OEKのCD

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020/10/25

仙台フィルのヴァイオリン奏者,小川有紀子さんを中心としたハナミズキ室内合奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲13番を中心とした演奏会@石川県立音楽堂邦楽ホール。お客さんの数がものすごく少なかったのが残念でしたが,ベートーヴェン最晩年の澄み切った境地に浸ることができ,大変贅沢な時間を過ごすことができました。

本日午後は,仙台フィルのヴァイオリン奏者,小川有紀子さんを中心としたハナミズキ室内合奏団による,弦楽四重奏曲を中心とした演奏会を,石川県立音楽堂邦楽ホールで聞いてきました。残念ながら,お客さんの入りは非常に悪く,私が過去経験した中でもこれだけお客さん間の「ディスタンス」が長かったことのは初めてのことです。コロナ禍の影響で十分な広報を行うことが難しかったのだと思います。

しかし,演奏の方は素晴らしく,逆説的に言うと,大変贅沢な気分を味わうことができました。私たちのためだけに演奏してくれている,という感じが強く伝わってきました。

プログラムは前半が,あいさつ代わりのグリーグの抒情小曲集。その後,小川さんのトークを交えて曲が演奏されました。ベートーヴェンの若い時代に掛かれたヴィオラとチェロによる二重奏,ピアソラのヴァイオリン二重奏の作品と続き,最後はピアソラの"Four, for Tango"で締められました。私自身,石川県立音楽堂邦楽ホールに入るのは久しぶりのことだったのですが,各楽器の音がくっきりと聞こえ,音の残響も適度にあり,とても良い音のバランスで楽しむことができました。

ヴァイオリン奏者として,先日のOEK定期でコンサートマスターを務められていた水谷晃さんも参加していたのですが,その時のクライスラー同様,暖かみのある充実感のある音を聞かせてくれました。ベートーヴェンの二重奏では,ヴィオラの村田恵子さんの豊かな音が特に印象的でした。この若い2人を,小川さんとチェロの山本裕康さんがしっかり支えるような前半でした。

前半最後に演奏されたピアソラの曲は初めて聞く曲でしたが,「もしもバルトークの弦楽四重奏曲をピアソラがアレンジしたら」という感じの曲。おなじみの技がしっかり出てきて,スリリングかつ楽しい演奏でした。

後半はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番の全曲が演奏されました。金沢で,ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲が演奏される機会はめったにないので,今回はこの作品を目当てに聞きに行きました。この演奏は,是非,もっと多くの方に聞いていただきたかったですね。「大フーガ」として知られる15分ぐらいの曲を最終楽章(第6楽章)として入れるかどうかが演奏者に任されているようなところのある作品ですが,今回は通常の第6楽章が演奏されました。

全曲を通じて,小川さんのヴァイオリンを中心にベートーヴェンの最晩年の澄み切った境地がすっきりと出ているような演奏でした。第1楽章の最初のユニゾンの音から美しいなぁと思いました。途中の舞曲風の楽章のリラックスしたしなやかさの後の有名な第5楽章のカヴァティーナは,内省的な気分を保ちながら,聴衆の方にしっかりとメッセージが伝わってくるようでした。最終楽章はベートーヴェンの「最後に作った曲」と言われているものです。非常に晴れやかな気分があり,コロナ禍がダラダラと続く,今聞くと「先が見えてきたな」という「希望」を感じさせてくれました。

というわけで,観客が少なかったことも含め,忘れられない演奏会となりました。いつかコロナ禍が明けた後,またベートーヴェンの別の弦楽四重奏曲を同じ場所で聞いてみたいなと思いました。演奏者の皆様ありがとうございました。

2020/10/22

久しぶりに #石川県立音楽堂 に登場した #井上道義 さん指揮OEKによる,思い切りの良くスイート&スマートな音楽の数々。コロナ禍の中で「心からのプレゼント」をもらったよう。まさに企画の勝利といった演奏会でした。#oekjp

今晩は,OEKの音楽監督退任後,久しぶりの定期公演の登場となった井上道義さん指揮による公演を楽しんできました。

今回のポイントは,26年前に井上さんとOEKが作ったアルバム「スイート」の中から選曲していた点です。コロナ禍の影響で,当初の指揮者マルク・ミンコフスキさんが来日できなくなり,「一体どうなるのだろう?」と心配をしていたのですが,それを逆手に取るように,通常の定期公演では「ありえない」ような,耳あたりの良い小品~中規模の作品ばかりを集めたプログラムとなりました。このプログラムを思い付いたのがどなただったのかは分からないのですが,まさに「企画の勝利」だったと思います。

この日のOEKの編成は打楽器なし,トランペットも登場したのが一か所だけでしたが,そのことによって,プログラム全体に「品の良さ」と言ってもよいような統一感が生まれていたと感じました(そもそも,そういうコンセプトのアルバムだったので,まとまっていた当然とも言えます)。長年,OEK定期公演を聞いてきたファンは「時にはこういうプログラムも良いなぁ」と感じ,あまりクラシック音楽の演奏会を聞いたことのないお客さんにとっては,素直に心地よい音の流れに身を任せることができたのではないかと思います。

アルバム「スイート」を聞いた時はあまり意識をしていなかったのですが,実は,全部作曲者が違い,国籍もバラバラという選曲でした。本家「スイート」に収録されていたR.シュトラウスの「カプリッチョ」の序奏だけは,今回演奏されなかったのですが,この曲を外したことで,全7曲の作曲者の出身国が見事にバラバラになりました。次のとおりです。

バーバー(アメリカ)→ラフマニノフ(ロシア)→マスカーニ(イタリア)→クライスラー(オーストリア)→ディーリアス(英国)→ワーグナー(ドイツ)→サン=サーンス(フランス)

コロナ禍の中で海外旅行がほとんどできなくなった現在,音楽で世界一周というコンセプトもこの日のプログラムにはありました。

演奏の方は,バーバーの弦楽のためのレクエム,ラフマニノフのヴォカリーズと,悲しみをたたえたような音楽が続いた後,カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲の途中からは,明転していく感じでした。オルガンのステージの部分の照明がこの曲の時だけ明るく輝いていました。井上さん指揮OEKの演奏は,悲しい曲でもドロドロした感じにはならず,透明感あふれる弦楽器を主体としたスタイリッシュな美しさの方が際立っていたのですが,カヴァレリア・ルスティカーナの途中での「濃い表現」がとても印象的で,この部分は元祖「スイート」のあっさりした美しさよりも良いなぁと思いました。

続いての「愛の悲しみ」では,この日のコンサートマスター,水谷晃さんのソロをフィーチャーしての弦楽合奏。編曲者の名前までは書いてなかったのですが,この弦楽合奏+ヴァイオリン独奏版は,まさにOEK向きでした。水谷さんの憂いを帯びた,クリーミーな音が大変魅力的でした。

ディーリアスの「春初めてのカッコウを聞いて」は,アルバムの方では最初に収録されている曲。CD同様,さわやかな風が感じられる心地よい音楽なのですが,実演できくと,曲の最初の部分から「ディーリアスだぁ」という空気感がウヮっと伝わって来て,何とも言えない幸福感に包まれました。次のワーグナー「ジークフリート牧歌」もつつましい幸福感に包まれた音楽でした。曲の終盤,ホルンやトランペットが出てくるあたりは,ワーグナーの楽劇のテイストも出てきます。トランペットの藤井さんは最後列で立ち上がって演奏されていましたが,こういう見せ方,聞かせ方も井上さんならではですね。

そして,コロナ禍の中での「世界一周旅行」の最後は,旅の終りを惜しむような,しみじみとした味わいを持ったサン=サーンスの「白鳥」。チェロの独奏は,この日の客演首席奏者だった,マーティン・スタンツェライトさん(広島交響楽団首席奏者とのことです),ハープは松村衣里さんでした。マーティンさんのチェロにはまっすぐな美しさと透明感があり,聞いていてだんだんと切なくなってきました。ハープの松村さんは,「白鳥」を思わせるような白い衣装に着替えて登場。優しくしっかりと白鳥をささえているようでした。さらには弦楽合奏も薄く伴奏をしていたのも,「スイート」な気分を盛り上げていました。

このアルバム「スイート」は,いわゆるBGM的に聞き流せるようなところもあるのですが,じっくり聞くと味わい深い曲ばかり。そのことをよく分かった,井上さん指揮による「愛に溢れた」演奏ばかりだったと思いました。

最後にアンコールとして,唯一,「スイート」に含まれていない曲が演奏されました。世界一周の終点は「日本」ということで,井上さんのアンコール曲の定番,武満徹作曲の「他人の顔」のワルツが演奏されました。いつもどおり,井上さんの「指揮=ダンス」にぴったりの流れるような音楽。時々,大きく溜めを入れたり,自由自在の演奏。締めはクルリと一回転して,お客さんの方を向いておしまい。井上さんは「コロナ禍でも私は元気です。」と語っていましたが,そのことを証明するようなキレ味の良い指揮ぶりでした。

というわけで,この演奏会。考えてみると奇蹟のような公演だったのかもしれません。パンデミックが起こって,国と国の間の人の行き来が止まる事態は誰も予想できなかったし,ミンコフスキさんの代わりに井上さんが登場することも予想できなかったし,ベートーヴェンの交響曲の代わりにカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲が演奏されることも予想できなかったし...。予想を超えたことが起こるのが,ライブで音楽を聞くことの何よりもの楽しみだと思います。こういう演奏会ができたのも,井上さんとOEKの長年の結びつき,そして,このコンビを支えてきた,金沢の聴衆の力もあったからなのかな,と思いました。

今回,改めてクラシック音楽の小品集の魅力のようなものを実感することができました。井上さんとOEKには,「好評につきモア・スイート」といった続編コンサートを期待したいと思いました。

2020/10/08

#石川県立音楽堂 #夜のクラシック 第5回のゲストは #鈴木優人さん。本日はチェンバロ奏者としてバッハと武満徹の作品などを演奏。チェンバロの音を聞くと「耳の洗濯」といった感じになりますね。#加羽沢美濃 さん即興のピアノ曲「鈴木さんち」も見事な作品でした。

今晩は石川県立音楽堂コンサートホールで行われた,「アフターセブンコンサート2020 夜のクラシック」第5回を聞いてきました。ゲストは鈴木優人さん,司会は加羽沢美濃さんでした。鈴木さんといえば,チェンバロ奏者,オルガン奏者,指揮者,音楽祭のプロデューサーなど多彩な仕事をされていますが,本日はチェンバロ奏者として登場しました。金沢でチェンバロ独奏の演奏会が行われる機会は少ないので,純粋に「週末の疲れた心身にチェンバロを!」という気分で聞きに行ってきました。

さすがにコンサートホールでチェンバロ1台というのは,広すぎた印象で,私の席(かなり前でしたがサイドの席)からだと,ちょっと音が遠く感じられました。それでも,繊細な音の変化や音の歯切れよさはしっかりと感じとることができ,しばらくの間,非日常的な音世界に入ることができました。耳の洗濯という感でした。

演奏された曲はバッハのチェンバロ作品が中心でした。中でもパルティータ第1番の全曲が演奏されたのが嬉しかったですね。この曲は,ディヌ・リパッティのピアノによる大昔の演奏で馴染んでいたのですが,チェンバロで聞くと音の透明感が大変心地よく感じられました。鈴木さんの演奏は,どちらかというと速目のテンポで,柔軟性のある生き生きとした演奏を聴かせてくれました。特に大きな間を取った後始まった,サラバンドの新鮮な空気感が良いなぁと思いました。

最後に武満徹作曲の唯一のチェンバロ曲,「夢見る雨」が演奏されました。現代曲らしく,不協和音も沢山出てくるのですが,その不協和音が刺激的にならず,不思議な色合いとなって感じられました,武満徹の隠れた名作なのでは,と思いました。

最後,アンコールで加羽沢さんのピアノと鈴木さんのチェンバロの二重奏で,バッハの「主よ人の望みの喜びよ」が演奏されました。最初のトークの中で,「ピアノとチェンバロではピッチが違います。チェンバロの方が半音低くなっています」というような話をされていたので,二重奏できるのだろうか?と思ったのですが,その微妙にずれている感じが不思議な立体感を作っていたり,チェンバロの音が装飾的にキラキラ輝く感じに聞こえたり,体験したことのないような味わい深い世界を作っていました。

加羽沢さんと鈴木さんのトークも楽しかったですね。特に印象的だったのは,鈴木さんの自宅には,「チェンバロ3台,ピアノ2台,クラヴィコード3台に加え小型のパイプオルガンもある...」といった凄い話です。これにちなんで,加羽沢さんが「鈴木さんち」というタイトルで即興演奏を披露。繊細な音から大らかな音まで多彩な音が詰まった,美しい作品でした。

来年1月,鈴木さんは今度は指揮者兼オルガン奏者としてOEK定期公演に登場します。この公演のPRもされていましたが,ますます楽しみになりました。

2020/10/03

本日午後のOEK定期公演は 「さすが#高関健 さん」という素晴らしい内容。モーツァルトの40番が「なかなか終わらない」充実の大交響曲に変貌。#成田達輝 さん独奏によるプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番もスタイリッシュな感じとワイルドさが混在した魅力的な演奏。

本日の午後は,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)定期公演マイスターシリーズを聞いてきました。当初は,世界で最も有名なヴィオラ奏者でもある,ユーリ・バシュメットさんが指揮者+独奏で登場予定でしたが,コロナの影響で来日不可能となり,高関健さん指揮,成田達輝さんのヴァイオリン独奏に変更になりました。

プログラムも一部変更になりましたが...予想を上回る,素晴らしい内容の公演になりました。ボリューム的にもほぼ通常の定期公演と同じぐらいの聞き応え(逆に言うと途中に休憩が欲しいぐらいでした)。その理由は,後半に演奏された繰り返しを全部行ったモーツァルトの交響曲第40番の素晴らしさ+成田達輝さんのヴァイオリンの素晴らしさによります。

モーツァルトの40番は通常だと25分程度で演奏されることが多いと思いますが,本日の演奏は,35分ぐらいかかっていたと思います。高関さんのテンポ設定は,1楽章から3楽章まではかなり速めで,全く弛緩することなく,特に半音階を含む「嘆き」のモチーフをがっちりと積み上げていくような構築感が見事でした。甘い雰囲気になることはなかったので,色々な楽器によるモチーフの積み重ねや絡まり合いを純粋に楽しめた気がしました。

第1楽章の繰り返しが行われることは多いのですが,第2楽章は前半も後半も繰り返していたので(これはかなり珍しいと思います),単純計算で2倍の長さになります。第2楽章は静かな透明感のある楽章ですが,色々な楽器がモチーフを繰り返していくことで,延々と星空が続くような壮大さを感じました。第3楽章は直線的でがっちりとした感じで始まった後,中間部では柔らかな響きに。こういった曲のパーツごとの対比も鮮やかでした。

第4楽章も速いのかな...と思ったら,この楽章だけはそれほど速くなく,安定感のある歩み。「疾走する哀しみ」と言われる楽章ですが,印象としては「疾走しないし,それほど悲しくない」という感じでした。ただし,それが良いと思いました。第2楽章同様,前半も後半も繰り返しをしていたので,曲の最後の部分は,「あれ,まだ終わらない」と思った人もいたかもしれません。ずっと安定感のある音楽が続いた後,展開部の最初の部分だけ,リズムが乱れ,音楽が崩壊するような感じになるのを強調していたのも面白かったですね。繰り返しを行ったからこそ,違和感が強調されていた気がしました。

というわけで,高関さんの手によって,モーツァルトの40番が,細かいモチーフのしつこい積み重ねで出来た大交響曲のように変貌していました。バシュメットさんが指揮したらどうなっていたのだろうか,という思いもありましたが,これまで聞いてきた40番の中でも特に印象に残る演奏になりました。

前半に演奏された,成田さんの独奏によるプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番も,クールさとホットさとが入り交じった演奏で,この曲のキャラクターにぴったりだと思いました。成田さんのヴァイオリンを石川県立音楽堂コンサートホールで聞くのは初めてでしたが,曲の冒頭から,そのよく通る,伸びやかな響きに魅せられました。全曲を通じて,とてもスタイリッシュな格好良さがあったのですが,第3楽章など結構ワイルドな感じで,表現の幅の広さやスケールの大きさを感じました。独特の甘さと静けさをもった2楽章の雰囲気も印象的でした。

この曲を実演で聞くのは久しぶりだったのですが,大太鼓が,随所で効果を発揮していると思いました。甘いけれどもちょっとグロテスクな感じを強調しているのではと思いました。第3楽章では,パーカッションの渡邉さんは,大太鼓に加えて,カスタネットやシンバルなども持ち替えて演奏しており,大活躍でした。

プログラムの最初に演奏された,シューベルトのイタリア風序曲第1番は,ロザムンデ序曲と「ザ・グレート」の素材が出てくるような明るい作品。飯尾洋一さんのプログラム解説にあったとおり,序曲,協奏曲,交響曲という構成の「ベーシックな構成」の定期公演を聞けたのが何よりも良かったですね。

というわけで,バシュメットさんを聞けなかったのは本当に残念でしたが(是非,また呼んでください),そのことを忘れさせるような充実した内容の定期公演でした。

 

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック