OEKのCD

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 雪の中,井上道義指揮 #oekjp 定期公演へ。メンバーへのねぎらいの気分の溢れたハイドンの「告別」,こんなに面白い曲だったのかと魅力を再認識させてくれたショスタコーヴィチの15番。素晴らしい公演でした | トップページ | 鈴木雅明指揮 #oekjp による第9公演。個人的には...過去実演で聴いた第9の中でも最高でした。プロの合唱団の素晴らしさ,そして4人のソリストによるオペラのような声の饗宴。その中から平和を希求するメッセージが伝わってきました。 #森谷真理 #池田香織 #小堀勇介 #大西宇宙 #東京混声合唱団 »

2022/02/19

本日はニコラ・プロカッチーニ オルガン・リサイタル@石川県立音楽堂へ。今年生誕200年のフランクの作品3曲,アランの3つの舞曲などフランスのオルガン曲を中心に健康的だけれども,刺激的な音楽を楽しませてくれました。

本日はニコラ・プロカッチーニ オルガン・リサイタルを石川県立音楽堂コンサートホールで聴いてきました。プロカッチーニさんは,イタリア出身の若手オルガン奏者で,現在,札幌コンサートホールの専属オルガニストとして活躍をされています。

プログラムは,今年生誕200年のフランクの作品3曲,アランの3つの舞曲,フランス古典期の作曲家グリニーの作品,ヴィエルヌの小品などフランスのオルガン曲を中心に,色々な時代のオルガン曲を楽しませてくれました。構成的には,昨年11月に聴いたミシェル・ブヴァールさんのリサイタルと似た部分もありましたが,バッハやメンデルスゾーンの曲が入っており,よりインターナショナルな選曲となっていました。

演奏された曲で特に印象に残ったのは,やはりフランクの3曲でした。プロカッチーニさんの演奏は,とても誠実で,健康的な雰囲気があるのがフランクの音楽にマッチしていると思いました。

「前奏曲,フーガと変奏曲」は,何となくとっつきにくそうなタイトルですが,ちょっとメランコリックな気分が流れる,「ロマン派のオルガンだ」という感じの作品で土曜日の午後に聴くのにぴったりという,落ち着いた魅力がありました。コラール第2番はフランク最晩年の作品で,より重量感がある作品で大変聴きごたえがありました。最後の部分,静かな音が長~く伸ばされて終わるあたりの不思議な気分もとても魅力的でした。パストラールでは,基調と作る穏やかな気分と中間部でのさざ波が起こるような感じの部分の対比が良いなと思いました。

その他の曲では,アランの「3つの舞曲」が大変面白い作品でした。ジャズ~ポップスなどを思わせるリズムが出てくるなど,足鍵盤が大活躍。ミステリアスな気分,オリジナリティあふれる音色,何が出てくるか分からないような曲想...プロカッチーニさんの生き生きとした刺激的な演奏にぴったりマッチしていました。アランというのは,往年の名オルガニスト,マリー=クレール・アランのお兄さんで,第2次大戦中に29歳で亡くなった作曲家です。過去,何回か石川県立音楽堂のオルガン・リサイタル・シリーズでもその曲が取り上げられてきました。どの曲も才気あふれる作品で,若く亡くなったのが本当に惜しいと改めて思いました。

演奏会の最後は,メンデルスゾーンのオラトリオ「聖パウロ」の序曲をオルガン用に編曲したもので締められました。バッハのマタイ受難曲を再演した,メンデルスゾーンらしくバッハへのオマージュのような敬虔な美しさがあり,曲の最後に向かって前向きに高揚していく感じが素晴らしいと思いました。本日の金沢は小雨が降っていましたが,音楽堂内には青空が広がっているような感じでした。

プロカッチーニさんは,札幌で活躍されている方ということで,今後もまた石川県立音楽堂のオルガンを演奏される可能性はありそうですね。今後の活躍に期待をしたいと思います。ちなみに,今年度次回のオルガン・リサイタルでは,是非フランクのコラールの3番を聞いてみたいものです。前回のブヴァールさんの時は1番を聞いたので,これでコンプリートになります。

« 雪の中,井上道義指揮 #oekjp 定期公演へ。メンバーへのねぎらいの気分の溢れたハイドンの「告別」,こんなに面白い曲だったのかと魅力を再認識させてくれたショスタコーヴィチの15番。素晴らしい公演でした | トップページ | 鈴木雅明指揮 #oekjp による第9公演。個人的には...過去実演で聴いた第9の中でも最高でした。プロの合唱団の素晴らしさ,そして4人のソリストによるオペラのような声の饗宴。その中から平和を希求するメッセージが伝わってきました。 #森谷真理 #池田香織 #小堀勇介 #大西宇宙 #東京混声合唱団 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の中,井上道義指揮 #oekjp 定期公演へ。メンバーへのねぎらいの気分の溢れたハイドンの「告別」,こんなに面白い曲だったのかと魅力を再認識させてくれたショスタコーヴィチの15番。素晴らしい公演でした | トップページ | 鈴木雅明指揮 #oekjp による第9公演。個人的には...過去実演で聴いた第9の中でも最高でした。プロの合唱団の素晴らしさ,そして4人のソリストによるオペラのような声の饗宴。その中から平和を希求するメッセージが伝わってきました。 #森谷真理 #池田香織 #小堀勇介 #大西宇宙 #東京混声合唱団 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック