OEKのCD

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021/09/19

爽やかな秋晴れの中,OEK定期公演2021/2022シーズンがスタート。川瀬賢太郎さんの指揮,菊池洋子さんのピアノによる初期ロマン派プログラム。シューマンの「知る人ぞ知る」作品を中心とした爽快な公演。アンコールを含め,菊池さんピアノを堪能できました。#oekjp

爽やかな秋晴れの中,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の定期公演2021/2022がフィルハーモニー・シリーズでスタートしました。指揮は川瀬賢太郎さん,ピアノは菊池洋子さんで,メンデルスゾーン,シューマン,ショパンというほぼ同年齢の作曲家による初期ロマン派の作品を並べたプログラムでした。この日の気候同様,さらっと晴れ上がったような演奏が続き,爽快な気分で新シーズンの開幕を迎えることができました。

最初に演奏された,序曲「美しいメルジーネの物語」は,メンデルスゾーンらしい描写的な音の動きと,大げさ過ぎないドラマが絡み合うような作品。川瀬さんが瑞々しく聴かせてくれました。

シューマンのピアノ協奏曲はOEKが取り上げることの多い協奏曲の1つです。冒頭,オーケストラに挑むような感じで菊池さんのピアノが始まった後は,ロマンティックで柔らかな気分を交え,多彩な表情を見せながら進んでいきました。菊池さんのピアノは細かい部分で本調子でないように思えましたが,第3楽章の終盤などは,オーケストラと一体になってノリの良いスケールの大きな音楽を聴かせてくれました。

特に印象的だったのは,第1楽章の中間部であるとか,第2楽章の後半であるとか,音楽が静かになる部分でのセンシティブな音楽でした。川瀬さん指揮OEKと菊池さんとが一体になって,別世界に連れて行ってくれる瞬間が沢山ありました。

その後,プログラム後半,再度菊池さんが登場し,ショパンのアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズが演奏されました。実はこの曲,9月17日の夜に,ショパン国際ピアノコンクールに出場する竹田理琴乃さんの演奏(こちらはピアノ独奏版ですが)で聴いたばかり。こんなに短期間の間に連続して聴く機会もめったにないことだと思います。

まず前半の「アンダンテ・スピアナート」の部分。ピアノの音が美しかったですねぇ。このままずっとこの調子でも良いと思わせるぐらいでした。後半の「大ポロネーズ」の部分からはオーケストラが加わり,文字通り華麗な展開。竹田理琴乃さんの方が軽やかでしたが,菊池さんの大柄な演奏も大変魅力的でした。

プログラム最後は,シューマンの「序曲,スケルツォとフィナーレ」という人を喰ったようなタイトルの作品。実態は,緩徐楽章のない小交響曲といった感じで,プログラム全体の最後に持ってくるには少々軽い印象はありましたが,それでも「シューマンらしさのツボ」が次々と出てくる聞きやすい作品でした。

川瀬さんはOEKの定期で取り上げる曲を選ぶ際には,「知る人ぞ知る,ちょっといい曲」を意識的に選んでいるようですが,この曲もまたそういう感じでした。

第1楽章ミステリアスな感じで始まった後,いかにも初期ロマン派的な瑞々しいメロディが出てきたり,第2楽章では,ちょっと何かをたくらんでいるようなひっそりとしたスケルツォになったり,とても楽しめました。第3楽章のフィナーレも,聴けば「シューマンだ」と思わせる雰囲気。ちょっとフーガを思わせる感じでがっちり盛り上がると同時に,流れよく音楽が進み,気持ちよく全曲が締められました。

そして,本日は最後に「予定外」といっても良いアンコール曲が演奏されました。川瀬さんとOEKと菊池さんは,9月26日に松江でも公演を行う予定でしたが,この公演がコロナの影響でキャンセルになることが決まったとのことです。この公演だけで演奏予定だったのが,モーツァルトのピアノ協奏曲第20番。しっかりリハーサルもしていたのにもったいない...ということで,松江公演の代わりに今回,第2楽章だけアンコールとして演奏されました。

この演奏ですが,さすが,モーツァルトを得意とする菊池さんという演奏。ゆったりと流れるというよりは,美しく弾むといった感じの演奏で,純度の高い美しさを味わうことができました。

松江公演がキャンセルになったように,まだまだコロナ禍は収束していませんが,新定期公演のシリーズでは,客席100%利用という「通常の形」となります。ウィズ・コロナの1年になりそうですが,こういう時だからこそ,しっかと「新様式」を守りつつ,生演奏の良さを楽しみたいと思います。

2021/09/17

本日は10月にショパン国際ピアノコンクール本大会に出場する,竹田理琴乃さんのリサイタル@石川県立音楽堂交流ホールへ。軽やかな華麗さが続く「アンダンテスピアナートと華麗な大ポロネーズ」,深い深い世界に降りていくような幻想ポロネーズ...これまでの集大成のような素晴らしい公演でした。ポーランドの聴衆も魅了して欲しいですね。

今晩は,金沢市出身のピアニスト,竹田理琴乃さんのリサイタルを石川県立音楽堂交流ホールで聞いてきました。竹田さんは,10月にワルシャワで行われる,第18回ショパン国際ピアノコンクールの本大会に出場されます。この日のプログラムはオール・ショパン・プログラム...ということで,本大会で演奏予定の曲を並べた最終調整を兼ねた公演といえます。

竹田さんの演奏は,2008年の北陸新人登竜門コンサートでのOEKとの共演以来,考えてみると10年以上も聴いていますが,ついにここまで来たか,という感慨にふけっています。これまでの集大成のような見事な演奏の連続でした。

演奏されたのは,ノクターン,エチュード,ポロネーズ,前奏曲,ワルツ,そしてソナタ第2番という多彩なものでした。

ノクターン第16番の最初の音から,磨かれた音を聞かせてくれました。竹田さんは,演奏途中のトークで「心を込めて演奏します」と語っていましたが,その言葉どおりの演奏でした。鮮やかだけれども,機械的にならず雄弁に聞かせるエチュードop.10-4(別れの曲の次の曲ですね)。生き生きと弾む,エチュードop.25-4。

そして前半最後に,ピアノ・ソナタ第2番「葬送」が演奏されました。冒頭の1音は全く力んだところのない平静さ。全体にしっかりと抑制が効いており,ソナタらしいバランスの良さがありました。その中で,メロディはしっかりと歌われ,瑞々しい詩情が漂っていました。第3楽章「葬送行進曲」の中間部の純粋さに溢れた美しさが忘れられません。第4楽章は「墓場を吹き抜ける風」というよりは,どこか艶やかさがあり,不思議な世界に連れていかれたようでした。

後半は,「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」でスタート。これもまたお見事としか言いようのない演奏でした。前半の品の良い優雅な気分を受け,終盤のこれでもかこれでもかと続く煌めき。竹田さんの演奏は大変軽やかで,しつこさがありません。音色が多彩で,
どれだけれも聞いていたくなります。そして,さわやかでゴージャズな気分にさせてくれました。

前奏曲op.45は嬰ハ短調ということで,最近人気の高い,ノクターン嬰ハ短調遺作のような雰囲気の曲。はかなげてメランコリックな雰囲気に浸ってしまいました。続いて演奏されたワルツop.42は長調だけれども,どこかメランコリック。竹田さんの演奏には,ノリの良いせつなさ的な気分があり,大変魅力的でした。

演奏会の最後は,幻想ポロネーズ。曲が進むにつれて深い深い世界に入り込んでいくような演奏。ずっとこの世界にいたいと思わせながらも,最後はそこから立ち上がり,力強く終了。内面のドラマを感じさせるような,大変聴きごたえのある演奏でした。

演奏会の後,竹田さんから「ショパンコンクールに参加してきます。悔いのないように演奏したい」といった言葉と支援してくれている関係の皆さんへの感謝の言葉と,マズルカのアンコールがありました。竹田さんには,選ばれたわずかな人しか出られない大舞台で自分の思う通りのショパンを「心をこめて」演奏してきてもらいたいと思います。きっとポーランドの聴衆も魅了することでしょう。

そして,その結果とは別にして...竹田さんによるショパン全曲演奏シリーズといった企画などあれば,是非参加してみたいものです。期待をしています。

2021/09/12

石川県立音楽堂開館20周年記念 #oekjp & #仙台フィル 合同公演は #山田和樹 & #川瀬賢太郎 の2人の指揮者による「らしさ」に溢れたプログラム。弦チェレ,古典交響曲,ご当地大河2曲,武満徹「波の盆」...岩城さんも大満足かも。最後は「オルガン付き」で締め。アンコールでは...何と2人で指揮の「夕焼け小焼け」。20周年に改めて感謝

本日は石川県立音楽堂コンサートホールで行われた,石川県立音楽堂開館20周年記念事業OEK&仙台フィル合同公演「楽都の響」を聴いてきました。

実は,私自身,演奏会のレビューを書き溜めるようになったのも,石川県立音楽堂の完成がきっかけの一つだったので,感慨深いものがあります。20年間,少なく見積もっても月2,3回は音楽堂に出かけていましたので,12ヶ月×2回×20年=480回となりますが...500回以上出かけているのは確実です。自宅,職場の次に長い時間を過ごしている場所ということになります。

そのプログラムですが,「音楽堂らしさ」「石川県らしさ」そして音楽堂の設立に多大な力のあった「岩城宏之さんらしさ」がポイントだったと思います。その記念公演を一緒に祝ってくれたのが,仙台フィル(SPO)。10年前の東日本大震災直後以来の合同公演です。指揮者は,山田和樹さん,川瀬賢太郎さんの2人。この2人の指揮者が,「らしさ」溢れる記念公演を大きく盛り上げてくれました。

まず,OEKとSPOの弦楽セクションが左右に分かれて配置して演奏されたのがバルトークの「弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽」でした(ピアノ,チェレスタ,打楽器類は真ん中に配置)。この選曲は,岩城さんへのオマージュの意味もあったと思います。ピアノには,岩城さんの奥さんの,木村かをりさんも参加していました。

山田和樹さんの指揮は,熟練の指揮ぶりでした。緊張感の高さ,密度の高さを維持しつつ,堅苦しくなりすぎることはなく,所々,余裕を持って遊ぶような部分もありました。いかにも岩城さん好みのこの作品ですが,いつの間にか,私自身,以前よりもこの曲の面白さが分かるようになって来た気がします。

第1楽章,2群に分かれたオーケストラの各パートが,ゆっくりとしたフーガのように絡んでいく感じ。じわじわと浸みてくるのが,しみじみ良いなぁと思いました。打楽器が加わると,音に変化が加わり,さらにチェレスタやハープが加わると色が加わりました。ティンパニのグリッサンド,よくよく見ると結構変わった奏法をしていたシンバル,シロフォンの冴えた音,そしてバチンと強烈に弾くコントラバスのピチカート...どんどん,バルトークの語法にはまっていく感じが快感でした。この演奏では,木村かをりさんがピアノで参加されていましたが,しっかりと全体を支える支柱になっているようでした。

休憩後は,記念公演に相応しい,もう少しリラックスした雰囲気の曲目が並びました。まず,各オーケストラの単独演奏のステージが続きました。最初はOEKの単独演奏で,川瀬賢太郎さん指揮による「十八番の一」のプコロフィエフの古典交響曲。7月に聴いたばかりの曲ですが,非常に新鮮に響いていました。終楽章のキリッとした雰囲気など,「これから新しい20年が始まる」といった感じの生きの良さを感じました。

その後,音楽堂完成直後にNHK大河ドラマのテーマ曲を演奏することになった「利家とまつ」のメインテーマが演奏されました。こちらも何回も何回も聴いてきた曲ですが,川瀬さんの指揮ぶりは大変のびやか。利家が20歳ぐらい若返った感じでした。

続いて山田和樹さん指揮SPOのコーナー。「利家のまつ」に呼応するように,1987年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」のテーマが演奏されました。両オーケストラそれぞれに,ご当地テーマ曲があるというのが,大変面白いところです。しかも,この曲を作曲したのが,石川県立音楽堂洋楽監督でもある池辺晋一郎さん。この日も池辺さんが司会でしたので,「これしかない,やるしかない」という曲でした。

この曲も過去数回実演で聴いたことがありますが,正統派大河ドラマという堂々とした押し出しの良さのある曲です。個人的には,曲の最初の方,半音階で金管楽器が下降していく部分が印象に残っています。そしてオンドマルトノの音も特徴的です。今回はシンセサイザーで代用していました(ただし,私の席(3階)からだと音があまり鮮明に聞こえませんでした)。

その後,岩城さんの盟友,武満徹作曲のドラマ「波の盆」の音楽。この曲は,武満さんの死後,どんどん人気が高まっている曲ですね。自然な息遣いの感じられる,美しく柔らかな演奏でした。

演奏会の最後は,石川県立音楽堂コンサートホールのパイプオルガンにちなんで,サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」の第2楽章後半の合同演奏で締められました。音楽堂のオルガンといえば,「この楽器をいちばん頻繁に演奏されている」黒瀬恵さんですね。黒瀬さんの演奏するオルガンの音がバーンと飛び込んできました。これがまず爽快でした。

せっかくの「オルガン付き」だったので,全曲聴きたいなと思っていたのですが,いきなりオルガンの音が入ってくるのも良いなと思いました。川瀬さんの爽快な明快な指揮の下で,気持ちよく全曲を締めてくれました。

その後,「お客さんもハミングで参加してください」という呼びかけの後,「夕焼け小焼け」が演奏されました。コロナ禍で合唱曲があまり演奏されない中,会場が幸せな空気に包まれました。指揮者は...何と山田さんと川瀬さんの2人。最初は川瀬さんが「合唱指揮」でしたが,最後の部分では,2人が仲良く(?)並んでオーケストラを指揮。「20年に一度か?」と思わせる珍しい光景でした。

お土産は20周年を祝う紅白饅頭のプレゼント。こういう時に和菓子が出てくるのも金沢らしいところだと思います。

さて20年後は,一体どんな世の中になっているのでしょうか?2041年ということで,仕事の多くにAIが入り込んでいることでしょう。音楽堂の案内もAI内蔵ロボット...という時代になっているのかもしれないですね。

とりあえずは(当面の願いは),何とかコロナ禍に収まってもらいたいですね。そして,その後は,これまで同様,毎日毎日,1回1回の公演を楽しんで行きたい,と個人的には思っています。音楽堂の関係者の皆様に改めて感謝をしたいと思います。

2021/09/04

9月になりOEKの新シーズン開始。#岩城宏之 メモリアルコンサートは #秋山和慶 さんが登場。やはりベテラン指揮者のハイドンは最高です。岩城宏之音楽賞を受賞した #小泉詠子 さんの整った歌はどれも見事でした。特に「ファウストのの劫罰」のアリア。静かで熱い思いが伝わってきました #oekjp

9月になりオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の新シーズンが始まりました。毎年,この時期に行われている岩城宏之メモリアルコンサートが石川県立音楽堂コンサートホールで行われたので聞いてきました。当初,指揮者はマルク・ミンコフスキさんの予定でしたが,コロナの影響で再来日はかなわず,秋山和慶さんが登場しました。

秋山さんは,今年の「楽都音楽祭」では,大阪フィルと「ローマ三部作」の全曲を指揮されるなど,音楽祭全体の「目玉」として活躍されました。その一方,OEKを指揮する機会は意外に少なかったので,今回の代役は多くのOEKファンにとっても待ち望んでいたものかもしれません。

このコンサートのもう一つの注目は,その時の岩城宏之音楽賞受賞者が登場することです。今年は,石川県津幡町出身のメゾ・ソプラノ,小泉詠子さんが登場しました。小泉さんはOEKの色々な公演で既に何回も共演されている方です。ミンコフスキさんが指揮したロッシーニの「セビリアの理髪師(演奏会形式)」公演にも出演されているなど,その受賞は全く異存がなかったのではないかと思います。

前半は,岩城さんの盟友でもあった外山雄三さんの曲に続いて(この曲はちょっと短すぎたので,もう少し長い曲でも良かったかも),小泉さんと歌とモーツァルトの序曲が交互に演奏される形でした。

小泉さんは,最初,カストラートが歌ったというヘンデルの「ジュリオ・チェーザレ」の中のアリアを歌いましたが,シュッとした声の感じがとても気持ちよく,この曲の持つ,爽やかな祝祭感にぴったりだと思いました。モーツァルトの「コシ・ファン・トゥッテ」のアリアは凜としたたたずまいと暖かみのある声で,とてもノリの良い歌を聴かせてくれました。前半最後に歌われた,ベルリオーズ「ファウストの劫罰」の中のマルグリートのアリアは初めて聞く曲でしたが,しっとりとした雰囲気から,次第に熱い熱い思いへと盛り上がっていく感じに魅了されました。この「ファウストの劫罰」は,中々演奏されない曲ですが,機会があれば,ミンコフスキさん指揮+小泉さんのマルグリートで実演を聴いてみたいものです。

小泉さんの声には,密度の高さがあり,きっちり整った歌には常に安心感が感じられるのが素晴らしいと思いました。

前半その他,モーツァルトの「コシ・ファン・トゥッテ」「後宮からの誘拐」の序曲も演奏されましたが,それぞれに充実した演奏。無理のないテンポ感からズシッとした手応えを感じさせてくれました。「後宮からの誘拐」の楽器編成が,後半演奏されるハイドン「軍隊」交響曲と同じで,絶好の「予告編」になっていたのも良いアイデアでした。

その後半の「軍隊」も大変充実していました。定期公演のメインプログラムに持ってきても相応しいような味と貫禄のある演奏でした。第1楽章序奏部は大変こってり演奏していたのですが,主部に入ると急に可愛らしい雰囲気に一転,どんどん音楽のノリが良くなり,各楽器ががっちりと組み合わさった聴きごたえのある音楽へと盛り上がって行きました。

第2楽章の鳴り物入りの部分も,大げさに盛り上げてはいないのに,ズシッと聴かせてくれました。後半に出てくるトランペットの信号の部分は,藤井さんが立派な音を聴かせてくれました。第3楽章のメヌエットは力感溢れる音楽。トリオの部分と鮮やかにコントラストが付けられていました。

そして軽快な第4楽章。プログラムの解説で,飯尾洋一さんは,「ネタの念押しのように,最後,軍楽隊の楽器が再登場」,と書かれていましたがと,確かにその表現どおりだと思いました。分かっているけど,鳴り物が出てくると嬉しくなります。ハイドンの「軍隊」についてや,大げさに演奏しなくても,十分に盛り上がるし,余裕のある演奏の方が,ユーモアが漂う,といったことを思わせる秋山さんの指揮ぶりでした。

というわけで,やや演奏時間的には短かったものの,通常の定期公演と同様の充実感のある演奏を聴かせてくれました。唯一残念だったのは...「ファウストの劫罰」のアリアの後,大活躍したイングリッシュ・ホルンのエキストラだった上原朋子さんを立たせてくれなかった点です。きっと「うっかり忘れてしまった」に違いないと思いました。しっとりとした音が小泉さんの声にぴったりマッチしていました。

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック