OEKのCD

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 栁澤寿男指揮OEKによる「合唱なし」のメサイア公演@石川県立音楽堂を聞いてきました。4人のソリストの大活躍に拍手。第1部12曲目の合唱曲の代わりの「きよしこの夜」も感動的でした。 | トップページ | #加羽沢美濃 さんの司会による #夜クラ @ #石川県立音楽堂 。今回のゲストはピアニストの #金子三勇士 さん。このシリーズは毎回楽しいのですが,これまででいちばんの充実感だったかもしれません。金子さんの圧倒的なピアノを楽しめました。ステージ背景のツリーは「くるみ割り人形」公演の準備? »

2020/12/11

#挟間美帆 + OEK + #山下洋輔 +#エリック宮城 によるシンフォニック・ジャズ・ホリデー@石川県立音楽堂。忘年会代わりの「コロナの年」の憂さ晴らしのような爽快な公演。エリックさんのピリッとくるハイトーンとエネルギーには感服

例年,12月10日過ぎの金曜日といえば,忘年会に行くのがお決まりでしたが,今年はコロナ禍の影響で職場関係をはじめ,忘年会はほとんどゼロといった状況(私の場合ですが)。今晩行われた,挟間美帆さん指揮・編曲によるOEKシンフォニック・ジャズ・ホリデーは,「コロナの年」の憂さを晴らすような,忘年会がわりのような公演になりました。会場には学校の吹奏楽部関係と思われる若いお客さんも大勢入っていました。吹奏楽にとっても試練の年でしたが,その憂さも,ゲスト奏者のエリック宮城さんの,強烈なハイトーンでかなりの程度晴らしてくれたのではないかと思います。

前半は,挟間さんが編曲した,「ニューヨーク,ニューヨーク」「ホワイト・クリスマス」「A列車で行こう」というお馴染みのスタンダード・ナンバーでスタート。今回,まず素晴らしかったのは,挟間さんの編曲でした。ビッグバンド・ジャズといえば,サクソフォーン,トロンボーンといった楽器が沢山入るのが定番ですが,この日の編成は,ほぼOEKの通常編成でした。その編成で,しっかりジャズを聞かせてくれたのが嬉しかったですね。通常のビッグ・バンドよりは,ゆったりとしたゴージャズ感が出ており,まさにこの日の公演のタイトル通りの「シンフォニック・ジャズ」の世界でした。

前半は,もう一人のゲスト,ピアニストの山下洋輔さんが登場しました。ここで演奏されたのが,山下さんが元々はピアノと弦楽四重奏のために書いた「サドン・フィクション」という組曲の中の4曲でした。今回演奏されたのは,「ジャズの歴史」をたどるように,「ニュー・オーリンズ」「バップ」「スウィング」と言ったジャズのスタイルを示す曲と「幻燈辻馬車」という,元々は映画音楽として書いた作品が,挟間さんのアレンジで演奏されました。

山下さんのピアノには,かつてのような荒れ狂うような前衛的な気分はなく,譜面を見て弾いている曲もありました。かなり枯れた味わいのある演奏でしたが,挟間さんのアレンジによるOEKのバックアップによって,多彩な音とスタイルを持った音楽を鮮やかに楽しませてくれました。特に「幻燈辻馬車」は,馬車の気分を表すようなウッドブロックのリズムの上に何とも言えず怪しく,魅惑的な世界が広がっており,気に入りました。

そして後半は(この日は休憩時間を入れて2時間ぐらいの長さでした。座席数の制限もしていなかったので,久しぶりに通常の形の演奏会に参加したことになります),エリック宮城さんのトランペット・ソロを随所にフィーチャーした「くるみ割り人形」組曲のジャズ版を全部演奏。元々はデューク・エリントンとストレイホーンが彼らのビッグバンドのためにアレンジしたものでしたが,それを挟間さんがさらにOEKとエリック宮城さん用にアレンジしたものが今回演奏されました。

曲順はチャイコフスキーのオリジナル版とは違うのですが,曲はきっちり入っており,さらに「間奏曲(序曲と似た感じでしたが)」が加わっています。編成は,フル編成のOEK(ハープが入っていました。パーカッションはティンパニを入れて3名でした)に,エリックさんのトランペット,須川崇志さんのベース,高橋信之介さんのドラムスが加わるものでしたが,上述のとおり,ほぼ通常のオーケストラの編成でエリントンの世界を描いていたのが素晴らしいと思いました。

どの曲も須川さんのベースと高橋さんのドラムスがしっかりとリズムを刻む上にエリックさんを中心に色々な楽器の演奏が展開していく感じでした。何といっても,エリックさんのトレードマークである,ピリッと来るようなハイトーンが強烈でした。オペラのアリアのクライマックスに出てくる高音を「来るぞ来るぞ」と待ち構えて聞くのと同様の期待感。そして,それを上回るような迫力を味わうことができた満足感。エリックさんの出番は「ものすごく」多く,その体力(唇力というのでしょうか)にも感服しました。

演奏前の挟間さんとエリックさんのお話だと,サックスやトロンボーンが入っていない代わりに,トランペットで多彩な音を出してもらうことにした,ということで,エリックさんはトランペット2本(1本はフリューゲルホルンかも?)とミュート各種を駆使しての演奏でした。ハイトーン以外にも,多彩な音色やムードを楽しませてくれ,「エリックさんでないと弾き通せないのでは?」と思わせるほどの,見事な演奏の連続でした。

シンフォニックジャズの場合,弦楽器が加わるのがビッグバンドジャズとのいちばんの違いだと思います。この日コンサートマスターだった水谷晃さんをはじめ,OEKのメンバーは非常に楽しそうに演奏していたのが印象的でした。管楽セクションの方も,クラリネットの遠藤さんをはじめソロが多く,OEKメンバーにとっても非常に演奏し甲斐のある曲になっていたと思いました。

というわけで,この「挟間美帆&OEKによるシンフォニック・ジャズ」というのは,OEKの新しい「売り」にできるのでは,と思いました。特に,今回のエリックさんとの「くるみ割り人形」は,「OEK用のアレンジ」ということなので,この曲で全国ツァーなどしても面白いのではと思いました。個人的に期待してしまうのが...シンフォニックジャズ版「展覧会の絵」。実現しないでしょうか?

そして,盛大な拍手に応えて演奏されたアンコールが,映画「天使にラブソングを2」で使われている,「ジョイフル,ジョイフル」。これを山下洋輔さんも含めて,全員で演奏。この曲のオリジナルは第9の「歓喜の合唱」ということで,「日本の師走」に聞くには誠にふさわしい作品。OEKは12月に第9をほとんど演奏しない稀有な日本のオーケストラですが,その代わりに「ジョイフル,ジョイフル」を演奏するのを恒例にしても面白いかもと思わせるほど,浮き浮きとした気分の演奏でした。お客さんもOEKメンバーもしっかり楽しんでいたと思います。

挟間さんとOEKは,昨年度のコンポーザ・オブ・ザ・イヤーだったことからつながりが始まりましたが,本日の大盛り上がりの演奏を聞いて,OEKシンフォニック・ジャズ・ホリデーの続編に期待したいと感じました。「ホリデー」は,クリスマスのことを指すとも解釈できるので,年末恒例でも面白いかもしれませんね。

« 栁澤寿男指揮OEKによる「合唱なし」のメサイア公演@石川県立音楽堂を聞いてきました。4人のソリストの大活躍に拍手。第1部12曲目の合唱曲の代わりの「きよしこの夜」も感動的でした。 | トップページ | #加羽沢美濃 さんの司会による #夜クラ @ #石川県立音楽堂 。今回のゲストはピアニストの #金子三勇士 さん。このシリーズは毎回楽しいのですが,これまででいちばんの充実感だったかもしれません。金子さんの圧倒的なピアノを楽しめました。ステージ背景のツリーは「くるみ割り人形」公演の準備? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 栁澤寿男指揮OEKによる「合唱なし」のメサイア公演@石川県立音楽堂を聞いてきました。4人のソリストの大活躍に拍手。第1部12曲目の合唱曲の代わりの「きよしこの夜」も感動的でした。 | トップページ | #加羽沢美濃 さんの司会による #夜クラ @ #石川県立音楽堂 。今回のゲストはピアニストの #金子三勇士 さん。このシリーズは毎回楽しいのですが,これまででいちばんの充実感だったかもしれません。金子さんの圧倒的なピアノを楽しめました。ステージ背景のツリーは「くるみ割り人形」公演の準備? »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック