OEKのCD

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« #宮谷理香 デビュー25周年記念ピアノリサイタル 未来への前奏曲@北國新聞赤羽ホール。前半は,じっくりと演奏された前奏曲尽くし。後半は弦楽六重奏との共演による正統派のショパンの2番の協奏曲。小林仁さんとの対談を交えた充実の演奏会でした。 | トップページ | #oekjp 定期初登場の原田慶太楼さん指揮による力強く引き締まったビゼー,意外なことに定期初登場だった横山幸雄さんとのモーツァルト24番の美しさ。弦楽器総立ちで演奏していた吉松隆のアトム・ハーツ・クラブのダイナミックな楽しさ。原田さんの作る世界をしっかり楽しみました。 »

2021/12/12

年末恒例,#北陸聖歌合唱団 & #松井慶太 指揮 #oekjp によるクリスマス・メサイア公演。じっくりとしたテンポ設定から,2年ぶりに合唱できる感動がじわじわと伝わってきました。ソリストも皆さん素晴らしい歌唱。#韓錦玉 #小泉詠子 #鈴木准 #青山貴

本日は年末恒例の,北陸聖歌合唱団とOEKによるクリマス・メサイア公演を石川県立音楽堂コンサートホールで聴いてきました。昨年は,コロナ禍の影響で「合唱なしのメサイア」という異例の公演でしたので,合唱入りは2年ぶり。半世紀以上,メサイアを歌い続けている北陸聖歌合唱団の皆さんにとっても,感慨深い公演になったと思います。

今回は,第1部を中心としたハイライト公演で,指揮は松井慶太さんでした。松井さんのテンポ設定は全体的にやや遅めで,特に合唱曲については,しみじみとした「思い」がしっかりと伝わってきました。合唱団の皆さんは,全員マスク(通常のマスクではなく,合唱用マスクといった感じのものかもしれません。顔の下半分を覆う感じのマスクでした)着用での歌唱ということで,少しこもった発声に聞こえましたが,その分,柔らかさがあり,感動を内に秘めたような奥深さを感じました。

今回素晴らしかったのは,独唱者の皆さんでした。特にバリトンの青山貴さんの歌唱には圧倒されました。青山さんといえば,最近はびわこホールでのワーグナー作品でお馴染みですが,その本領を発揮したような,威厳のある豊かで美しい声をホール中に響かせてくれました。テノールの鈴木准さんについては,個人的に松本隆詞にはよるシューベルトの三大歌曲で注目していた方ですが,声質がバロック音楽の宗教音楽にもぴったりで,リリカルで芯の強さのある歌唱を存分に楽しませてくれました。

女声は,金沢でもすっかりおなじみの2人でした。慈愛に満ちた優しさのあるソプラノの韓錦玉さん,落ち着きと品のあるメゾ・ソプラノの小泉詠子さん。それぞれの声にぴったりの歌唱を聞かせてくれました。特に小泉さんの歌った,第2部最初の長大なアリアが素晴らしかったですね。中間部では言葉を吐き捨てるような強い表現が印象的でした。

OEKは,合唱曲の時はフル編成で,独唱曲の時は首席奏者中心による小編成での演奏でした。小編成の演奏の時は,弦楽器はノン・ヴィブラートで演奏しており,すっきりとした清涼感が伝わってきました。第3部のバリトンのアリアでの藤井さんのトランペットには,染み渡るような輝かしさがあり,じっくり味わうメサイアにぴったりの雰囲気がありました。

第2部最後のハレルヤコーラスは,率直な表現で,2年ぶりに合唱で歌う,喜びがストレートに伝わってきました。この曲に入る直前,松井さんが客席の方を向いて「皆さん,立ち上がりませんか?」といった表情。その効果か,今年はとても大勢のお客さんが起立していました。私の座席の回りの人もみんな立ち上がったので,例年は,気恥ずかしくて着席したまま聞いていた私も立ち上がってみることにしました。その結果ですが...立ち上がった方が音がよく聞こえることが判明。単純に気持ちよいなぁと思いました。

最後のアーメン・コーラスもじっくりとしたテンポで,派手に歌い上げるよりは,感動をしみじみと噛みしめるようでした。まだまだコロナ禍の影響は続いていますが,本日の演奏を聴いて,ようやく年末気分が実感できた気がします。来年こそ,新しいスタートを切れる年になって欲しいものです。

« #宮谷理香 デビュー25周年記念ピアノリサイタル 未来への前奏曲@北國新聞赤羽ホール。前半は,じっくりと演奏された前奏曲尽くし。後半は弦楽六重奏との共演による正統派のショパンの2番の協奏曲。小林仁さんとの対談を交えた充実の演奏会でした。 | トップページ | #oekjp 定期初登場の原田慶太楼さん指揮による力強く引き締まったビゼー,意外なことに定期初登場だった横山幸雄さんとのモーツァルト24番の美しさ。弦楽器総立ちで演奏していた吉松隆のアトム・ハーツ・クラブのダイナミックな楽しさ。原田さんの作る世界をしっかり楽しみました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« #宮谷理香 デビュー25周年記念ピアノリサイタル 未来への前奏曲@北國新聞赤羽ホール。前半は,じっくりと演奏された前奏曲尽くし。後半は弦楽六重奏との共演による正統派のショパンの2番の協奏曲。小林仁さんとの対談を交えた充実の演奏会でした。 | トップページ | #oekjp 定期初登場の原田慶太楼さん指揮による力強く引き締まったビゼー,意外なことに定期初登場だった横山幸雄さんとのモーツァルト24番の美しさ。弦楽器総立ちで演奏していた吉松隆のアトム・ハーツ・クラブのダイナミックな楽しさ。原田さんの作る世界をしっかり楽しみました。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック