OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 第18回北陸新人登竜門コンサート:声楽部門は,4人の女声歌手の共演。過去最高の華やかさだったかも。#川瀬賢太郎 指揮 #oekjp によるイタリア交響曲も新緑の季節にぴったりの美しさ。山下千愛 前澤歌穂 高野百合絵 髙橋美咲 | トップページ | 恒例のOEKメンバーによる #ふだん着ティータイムコンサート を金沢市民芸術村で聞いてきました。例年通り色々な作品を楽しめましたが...特にヴォーン・ヒューズさんを中心とした”ジャズ・オーケストラ”が最高でした »

2019/05/25

OEKの #ソンジュン・キム さんと #ダニエリス・ルビナス さんによる「きらめきコンサート:魅惑のチェロ&コントラバス」を #金沢市立安江金箔工芸館 で聞いてきました。この2つの楽器でこんなに多彩で迫力のある音楽を作れるのだなぁと感激。内容の詰まった1時間でした。


本日は全国的に夏のような暑さになっています。金沢も快晴で恐らく30度ぐらいあったのではないかと思います(ただし,それほど湿気は高くないですね)。その中,金沢市立安江金箔工芸館で行われた,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)のチェロ奏者,ソンジュン・キムさんとコントラバス奏者,ダニエリス・ルビナスさんの二重奏の演奏会を聞いてきました。

その内容ですが,予想を上回る充実度でした。予定時間の1時間,ぎっしりとチェロとコントラバスの音が詰まった,素晴らしい内容でした。会場は,工芸館の入口入ってすぐ横の多目的展示ホールでした。非常に間近で聞けたこともあり,お二人の素晴らしい音の迫力に包み込まれました。

もともと,チェロとコントラバスのための作品というのはほとんどないので,大半は別の編成からの編曲だったのですが,テレマンなどのバロック時代の作品から,20世紀の音楽まで。各楽器の超絶技巧を聞かせる曲。各楽器の独奏...という感じで多彩な作品が選ばれていました。

キムさんのチェロは,後半の曲に行くほど音の輝きが増し,歌が熱くあふれ出てくるようで,会場の「金箔」のイメージに重なるような「黄金のチェロ」を聞かせてくれました。ルビナスさんのコントラバスは,まず,その音の深さに圧倒されました。ボンとピツィカートを演奏するだけでも多彩なニュアンスがあることが分かりました。

最後にこの編成の曲ではいちばん有名な曲である,ロッシーニのチェロとコントラバスのための二重奏で締められました。ダイナミックな動きやユーモアな気分を交えた,緩急自在の音楽を楽しませてくれました。

本日の演奏を聞いて,この2つの楽器で,こんなに多彩で迫力のある音楽を作れるのだなぁと感激しました。内容のぎっしりと詰まった充実の1時間でした。

« 第18回北陸新人登竜門コンサート:声楽部門は,4人の女声歌手の共演。過去最高の華やかさだったかも。#川瀬賢太郎 指揮 #oekjp によるイタリア交響曲も新緑の季節にぴったりの美しさ。山下千愛 前澤歌穂 高野百合絵 髙橋美咲 | トップページ | 恒例のOEKメンバーによる #ふだん着ティータイムコンサート を金沢市民芸術村で聞いてきました。例年通り色々な作品を楽しめましたが...特にヴォーン・ヒューズさんを中心とした”ジャズ・オーケストラ”が最高でした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第18回北陸新人登竜門コンサート:声楽部門は,4人の女声歌手の共演。過去最高の華やかさだったかも。#川瀬賢太郎 指揮 #oekjp によるイタリア交響曲も新緑の季節にぴったりの美しさ。山下千愛 前澤歌穂 高野百合絵 髙橋美咲 | トップページ | 恒例のOEKメンバーによる #ふだん着ティータイムコンサート を金沢市民芸術村で聞いてきました。例年通り色々な作品を楽しめましたが...特にヴォーン・ヒューズさんを中心とした”ジャズ・オーケストラ”が最高でした »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック