OEKのCD

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/26

恒例のOEKメンバーによる #ふだん着ティータイムコンサート を金沢市民芸術村で聞いてきました。例年通り色々な作品を楽しめましたが...特にヴォーン・ヒューズさんを中心とした”ジャズ・オーケストラ”が最高でした

5月にしては異例の暑さの中,日曜日の午後,金沢市民芸術村で行われた,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)メンバーによる「ふだん着ティータイムコンサート」に参加してきました。

全体の構成は例年どおりで,14:00からオープンスペースで「子どものためのコンサート」が行われた後,15:10から18:00まで,休憩2回を入れて,室内楽コンサートが行われました。

子どものためのコンサートは,例年どおり,多くの子ども連れのお客さんが入っていました。毎回司会は,昨年度までOEKのファゴット奏者だった柳浦さんが担当されていましたが,今年はオーボエの加納律子さんの担当でした。明るい雰囲気で,ゆったりと進行されており,とても良かったと思いました。

「指揮者体験コーナー」では,今年は2歳の指揮者が登場していましたね。課題曲の中に,ハンガリー舞曲第5番が入っていましたが,曲のコンセプトどおりの(?)緩急自在のテンポで楽しませてくれました。このコーナーの最後は,「さんぽ」の演奏+合唱でおしまい。

室内楽コンサートの方は,例年にも増して,色々な曲が含まれており,とても楽しめました。オーボエやファゴットの四重奏曲の心地良い古典的な気分。弦楽四重奏からチェロが抜けた編成のドヴォルザークのテルツェットの陶酔的な心地よさ。チェロの大澤さんの独奏による,ソッリマという作曲家の不思議な作品(声も入っていました)。チェロ・パート3人による,穏やかな重厚さのあるドッツァウアーという作曲家の小品集...知名度の高い曲は少ないのに,どの曲も楽しむことができました。

その中で特に楽しめたのが,フンパーディンクのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の木管五重奏編曲版でした。ストーリーに沿って,5人の奏者が持ち回りでナレーションを入れながら演奏するという大変面白いものでした。もともとは英語版だったのをヴァイオリンのトロイさんが日本語に訳してくれたものとのことでしたが(後で加納さんに教えていただきました),このオペラの雰囲気がしっかり伝わってきました。それと演奏が本当に生き生きとしていました。

そして最後のコーナーで演奏された,ヴォーン・ヒューズさんのエレキギター(ヴァイオリンも演奏していましたが)を中心とした,小編成オーケストラによる,ジャズコーナー。この編成で聞くのは初めてだったのですが,「最高」でした。ゆったりとリラックスしたムードが溢れる,晴れた日曜の午後に聞くのにぴったりの演奏でした。

渡邊さんのドラム,今野さんのベース,ヒューズさんのギターの音に弦楽セクションの音が重なるサウンドは,ジャズとクラシック音楽とが見事に融合した「癖になりそうな快適サウンド」だったと思いました。どなたのアレンジなのでしょうか?この際,グループ名を付けて,時々,金沢市民芸術村で定期演奏会をして欲しいぐらいでした。

# Jazz Orchestra Ensemble Kanazawa でどうか?と思ったのですが...略すると JOEKでNHKのコールサインのようになってしまいますね。ちなみにNHK金沢放送局はJOJKです。

というわけで,今年もまたゆったりと(長時間なので少々腰が痛くなるのですが)OEKメンバーによる手作りの音楽を楽しませていただきました。

2019/05/25

OEKの #ソンジュン・キム さんと #ダニエリス・ルビナス さんによる「きらめきコンサート:魅惑のチェロ&コントラバス」を #金沢市立安江金箔工芸館 で聞いてきました。この2つの楽器でこんなに多彩で迫力のある音楽を作れるのだなぁと感激。内容の詰まった1時間でした。


本日は全国的に夏のような暑さになっています。金沢も快晴で恐らく30度ぐらいあったのではないかと思います(ただし,それほど湿気は高くないですね)。その中,金沢市立安江金箔工芸館で行われた,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)のチェロ奏者,ソンジュン・キムさんとコントラバス奏者,ダニエリス・ルビナスさんの二重奏の演奏会を聞いてきました。

その内容ですが,予想を上回る充実度でした。予定時間の1時間,ぎっしりとチェロとコントラバスの音が詰まった,素晴らしい内容でした。会場は,工芸館の入口入ってすぐ横の多目的展示ホールでした。非常に間近で聞けたこともあり,お二人の素晴らしい音の迫力に包み込まれました。

もともと,チェロとコントラバスのための作品というのはほとんどないので,大半は別の編成からの編曲だったのですが,テレマンなどのバロック時代の作品から,20世紀の音楽まで。各楽器の超絶技巧を聞かせる曲。各楽器の独奏...という感じで多彩な作品が選ばれていました。

キムさんのチェロは,後半の曲に行くほど音の輝きが増し,歌が熱くあふれ出てくるようで,会場の「金箔」のイメージに重なるような「黄金のチェロ」を聞かせてくれました。ルビナスさんのコントラバスは,まず,その音の深さに圧倒されました。ボンとピツィカートを演奏するだけでも多彩なニュアンスがあることが分かりました。

最後にこの編成の曲ではいちばん有名な曲である,ロッシーニのチェロとコントラバスのための二重奏で締められました。ダイナミックな動きやユーモアな気分を交えた,緩急自在の音楽を楽しませてくれました。

本日の演奏を聞いて,この2つの楽器で,こんなに多彩で迫力のある音楽を作れるのだなぁと感激しました。内容のぎっしりと詰まった充実の1時間でした。

2019/05/19

第18回北陸新人登竜門コンサート:声楽部門は,4人の女声歌手の共演。過去最高の華やかさだったかも。#川瀬賢太郎 指揮 #oekjp によるイタリア交響曲も新緑の季節にぴったりの美しさ。山下千愛 前澤歌穂 高野百合絵 髙橋美咲

本日は,連休後恒例の北陸新人登竜門コンサートを聞いてきました。今年は,声楽部門でした。毎年,北陸ゆかりの若手アーティストとOEKとが共演をするのですが,今年は女声歌手4人との共演ということで,もしかしたら過去最高の華やかさがあった気がします。そして,4人の歌手が競うように,非常にレベルの高い歌唱を聞かせてくれました。ブラーヴォの複数形のブラーヴィ!という公演だったと思います。今回から,「管・打・声楽部門」から「声楽部門」に部門が組み替えられたのですが,その効果が十分出ていた気がしました。

今回出演した4人の歌手は次の皆さんです。バランス良く福井,石川,富山の各県出身者が揃いました。

・山下千愛(ソプラノ)福井県出身

・前澤歌穂(メゾソプラノ)石川県出身

・髙橋美咲(ソプラノ)富山県出身

・高野百合絵(メゾソプラノ)富山県出身


山下さんの歌ったモーツァルトのモテット「踊れ喜べ、汝幸いなる魂よ」はOEKも何回か演奏していますが,ドニゼッティとベルリーニについては,石川県で聞く機会が多くありません。今回,イタリアのベルカント・オペラのコアと言っても良い,この2人の作曲家のアリアをじっくり聞けたのが特に良かったと思いました。次の曲です。

ドニゼッティ/歌劇「アンナ・ボレーナ」~このような手に負えぬ炎は(前澤さん)
ベッリーニ/歌劇「カプレーティ家とモンテッキ家」~ああ、幾たびか(髙橋さん)
ドニゼッティ/歌劇「ラ・ファヴォリータ」~私のフェルナンド(高野さん)

それにしても4人の方の歌は見事でした。山下の非常に新鮮な声。前澤さんの艶と力のある声。髙橋さんの歌からは,気持ちの陰影がしっかり伝わってきました。最後の高野さんはそのステージに立つ姿からプリマドンナといった華やかさがあったのに加え,深さと伸びやかさのある声を楽しむことができました。

曲としては,髙橋さんの歌ったベルリーニのアリアが,ホルンやハープの聞かせどろこが存分にあり,特に良い曲だなぁと思いました。石川県でベルリーニやドニゼッティの作品が演奏される機会は少ないのですが,今回のお客さんの反応を見ていると,是非一度,OEKの演奏でオペラの全曲を聞いてみたいものだと思いました。

前半に演奏された,メンデルスゾーンのイタリア交響曲が楽しめたのは言うまでもありません。川瀬賢太郎さんの指揮には,いつも嘘がなく,その曲の良さをストレートかつしなやかに伝えてくれるのが良いですね。曲の持つ,イタリア旅行記のような気分が鮮やかによみがえり,曲の魅力に浸らせてくれました。

本日の金沢は爽やかな快晴。新緑に包まれていますが,その気分そのまんまの演奏会でした。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック