OEKのCD

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 本日午後は広上淳一さん指揮のOEKと京響による「和洋の響」公演。金剛龍勤さんの能舞などを加えた和洋コラボ,旭井翔一さんの楽しめる新曲,両オケ得意のプログラム...盛り沢山なプログラムはどの曲も充実の演奏。さらにはお楽しみプレゼントにも当選ということで,言うことなしの公演でした。#oekjp | トップページ | 石川県立音楽堂で行われたルドヴィート・カンタ チェロ・リサイタル。沼沢淑音さんのピアノと一体となったスケールの大きなプロコフィエフ&ラフマニノフのチェロ・ソナタ。堪能しました。そして驚きのアンコール7曲。演奏できる喜びに溢れた公演でした。 »

2021/02/18

梅干野安未オルガン・リサイタルを石川県立音楽堂で聴いてきました。これまで馴染みの薄かった,フランスのオルガン音楽の楽しさに触れることができました。また聴いてみたいと思いました。

数日前の春のような陽気から一転して,ここ数日の金沢は雪。山は越えたようですが,市内に雪が残る中,石川県立音楽堂コンサートホールで行われた,梅干野安未さんのオルガン・リサイタルを聴いてきました。まず,梅干野さんのお名前ですが,「ほやの」と読みます。最初見た時「誤植かな?」と思ったのですが,しっかり漢字変換されましたので,完全に私の「誤解」でした。

このリサイタルですが,当初は,フランスのオルガン奏者,オリヴェイエ・ラトリーさんが出演するはずでしたが,コロナ禍で来日できなくなったため,その代役として,ラトリーさんの弟子でもある梅干野さんが出演することになったものです。演奏された曲も,フランスのオルガン曲が中心でした。「オルガンといえばバッハ」という印象を持つ方は多いと思いますが,本日の梅干野さんの演奏を聴いて,「ドイツのオルガン曲よりも親しみやすいのでは」と感じました。多彩な音色という点に加え,新たな響きを作り出そうと各作曲家が色々な技を追求している感じがしました。これまで馴染みの薄かったフランスのオルガン作品を存分に楽しむことができました。

プログラムは約1時間で,夕食後にゆっくり聴くのにちょうどよい感じでした。今回のプログラム中,唯一,フランスの作曲家ではない,バッハのカンタータ第29番の中のシンフォニアでスタートしたのですが,この曲もフランスのオルガン奏者,マルセル・デュプレ編曲のものでしたので,「オール・フランス・プログラム」と言っても間違いではないと思います。この曲ですが,演奏が始まるとすぐ,「あ,あの曲か」と分かる作品で(バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番の最初の曲),演奏会全体の開始にふさわしい明快さがありました。

その後,ヴィエルヌの「ヒンクリーの鐘」という曲が演奏されました。鐘の音を模した曲なのですが,梅干野さんによる曲目解説に書かれていたとおり,曲の最後の部分の「流星のごとく降り注ぐ下降音階」の部分が素晴らしく,何かすごい世界包み込まれたような気分になりました。

フォーレの「シシリエンヌ」のオルガン編曲版は,オリジナルのフルート版よりも,もっと鄙びた感じがありました。フランクの「祈り」は,厚みと暖かみのある響きが最高でした。本日は,ところどころで梅干野さんのトークが入りましたが,この曲については,「何に対する祈りなのかフランク自身は示していない。どんな思いにも使える」と語っていました。私の場合,「ひたすら気持ちが落ち着く曲だなぁ」と思いつつ,何も祈らずじまいだったので,今度聴くときは,しっかり祈ってみたいと思います。

アランの「アニ・ヤヴィシュタによる2つのダンス」という曲も初めて聴く曲でしたが,作曲者のアランの才能のすばらしさを感じさせるようなオリジナリティあふれる作品だと思いました。名オルガニスト,マリー=クレール・アランのお兄さんで,曲目解説によると戦争で29歳の若さでなくなった方です。東洋的な雰囲気を持った不思議な響きが続き,次は一体どんな音が出てくるのだろう,とワクワクさせるような作品でした。その他にも曲があるようなら,是非聞いてみたいものだと思いました。

ローランの「想い」という作品は,東日本大震災の被災者のために書かれた作品です。作曲者のローランは,梅干野さんのパリ音楽院時代の学友ということで,年齢を逆算すると,20代前半に書かれた曲ということになります。文部省唱歌「ふるさと」のメロディの断片をちりばめた作品で,この曲もまた,アランの曲に通じるような不思議な響きが随所に出てきていました。

今回は,オリジナルの「ふるさと」のメロディを演奏した後,この曲が演奏されたのですが,このアイデアは素晴らしいと思いました。オリジナルの「ふるさと」は,震災前の穏やかなふるさとを象徴し,ローランの作品の方は,震災でバラバラになってしまったふるさとを表現しているようでした。特に最初の方に出てくる,「思い出の波が漂うようなヴィブラートの響き(曲目解説の表現です)」の部分の何とも言えない不気味な音が印象的でした。

オリジナルの「ふるさと」については,明治初期に讃美歌をもとに作られたという話を聞いたことがあるのですが,こうやってオルガンで演奏されると,確かに讃美歌のようだな,と感じました。

演奏会の最後は,ギルマンのオルガン・ソナタ第1番の最終楽章(フィナル)が演奏されました。曲の最初の部分から。,バリバリと突き刺さるような輝きのある音と勢いのある音楽の流れが見事でした。最後の方は,サン=サーンスの「オルガン付き」交響曲の雰囲気を思い出させるような,コラールを交えた盛り上がりを作り,演奏会を爽快に締めてくれました。

アンコールでは,おなじみバッハ作曲の「主よ人の望みの喜びを」が軽やかに演奏されました。

演奏会全体を通じて,立派で壮大で圧倒的な迫力の世界だけでない,オルガンの多彩な音と表現を楽しませてくれるような内容だったと思いました。特に近代フランスのオルガン曲には,そういった作品が多いようなので,是非またフランス特集を聴いてみたいと思いました。

« 本日午後は広上淳一さん指揮のOEKと京響による「和洋の響」公演。金剛龍勤さんの能舞などを加えた和洋コラボ,旭井翔一さんの楽しめる新曲,両オケ得意のプログラム...盛り沢山なプログラムはどの曲も充実の演奏。さらにはお楽しみプレゼントにも当選ということで,言うことなしの公演でした。#oekjp | トップページ | 石川県立音楽堂で行われたルドヴィート・カンタ チェロ・リサイタル。沼沢淑音さんのピアノと一体となったスケールの大きなプロコフィエフ&ラフマニノフのチェロ・ソナタ。堪能しました。そして驚きのアンコール7曲。演奏できる喜びに溢れた公演でした。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日午後は広上淳一さん指揮のOEKと京響による「和洋の響」公演。金剛龍勤さんの能舞などを加えた和洋コラボ,旭井翔一さんの楽しめる新曲,両オケ得意のプログラム...盛り沢山なプログラムはどの曲も充実の演奏。さらにはお楽しみプレゼントにも当選ということで,言うことなしの公演でした。#oekjp | トップページ | 石川県立音楽堂で行われたルドヴィート・カンタ チェロ・リサイタル。沼沢淑音さんのピアノと一体となったスケールの大きなプロコフィエフ&ラフマニノフのチェロ・ソナタ。堪能しました。そして驚きのアンコール7曲。演奏できる喜びに溢れた公演でした。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック