OEKのCD

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 快晴の秋晴れの土曜日の午後,OEK白山公演へ。太田弦さん指揮による熟練のモーツァルトの40番と郷古廉さんとの共演による非常にたくましいメンデルスゾーンの協奏曲を楽しんできました | トップページ | OEK初の有料ライブ配信 PFUクリスマス・チャリティ・オンラインコンサート。三ツ橋敬子さん指揮による明るくしなやかなベートーヴェンの8番。川久保賜紀,遠藤真理,三浦友理枝の3人のソリストによる緊密で親密な三重協奏曲。オンライン公演の展望を考えつつ,自宅リビングで楽しませていただきました。 »

2020/11/26

今晩は園田隆一郎さん指揮によるOEKの定期公演を聞いてきました。安定感抜群,ニュアンス豊かな「ジュピター」,ヴァイオリンの渡辺玲子の熱さと激しさが際立っていたメンデルスゾーン。そして園田さんお得意のロッシーニ。充実の70分でした。#oekjp

園田隆一郎さん指揮,渡辺玲子さんのヴァイオリン独奏による,OEKの11月の定期公演を聞いてきました。指揮者も独奏者の変更というのは10月の定期公演に続いてのことです。指揮の園田さんは,数年前のOEKのオペラ公演に登場したことはありますが,定期公演は初登場です。まず,この園田さんがどういう音楽を聞かせてくれるのかを楽しみに聞きに行ってきました。

プログラムのプロフィールを読むと,園田さんは,オペラ(それもロッシーニ)の専門家といった感じでしたので,最初に演奏されたロッシーニの歌劇「アルジェのイタリア女」序曲は,「定期公演初登場のご挨拶がわり」といったところでした。じっくりとしたテンポから,カラッとしていながらニュアンス豊かな音楽がしっかりと聞こえてきました。テンポの速くなる主部での,自然に湧き上がってくるような愉悦感が素晴らしいと思いました。オーボエがしっとり聞かせる,というのは「ロッシーニあるある」の1つですが,この曲でソロを担当していたエキストラの橋爪絵梨香さんのくっきりとした音。お見事でした。

2曲目は,生で聞くのが今月2回目となるメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲でした。ソリストはおなじみの渡辺玲子さんでした。今回の定期公演では,OEKとは久しぶりの共演となる渡辺さんの演奏も聞き所でした。渡辺さんは,以前から気合たっぷりの音楽を聞かせてくれる方ですが,それにさらに磨きがかかり,随所に「鬼気迫る」雰囲気のあるメンデルスゾーンを聞かせてくれました。

冒頭から情感たっぷり,というか隠そうとしても情感があふれ出てしまう,といった感じの演奏でしたが,全体の雰囲気がスリムでキリッと締まっているのが渡辺さんらしいところだと思います。今月14日に白山市で聞いた,若手ヴァイオリニストの郷古廉さんの演奏よりは,随所に「頑固さ」のある演奏で,渡辺さんの「思い」が発散されていました。第2楽章もかなり崩した感じの歌いっぷりで,ちょっとポルタメントを入れるなど,ベテラン奏者の味がありました。第3楽章はかなりのスピードで,「このスピードについてこれるかな?」と挑発するかのように,自由自在なテンポ感で演奏。園田さん指揮OEKは,これにしっかりと反応しており,実にスリリングでした。曲の最後の部分では,渡辺さんのヴァイオリンは,さらにいっそう激しさを増し,強烈な印象を残して全曲を締めてくれました。

アンコールでは,多分パガニーニの無伴奏の曲が演奏されました。メンデルスゾーンの終楽章の延長戦のような感じの切れ味の素晴らしさを楽しませてくれました。

後半はモーツァルトの「ジュピター」交響曲が演奏されました。7月にOEKが公演を再開して以後,ほとんど毎回のようにモーツァルトの交響曲を聞いていますが,毎回毎回,雰囲気が違うのが本当に面白いですね。「ジュピター」は,8月末に栁沢寿男さん指揮で聞いていますが,今回の園田さん指揮の演奏は,どっしりとした安定感の上で自在に遊ぶような,素晴らしい演奏でした。

園田さんは雰囲気としては...どこか大相撲の琴奨菊(つい先日,引退発表したばかりですが)といった感じで,包容力と朴訥さが指揮の動作から感じられたのですが,その音楽はニュアンス豊かで,楽章ごとのキャラクターがしっかりと描きわけられていました。第1楽章からは堂々としたたくましさ。第2楽章からは,何とも言えない寂し気な情緒。第3楽章からはサラリと流れるような爽やかさ。そして第4楽章は全部を総括するような,どっしりとした包容力を感じました。特に「これみよがし」なことはせずに,じっくり,くっきりと立体的な音楽を聞かせてくれた第4楽章の味わいが素晴らしいと思いました。

実は,今回登場予定だったギュンター・ピヒラーさん指揮による「ジュピター」を聞くのをとても楽しみにしていました。今回聞けなかったのは大変残念だったのですが,園田さんの指揮で,恐らく,ピヒラーさんとは全く違うアプローチでこの曲を聞くことができたのは,大きな収穫でした。園田さんには,是非,今後もOEKに客演をしていただきたいと思います。OEKのロッシーニといえば,ミンコフスキさん指揮による「セビリアの理髪師」全曲を思い出しますが,これに続く,ロッシーニのオペラ全曲などに期待しています。

« 快晴の秋晴れの土曜日の午後,OEK白山公演へ。太田弦さん指揮による熟練のモーツァルトの40番と郷古廉さんとの共演による非常にたくましいメンデルスゾーンの協奏曲を楽しんできました | トップページ | OEK初の有料ライブ配信 PFUクリスマス・チャリティ・オンラインコンサート。三ツ橋敬子さん指揮による明るくしなやかなベートーヴェンの8番。川久保賜紀,遠藤真理,三浦友理枝の3人のソリストによる緊密で親密な三重協奏曲。オンライン公演の展望を考えつつ,自宅リビングで楽しませていただきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 快晴の秋晴れの土曜日の午後,OEK白山公演へ。太田弦さん指揮による熟練のモーツァルトの40番と郷古廉さんとの共演による非常にたくましいメンデルスゾーンの協奏曲を楽しんできました | トップページ | OEK初の有料ライブ配信 PFUクリスマス・チャリティ・オンラインコンサート。三ツ橋敬子さん指揮による明るくしなやかなベートーヴェンの8番。川久保賜紀,遠藤真理,三浦友理枝の3人のソリストによる緊密で親密な三重協奏曲。オンライン公演の展望を考えつつ,自宅リビングで楽しませていただきました。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック