OEKのCD

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019/07/18

#パトリック・ハーン 指揮OEK定期公演は,弦楽合奏を中心とした,シンメトリカルな構成のOEKならではのプログラム。#辻井伸行 #ルシエンヌ と共演したショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番は,美しさだけではなく,凄みのある鮮やかさを実感できる素晴らしい演奏。 #oekjp

本日はオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の2018/2019シーズンの最後となる,フィルハーモニー定期公演を石川県立音楽堂コンサートホールで聞いてきました。指揮は,定期公演初登場のパトリック・ハーンさん,ピアノ独奏は,お馴染みの辻井伸行さん,トランペット独奏は,ルシエンヌ・ルノダン=ヴァリさんでした。

6月以降のOEKの定期公演では,若い指揮者が次々登場しているのですが,ハーンさんはまだ24歳。定期公演に登場する指揮者としては異例の若さです。ルシエンヌさんに至っては,まだ10代(のはず)。何と辻井さんがいちばん年輩という,若いアーティストたちとOEKの共演ということになりました。この3人のコラボレーションが本当に素晴らしいものでした。人気の辻井さんが登場するとあって,会場は大入り満員(心なしか,いつもよりホールの残響が少なく感じるほどでした)。シーズンの最後は大いに盛り上がりました。

プログラムは,3曲演奏されたうち,最初と最後に,弦楽合奏によるディヴェルティメントとセレナードを配し,その間にショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番を入れるというシンメトリカルな構成になっていました。ショスタコーヴィチの曲も弦楽オーケストラのための曲で,そこにピアノとトランペットが加わる形になります。

どの曲についても,ハーンさんの指揮ぶりには,安心感がありました。熟練の指揮ぶりといった感じでした。バルトークもチャイコフスキーも,冒頭部分を大げさに演奏できる曲ですが,両曲とも,しっかりと抑制された感じで始まりました。その一方,細かなニュアンスの変化が非常に丁寧に付けられており,全曲に渡って,目の詰んだ高級な着物を観ているような,職人技の素晴らしさのようなものを感じることができました。バルトークの第2楽章での,充実した響きが特に素晴らしいと思いました。

チャイコフスキーは,音楽自体に常に推進力があり,落ち着いた雰囲気で始まった,段々とノリ良く音楽が進んでいく心地よさがありました。対照的に,儚げな美しさに溢れた第3楽章の美しさも印象的でした。第2楽章ワルツでの,ちょっと粋な感じの歌わせ方も印象的でした。ハーンさんは,楽章の最後の部分など,大げさなタメを作って締めるのではなく,それを避けるように,すっきりと締めていました。この辺に20代前半の指揮者ならではの,新鮮さを感じました。

そして,協奏曲も素晴らしい演奏でした。ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番は,過去,OEKは何回も演奏してきましたが,その中でも特に素晴らしい演奏だったと思います。まず,第1楽章の最初の部分での,辻井さんのピアノの深々とした音が素晴らしかったですね。その後,めまぐるしく曲想を変えていくのですが,この最初の部分の迫力のある雰囲気があったので,全曲に安定感があったと思いました。ショスタコーヴィチの音楽については,どこかひねくれた気分を感じるのですが,辻井さんの率直さのある演奏で聞くと,ロシアのピアノ協奏曲の伝統を引く曲なのだな,と感じさせてくれる部分もあると思いました。

辻井さんのピアノに絡む,ルシエンヌさんのトランペットの音も見事でした。非常に柔らかい音で,しっかりと存在感を示しながらも,ピアノやオーケストラと見事に溶け合っていました。これだけしっかりとコントロールされたトランペットの音というのは,なかなか聞けないのではと思いました。

緩徐楽章では,いつもどおり,辻井さんのピアノのタッチの美しさを堪能できました。以前,OEKと共演した,ラヴェルのピアノ協奏曲の時よりも,さらに深い音楽を聞かせてくれたと思いました。ショスタコーヴィチの音楽の持つ,ひんやりとした感じにぴったりの音楽を聞かせてくれました。

第4楽章は,ショスタコーヴィチならではの,皮肉やユーモアを交えた,故意にドタバタしたムードにした音楽なのですが,辻井さんのピアノは,とにかく鮮やかで,テンポが上がっても慌てた感じになりません。楽々と演奏するルシエンヌさんのピアノと合わせて,非常にクールな演奏を聞かせてくれました。若い世代による,格好良い,ショスタコーヴィチという感じでした。

アンコールでは,ガーシュインのプレリュード第1番(オリジナルはピアノ独奏曲)が,辻井さんとルシエンヌさんのデュオで演奏されました。この曲では,ルシエンヌさんは大変伸びやかな音で演奏し,辻井さんはしっかりとベースを支えていました。

演奏後,ルシエンヌさんと辻井さんは,手に手を取って,ステージと袖の間を往復していましたが,その姿が何とも言えず微笑ましく感じました。本日と同様のプログラムで,OEKは国内ツァーを行いますが,是非,大勢の人に楽しんでもらいたいものです。

というわけで,今シーズンのOEK定期公演は,3人の実力十分の若手の饗宴で締めくくられました。8月は,OEK単独の公演はお休みですが,9月以降の新シーズンでも,若手とベテランとがうまく組み合わされた,多彩な公演に期待したいと思います。

2019/07/06

OEK定期公演にマルク・ミンコフスキさん登場。ブラームスのセレナード第1番という一見地味目の作品を,生気に溢れる演奏で楽しませてくれました。クリストフ・コンツさんとの共演によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲も申し分のない素晴らしさ

本日は,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の芸術監督,マルク・ミンコフスキさん指揮によるマイスター定期公演を石川県立音楽堂コンサートホールで聞いて来ました。

ミンコフスキさんは,実質的には,昨年7月末に行われた,ドビュッシーのオペラ「ペレアスとメリザンド」公演で芸術監督に就任したのですが,その後,約1年間出番がありませんでした。今回は,待望の公演ということになります。前回はオペラ公演での指揮でしたので,通常のオーケストラのみによる演奏会となると,さらに久しぶりということになります。

今回は,ブラームスのセレナード第1番ニ長調がメインプログラム。前半は,その気分にあわせるかのように,同じ調性で書かれたベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が演奏されました。どちらも重厚で暗いイメージのある両作曲家の作品の中では,明るく穏やかな性格を持つ曲です。本日の素晴らしい演奏を聞いて,満を持して登場したミンコフスキさんが,「OEKにぴったり」と考えて選曲したプログラムだったのだな,と改めて思いました。両曲とも45分程度かかる曲でしたので,聴きごたえも十分でした。

前半に演奏されたベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲では,ソリストとしてクリストフ・コンツが登場しました。コンツさんは,ウィーン・フィルの第2ヴァイオリンの首席奏者なのですが,近年は指揮者,ソリストとしても活躍の場を広げているとのことです。ミンコフスキさんは,自分が信頼する,若いアーティストを次々と金沢に連れてきていますが,コンツさんもその一人だと思います。

コンツさんの演奏には,どの部分にも瑞々しさがありました。演奏は,非常に丁寧で,「とても育ちの良い」雰囲気がありました。第1楽章と第2楽章は,正統的で堂々たる弾きっぷり,第3楽章は若々しくキリっと演奏していましたが,急速なテンポになっても乱雑な感じにならないのが素晴らしいと思いました。

ミンコフスキ指揮OEKの演奏も万全でした。ミンコフスキさんの指揮からは,音楽に生気を加えるようなエネルギーの大きさを感じました。そのオーラが,OEKの演奏だけでなく,コンツさんの演奏にも広がっていたと思いました。この曲では,ファゴットも結構活躍するのですが,この日のエキストラの奏者の方のくっきりとソリストに寄り添うような演奏が素晴らしいと思いました。

ちなみに,ミンコフスキさんは,結構,手を高く上げて指揮することがあったのですが...ポーズをしばらく止めることが何回かあったので...右手を斜め上に上げて止めるポーズはウルトラ・マン(?)に変身するときのポーズに似ているのでは...変なことを考えながら聞いていました(古い話題で失礼しました)。

後半のブラームスのセレナード第1番は,しばらく前に故オリバー・ナッセンさん指揮の定期公演でも聞いたことがありますが,今回のミンコフスキさん指揮の演奏は,さらに生気に溢れる演奏だったと思いました。

第1楽章は,低弦が支える上で,ホルンが鼻唄風のメロディを演奏して始まるのですが,まず,この雰囲気が素晴らしいと思いました。リアルに牧歌的だと思いました。この日は,コントラバスはステージ奥の高い場所に配置されていました。また,弦楽器メンバーは,各パート2名ずつ程度増強していました。その辺の効果がしっかり出ていたと思いました。

第1楽章は軽快に始まった後,楽章の最後の部分では,旅の気分が終わるのを惜しむかのように,深く沈みこむ感じがあったのが素晴らしいと思いました。その後,6楽章まであるのが,交響曲ではなく,セレナードらしいところです。

第3楽章はさすがに長く感じましたが,その長さが段々と心地良さとなって感じられて来ました。第5楽章でのホルン4本による力強い主題をはじめ,管楽器がソリスティックに活躍する部分が多く,退屈しませんでした。いつくしみような感じのメヌエットも印象的でした。最終楽章は,非常に生き生きとしたテンポで演奏され,力強く全曲を締めてくれました。

というわけで,前半後半ともミンコフスキさんの指揮の「熱さ」を感じさせてくれる演奏だったと思います。

9月からの,2019-2020のシーズンでは,ミンコフスキさんは2回登場しますが,今回のセレナード第1番に続き,第2番も演奏される予定になっています。もう一つの公演は,ドヴォルザークの「新世界から」。これまでのOEKとの共演では,古楽器オーケストラの専門家としてではなく,通常のオーケストラの指揮者として,古典派以降の曲を取り上げています。どんどん新しいレパートリーに取り組んでくれるのが嬉しいですね。ミンコフスキさんのネットワークで,次々と若く生きの良いアーティストが紹介されるのにも期待したいと思います。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック