OEKのCD

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« #NHK音楽祭 2021は,石川県立音楽堂で行われた井上道義指揮 #oekjp によるオール・モーツァルト・プログラムで開幕。17歳の奥井紫麻さんのセンス抜群のピアノとの共演による協奏曲23,王道を行くような松木さやさんのフルート。井上さんの曲への愛が溢れるような交響曲第29番。存分に楽しめました。11/7 21:00 Eテレをお楽しみに | トップページ | マルク・ミンコフスキ指揮OEK ベートーヴェン全交響曲チクルス第4回は4番と7番。リズムへのこだわりと増強した低弦の威力が冴えていた4番。爽快な熱狂といった印象の7番。今回も「らしさ」満載。演奏後,袖に引っ込まず指揮台横で一休みするなど,ステージマナーの方も新様式を楽しんでいるようでした。#oekjp »

2021/10/12

OEKヴァイオリン奏者,原田智子さんと小林道夫さんのピアノによる,心にしみるモーツァルト,シューベルト,ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ3曲。じっくりと楽しみました。ストイックでありながら親密な雰囲気が素晴らしいと思いました。

今晩はオーケストラ・アンサンブル金沢のヴァイオリン奏者,原田智子さんと小林道夫さんのピアノによる演奏会に行ってきました。会場の金沢市アートホールは,しばらく改装工事をしていたこともあり,来るのは本当に久しぶりのことでした(調べてみると約2年ぶり)。

原田さんと小林さんは以前にも金沢で共演をされたことがありますが,今回のプログラムは,モーツァルト,シューベルト,ベートーヴェンによる,ヴァイオリンとピアノのためのソナタ3曲という大変楽しみな内容。私自身,原田さんのヴァイオリンの落ち着いた音がとても好きなので,これはぴったりかもと思い,今回の公演に臨みました。

そして,今回のもう一つの大きな期待が,小林道夫さんのピアノでした。小林さんは,岩城宏之さんとほぼ同世代ということで,何と今年米寿ということになります。ただし,ステージ上の姿はこれまでと全然変わらないと思いました。この「ずーっと変わらない,ずーっと活躍している」という点で,指揮者の秋山和慶さんと双璧だと思います。

演奏された曲は,モーツァルトのソナタ ト長調,K.379,シューベルトのソナチネ第2番イ短調,ベートーヴェンのソナタ第10番ト長調ということで,ト長調の曲の2曲の間にイ短調の曲が入るというシンメトリカルな構成。モーツァルトもベートーヴェンも最終楽章が変奏曲形式という点も共通。3曲とも華やかに盛り上がるというよりは,親密さやしみじみとした情感を感じさせる点に魅力があり,プログラム全体を通じた統一感がありました。

そして,お二人の演奏が素晴らしいものでした。原田さんも小林さんも,一見クールな印象がありますが,一音一音を非常に大切に演奏されており,曲に対するリスペクトがしっかりと伝わってきました。原田さんのヴァイオリンの音には,甘く感傷的な感じは全くなく,どこかストイックな感じがします。どの部分にも一本筋が通った強さがあると同時に一人一人に語りかけてくるような親密さがあります。そして常に自然体で落ち着きがあるのが素晴らしいと思います。小林さんのピアノも派手な感じはなく,落ち着いたムードでしっかりと原田さんを支えていまいした。堀朋平さんによるプログラムの解説も,とても分かりやすく,深い内容を持ったもので,原田さんの演奏の雰囲気にぴったりでした。

今回のような,ちょっと控えめな感じのするヴァイオリン・ソナタ3曲といったプログラムは,金沢で聴く機会は少ないのですが,原田さんには是非この路線で,今後もリサイタルを行っていって欲しいと思います。期待をしています。

PS.モーツァルトのソナタの変奏曲形式の第2楽章を聞きながら,「ピアソラの「ブエノスアイレスの〇(忘れました)」の最後の方に出てくる,古典的なの雰囲気の部分とそっくり」と感じました。何にも書いてないので自信はないのですが...この曲のパロディなのかもしれないですね。

« #NHK音楽祭 2021は,石川県立音楽堂で行われた井上道義指揮 #oekjp によるオール・モーツァルト・プログラムで開幕。17歳の奥井紫麻さんのセンス抜群のピアノとの共演による協奏曲23,王道を行くような松木さやさんのフルート。井上さんの曲への愛が溢れるような交響曲第29番。存分に楽しめました。11/7 21:00 Eテレをお楽しみに | トップページ | マルク・ミンコフスキ指揮OEK ベートーヴェン全交響曲チクルス第4回は4番と7番。リズムへのこだわりと増強した低弦の威力が冴えていた4番。爽快な熱狂といった印象の7番。今回も「らしさ」満載。演奏後,袖に引っ込まず指揮台横で一休みするなど,ステージマナーの方も新様式を楽しんでいるようでした。#oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« #NHK音楽祭 2021は,石川県立音楽堂で行われた井上道義指揮 #oekjp によるオール・モーツァルト・プログラムで開幕。17歳の奥井紫麻さんのセンス抜群のピアノとの共演による協奏曲23,王道を行くような松木さやさんのフルート。井上さんの曲への愛が溢れるような交響曲第29番。存分に楽しめました。11/7 21:00 Eテレをお楽しみに | トップページ | マルク・ミンコフスキ指揮OEK ベートーヴェン全交響曲チクルス第4回は4番と7番。リズムへのこだわりと増強した低弦の威力が冴えていた4番。爽快な熱狂といった印象の7番。今回も「らしさ」満載。演奏後,袖に引っ込まず指揮台横で一休みするなど,ステージマナーの方も新様式を楽しんでいるようでした。#oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック