OEKのCD

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今年最後の演奏会通いは金沢市安江金箔工芸館で行われたOEKの首席第2ヴァイオリン奏者,江原千絵さんとピアノの白河俊平さんによる「きらめきコンサート:イタリアに憧れて」。新しさと古さが混ざった絶妙のプログラムを江原さんのトークとともに楽しんできました。 | トップページ | OEKニューイヤーコンサート2020 ユベール・スダーンさん指揮 森麻季さんのソプラノによるバロック・オペラの名曲+オッフェンバック+シュトラウス・ファミリーの音楽。楽しさとこだわりが両立した充実の公演。ヤングさんのチャールダーシュも言うことなし。もちろんOEKどら焼きもゲット #oekjp »

2019/12/31

2019年のOEK定期公演を振りかえる。OEKらしさに磨きがかかった一年。毎回聞き逃せないミンコフスキさんの公演を中心に,金沢ならではの公演が増えてきた気がします。

今年も大みそか。2019年のOEKの定期公演は,どの公演も楽しめました。

公演のタイプとしては,まず,(1)ハイドン,モーツァルト,ベートーヴェンの交響曲を核としたベーシックなプログラム,(2)室内オーケストラの可能性を広げようと独自性を追求するプログラムに分けられると思います。(1)は,ユベール・スダーンさんやラルフ・ゴトーニさんが登場した公演,(2)の方は,川瀬賢太郎さんが登場した,ジュリアン・ユー編曲版の「展覧会の絵」公演などが入ると覆います。

そして,マルク・ミンコフスキさんが登場した2回の公演。「ミンコフスキさんの「新世界」?」「ブラームスのセレナード第1番?」すべてが注目でした。そして,意表を突いて演奏されたドヴォルザークのスラヴ舞曲op.72では,曲の魅力を再発見させてくれました。

このミンコフスキさんの影響もあるのか,ポール=エマニュエル・トーマス,ピエール・ドゥモソー,パトリック・ハーンといった若い指揮者による公演が続いたのも今年の特徴だったと思います。この「才能の先物買い(?)シリーズ」も金沢ならでは魅力だと思います。

ソリストもそれぞれ素晴らしかったのですが,「一人」に絞れば,メゾ・ソプラノの藤村実穂子さんでしょうか。世界最高峰のワーグナーの声を堪能できました。

最後に,個人的にもっとも印象に残った公演は,OEKと初共演だったコーリャ・ブラッハーさん指揮+弾き振りによる定期公演でした。ブラームスのヴァイオリン協奏曲とベートーヴェンの交響曲第4番といったオーソドックスなプログラムを非常に立派で熱のこもった音で再現してくれました。

OEKについては,公演ごとに(指揮者の個性や編成によって)大きく雰囲気が変わる適応力の高さが面白い点だとと思います。2020年はどういう音を聞かせてくれるのか,大いに期待したいと思います。

« 今年最後の演奏会通いは金沢市安江金箔工芸館で行われたOEKの首席第2ヴァイオリン奏者,江原千絵さんとピアノの白河俊平さんによる「きらめきコンサート:イタリアに憧れて」。新しさと古さが混ざった絶妙のプログラムを江原さんのトークとともに楽しんできました。 | トップページ | OEKニューイヤーコンサート2020 ユベール・スダーンさん指揮 森麻季さんのソプラノによるバロック・オペラの名曲+オッフェンバック+シュトラウス・ファミリーの音楽。楽しさとこだわりが両立した充実の公演。ヤングさんのチャールダーシュも言うことなし。もちろんOEKどら焼きもゲット #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年最後の演奏会通いは金沢市安江金箔工芸館で行われたOEKの首席第2ヴァイオリン奏者,江原千絵さんとピアノの白河俊平さんによる「きらめきコンサート:イタリアに憧れて」。新しさと古さが混ざった絶妙のプログラムを江原さんのトークとともに楽しんできました。 | トップページ | OEKニューイヤーコンサート2020 ユベール・スダーンさん指揮 森麻季さんのソプラノによるバロック・オペラの名曲+オッフェンバック+シュトラウス・ファミリーの音楽。楽しさとこだわりが両立した充実の公演。ヤングさんのチャールダーシュも言うことなし。もちろんOEKどら焼きもゲット #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック