性」がこれからどうします,といったことを歌う部分があるのですが,今回はその部分はカットし,ドン・ジョヴァンニの地獄落ちを「しっかり確認する」という形で,スピーディーに結んでいました。オリジナル版も観たい気はしましたが,「この締め方で納得」という終わり方だったと思います。

やはり,このホールだと,オーケストラの音を聞くにはややデッドな感じは残ったのですが(だんだん耳が慣れてきましたが),それ以外については,非常に完成度の高い上演だったのではないかと思いました。森山さんは金沢にも縁のある方ですので,是非,他のオペラの演出・振付にも(驚くべきことに今回が初だったんですね)挑戦していって欲しいものです。

« 2019年最初のOEK定期は,フォルクハルト・シュトイデさんの弾き振り&リードによるモーツァルトとシュトラウス・ファミリーの音楽。新年らしい清新さと上品な華やかさのある演奏。今年も色々な公演を楽しめそうです。 #oekjp | トップページ | OEK初登場の #ポール・エマニュエル・トーマス さん指揮, #松田華音 さんのピアノによるOEK定期公演。ラヴェル「マ・メール・ロワ」バレエ版の魅力を堪能。ラヴェルのピアノ協奏曲での松田さんのピアノも魅力的 #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年最初のOEK定期は,フォルクハルト・シュトイデさんの弾き振り&リードによるモーツァルトとシュトラウス・ファミリーの音楽。新年らしい清新さと上品な華やかさのある演奏。今年も色々な公演を楽しめそうです。 #oekjp | トップページ | OEK初登場の #ポール・エマニュエル・トーマス さん指揮, #松田華音 さんのピアノによるOEK定期公演。ラヴェル「マ・メール・ロワ」バレエ版の魅力を堪能。ラヴェルのピアノ協奏曲での松田さんのピアノも魅力的 #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック