OEKのCD

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« #oekjp と初共演の #鈴木秀美 さん指揮による定期公演は,ソリストなしてハイドンの交響曲2曲と2人のバッハの曲を聞かせる「知・情・意」揃った充実のプログラム。特に何が出てくるか分からないような,C.P.E.バッハのシンフォニア,とても楽しめました | トップページ | 雪の中,井上道義指揮 #oekjp 定期公演へ。メンバーへのねぎらいの気分の溢れたハイドンの「告別」,こんなに面白い曲だったのかと魅力を再認識させてくれたショスタコーヴィチの15番。素晴らしい公演でした »

2022/02/08

本日は広上淳一さん指揮による「和洋の響」公演@石川県立音楽堂。筝・能舞・篳篥と #oekjp の公演という,金沢ならではの内容。北方喜旺丈作曲による新曲,鈴木行一作曲の「森と星々の河(再演)」はどちらも聞きごたえ十分。石丸幹二さんの語りを交えた,グリーグのペール・ギュント組曲も深い余韻を残す演奏でした。

本日は,昨年に続いて行なわれた,邦楽器や能舞とOEKが共演する「和洋の響」公演を聞いてきました。演奏された曲は,公募で選ばれた,北方喜旺丈作曲「随喜乃涙(ずいきのなみだ)」,久しぶりの再演となる,鈴木行一作曲「森と星々の河」,そして,石丸幹二さんの語りをまじえての,グリーグのペール・ギュント第1・第2組曲。指揮は,9月からOEKのアーティスティック・リーダーに就任することになった広上淳一さんでした。

最初に演奏された,北方喜旺丈さんの「随喜乃涙」は,タイトルだけ見ると難解そうでしたが,曲の方はとても耳馴染みの良い曲でした。渡邊荀之助さんの能舞,元井美智子さんの筝を交えた演奏で,10分程度の短めの作品でしたが,能衣装の豪華さに合った華やかさと,筝の音にぴったりのミステリアスな気分があり,映画のテーマ音楽を聴くようなスケールの大きさを感じました。打楽器の多彩な音,弦楽器のトレモロやハーモニクスなど,サウンドも多彩で,次々と景色が変わっていくようでした。途中,非常に壮大に盛り上がっていましたが,曲の最後の方は,最初に回帰していくような静かな雰囲気。とてもよくまとまった作品だと思いました。

この日は,曲自体の演奏時間が短めだったこともあり,司会の池辺晋一郎さん,指揮の広上さんに加え,作曲者の北方さん,語りの石丸さんも交えたトークが各曲の前後に入りました。北方さんへのインタビューも面白かったのですが,次に演奏された鈴木行一さんの作品についての説明もとても面白いものでした。「激しい部分もあるが,水墨画のような作品」「複雑に見えて,シンプルな曲」「篳篥(ひちりき)の音とオーケストラの音が見事に融合」といった解説どおり,オリジナリティ溢れたサウンドをベースにした,聞きごたえたっぷりの作品でした。この曲については,岩城宏之さん指揮OEKによる,1992年の初演も聞いているはずですが,今回の再演を聞いて,OEKが初演して来た曲の中でも特に素晴らしい名曲なのでは,と再認識しました。

特に室内オーケストラの音とは思えないような,全楽器(打楽器も多数)が鳴り響いた時の壮絶な響きが素晴らしかったですね。中村仁美さんの篳篥の「もわ~っ」とした雰囲気の音とOEKとの絶妙のブレンドも印象的でした。曲の最後の方はマリンバの音の繰り返しが印象的で,曲のイメージがしっかりと後に残る感じでした。鈴木さんは2010年に亡くなれれているのですが(本日は,鈴木さん奥さんが来られており,演奏後ステージに登場されました),この曲はOEKのレパートリーとして,これからも繰り返し演奏していって欲しいと思いました。

プログラムの後半は,石丸幹二さんの語りを交えて,グリーグのペール・ギュントの第1組曲,第2組曲に入っている8曲がストーリーの展開順に配列を変えて演奏されました。広上さんの指揮は,いつもどおり,あわてるところは皆無。要所要所で非常に濃厚に音楽を楽しませてくれるような演奏でした。石丸さんは,「スコアを見ながらの朗読」で,音楽とぴたりと合ったナレーションでした。個人的には音楽とナレーションが重なるのはあまり好きではないのですが,石丸さんの語り口にはアクの強さはなく,とても率直な感じでしたので,音楽の流れにはしっかりと合っていました。

特に印象的だったのは,やはり,いちばん最後の「ソルヴェーグの歌」でした。この曲では,同じような音型が何回も繰り返されるのですが,終結部では,ぐっと燃え上がるように力強さを増した後,ふ~っとため息をもらすように終了。深い余韻が残りました。

広上さんとOEKは過去何回も共演をしていますが,新しいポストへの就任後もじっくりと音楽の深さを味わわせてくれるような演奏を期待したいと思います。広上さんは,どうみても「大河ドラマ」のファンなので,広上さん指揮による「ドラマのための音楽」を集めたプログラムがあれば楽しそうだなと思いました。

« #oekjp と初共演の #鈴木秀美 さん指揮による定期公演は,ソリストなしてハイドンの交響曲2曲と2人のバッハの曲を聞かせる「知・情・意」揃った充実のプログラム。特に何が出てくるか分からないような,C.P.E.バッハのシンフォニア,とても楽しめました | トップページ | 雪の中,井上道義指揮 #oekjp 定期公演へ。メンバーへのねぎらいの気分の溢れたハイドンの「告別」,こんなに面白い曲だったのかと魅力を再認識させてくれたショスタコーヴィチの15番。素晴らしい公演でした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« #oekjp と初共演の #鈴木秀美 さん指揮による定期公演は,ソリストなしてハイドンの交響曲2曲と2人のバッハの曲を聞かせる「知・情・意」揃った充実のプログラム。特に何が出てくるか分からないような,C.P.E.バッハのシンフォニア,とても楽しめました | トップページ | 雪の中,井上道義指揮 #oekjp 定期公演へ。メンバーへのねぎらいの気分の溢れたハイドンの「告別」,こんなに面白い曲だったのかと魅力を再認識させてくれたショスタコーヴィチの15番。素晴らしい公演でした »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック