OEKのCD

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022/04/29

#ガル祭 2022オープニングコンサート。テーマ #ロマンのしらべ にあわせてロマン派作品が10曲以上並んだガラコンサート。昭和の香りもする親しみやすい公演でした。#田中祐子 #金子三勇士 #クリストフ・コンツ #小林沙羅 #コンスタンティン・インゲンパス #北野友里夏 #木村綾子 #高柳圭 #oekjp

本日午後は,石川県立音楽堂コンサートホールで行われた,いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭2022のオープニングコンサートを聞いてきました。演奏は田中祐子さん指揮オーケストラ・アンサンブル金沢祝祭管弦楽団,ということでいつもより増強された編成による演奏でした。

内容は,今年のテーマ「ロマンのしらべ」に合わせて,ドイツ~オーストリア系のロマン派の作曲家の作品を10曲以上並べたるガラコンサートでした。公演時間は75分程度でしたので,一部の曲は省略されていましたが,ピアニストの金子三勇士さん,ヴァイオリンのクリストフ・コンツさん,ソプラノの小林沙羅さん,バリトンのコンスタンティン・インゲンパスさんが登場する華やかさ。さらには,北野友里夏さんによるバレエも加わっていましたので,今年の音楽祭全体を圧縮したような充実感がありました。

演奏された曲は,小中学校の音楽室の壁に貼ってあるような音楽家の作品が次々登場する感じでした。本日は「昭和の日」ですが,印象としては「ロマンの香り」に加え,「昭和の音楽室の香り」も漂うような名曲集だったと思います。

最初に演奏されたウェーバーの「舞踏への勧誘」と最後のリストのハンガリー狂詩曲第2番は,どちらも有名曲ですが,OEKが演奏する機会は非常に少ないと思います。久しぶりにLPレコードを取り出して聞いたような懐かしさを感じました。リストの方は最後の音のタイミングが少々ずれてしまいましたが,その辺もご愛敬という感じでした。

ブラームスの「大学祝典序曲」は,50代以上の人には,ラジオ講座のテーマ曲としてお馴染み(私も該当しますが...番組の方は聞いていなかったですね)。ファゴットで演奏されるテーマを聞くと,やはり昭和の香りがする感じです。ただし,曲の最初の部分が省略されていたのは残念でした。OEKが演奏する機会は非常に珍しい曲なので(もしかしたら初めて?),どうせなら全曲聴きたかったですね。

登場したソリストたちの演奏もそれぞれ楽しめました。過去,何回もOEKと共演をしている小林沙羅さんによるメンデルスゾーンの「歌の翼」はゆったりとした暖かみのある歌唱。シューベルトの「ます」は,クラリネットの伴奏が楽し気な雰囲気を作る中,最後の方,少しドラマティックな気分に盛り上がる感じが良かったですね。

コンスタンティン・インゲンパスさんの歌を聞くのは初めてでしたが,とても品の良い美しさがあり,ドイツ・リートにぴったりだと思いました。歌った曲は,シューベルトの菩提樹と魔王。岩城さん指揮OEKとヘルマン・プライさんが共演した懐かしのアレンジでしたが,瑞々しい気分があり,「風と緑の5月」に聴くのにぴったりでした(シューマンの「詩人の恋」にもぴったりかも)。

ヴァイオリンのクリストフ・コンツさんは,弾き振りでクライスラーの「美しいロスマリン」を演奏。キリっとした表情とリラックスしたムードが合わさった美しい演奏。本日のコンツさんの出番は,この2分程度だけという贅沢さでした。本公演に向けての絶好のPRになりました。

金子三勇士さんの方も,シューマンの「トロイメライ」だけの出演。最後,ゆったりと眠りに入っていくような深さを感じさせる演奏でした。5月3日のOEKとの共演の方も大変楽しみです。

北野友里夏さんが躍ったのは,ショパンの「レ・シルフィード」の中の前奏曲。これもまた昭和の時代からお馴染みの「太田胃散」のCMでお馴染みのあの曲です(ちなみに,胃腸調ならぬイ長調です)。しっとりとしていながら軽やかな,風の精そのものの踊りを観て,正真正銘ロマンの世界だなぁ,感じ入りました。

その他,ワーグナーとメンデルスゾーンの結婚行進曲の聴き比べもありました。ワーグナーの方はやはり,合唱がないと少し寂しいかもしれません。最後アンコールで,レハールの「メリーウィドウ・ワルツ」がインゲンパスさんと小林さんのデュオを交えて演奏されてお開きとなりました。この曲ですが,本来はテノール+もう少し重い声質のソプラノが歌う曲なので,この日の司会を務めていた,高柳圭さんと木村綾子さんに歌っても良かったのではと思いました。とてもスムーズでユーモアを交えての司会ぶりだったので,本職の歌の方も聞いてみたかったなと思いました。

音楽祭の方は既にプレイベントが色々と行われていますが,明日以降,本格的に石川県立音楽堂を中心に160もの公演が行われます。3年ぶりにほぼフルスペックで開催される音楽祭をのんびりと楽しんでみたいと思います。本日は雨でしたが,特に本公演の方は晴れて欲しいですね。

PS. 今年もオープニングコンサートに先立って,オープニング・セレモニーが行われましたが,その顔ぶれが1年前と大きく変わっていたのが新鮮でした。ラ・フォル・ジュルネ時代から10年以上,谷本石川県知事でしたが,今年は馳知事に。そして金沢市長も村山さんに交替。村山金沢市長は,フルート奏者として4月24日に行われた「市民オーケストラ」公演に出演者として登場済。さらには,これからもエリアイベントに登場とのこと。この展開は,選挙の時には予想できなかったことですが,「楽都金沢」にとっては良いことかもしれません。

PS2.本日,春の叙勲の発表があったのですが,実行委員長の池辺晋一郎さんが受章。この発表もオープニングセレモニーであり,馳知事から花束などを贈呈。さらにはウクライナから日本に避難している,タチアナ・ラヴロワさんと娘のヤナさんによるチェロの二重奏も演奏されました。というわけで,いつもにも増して,盛沢山なオープニング・セレモニーでした。ちなみに,ラヴロワさん母娘(遠くからだと姉妹のように見えました)は,セントラル愛知交響楽団に加わって演奏するとのことです。

2022/04/22

#田中祐子 指揮 OEK定期公演は,ミヨー,イベールのフランス音楽+藤倉大の作品。#上野耕平 さんの粋で艶っぽいサックスが協奏曲以外でも大活躍。エキストラの #藤原功次郎 さんのTbが炸裂したイベールの「パリ」を聞いて,この1週間の憂さ(?)が吹き飛んだ感じでした。

本日は,田中祐子さん指揮によるOEK定期公演を石川県立音楽堂で聞いてきました。田中さんは,ここ数年,OEKを何回も指揮されていますが,金沢で行われる定期公演に登場するのは今回が初めてです。本来は,丁度2年前の4月の定期公演に登場予定でしたが,コロナ禍で中止になってしまいましたので,今回はその「リベンジ」公演ということになります。

本日のプログラムは,ミヨー,イベールといった20世紀フランスの作曲家の作品と近年人気の藤倉大さんの作品を組み合わせたもので,田中さんの意欲がしっかりと前面に出た生き生きとした公演となりました。本日のもう一つの注目は,若手サクソフォン奏者,上野耕平さんとの共演でした。イベールの協奏曲に加え,藤倉さんの作品以外の2曲でも「OEKのメンバー」として演奏される大活躍でした。その美しく艶っぽい音色と粋な演奏ぶりを,演奏会全体を通じて堪能できました。

最初に演奏された,ミヨーの「世界の創造」は,1989年4月のOEKの記念すべき第1回定期公演でも演奏された作品です。定期公演で取り上げられるのは...もしかしたら,その時以来かもしれません。冒頭から上野さんのサックスの音を中心とした甘く蠱惑的な響きに包まれた後,ガーシュインのような雰囲気になったり,ストラヴィンスキーの「兵士の物語」のような雰囲気になったり,変化に富んだ,この曲でしか聞けないような響きを楽しむことができました(弦楽器の数が少なく,管楽器の方が多いというオーケストラとしては異色の編成)。田中さんの作り出す音楽には,何とも言えぬ密度の高さとクリアで生き生きとした鮮やかさとがありました。

続くイベールの「アルト・サクソフォンと11の楽器のための室内小協奏曲」も,各楽器1名程度の編成で,ミヨーの編成とかなり似ていました。絶妙のカップリングだと思いました。冒頭,どこか雑然とした感じで始まった後,上野さんのサックスが入ってくると,一瞬にして空気が颯爽とした感じに変貌。これが粋で格好良かったですね。軽快で若々しい雰囲気に溢れた演奏でした。

第2楽章はサクソフォンのモノローグで開始。上野さんの音は,どこを取っても美しいのですが,この部分では特にその魅力を味わうことができました。しつこくなり過ぎず,シュッとした感じなのに,しっかりとしたボリューム感と艶っぽさのある素晴らしい響きを楽しむことができました。最後の部分は,有無を言わさぬ鮮やかさで終了。チェロ以外,全員立ったまま演奏していたOEKメンバーの演奏も鮮やかで,タイトル通りの「室内楽的な気分のある協奏曲」をしっかりと楽しむことができました。

後半最初は藤倉大さんによる「UMI(海)」という作品でした。ここまで弦楽器の数が室内楽程度の数でしたので,ここで初めてオーケストラっぽい編成になりました。最近,藤倉さんのお名前を色々なところで聞くのですが,実はその作品を実演で聴くのは今回が初めてでした。第1楽章冒頭,弦楽器の静かな音がグリッサンドで動いていくような響きから,「初めて聞く音」の連続でした。寄せてくる波を思わせるように音が変化したり,チェレスタの上で色々な楽器が次々と音をつないでいったり,その多彩な響きに浸ること自体が面白い作品でした。第2楽章は,最後大きく盛り上がる感じで,心地よい世界に入っていく感じでした。ドビュッシーに交響詩「海」という名曲がありますが,それを21世紀的に表現したらこんな感じになるのかなと,思わせるような作品でした。

演奏会の最後は,イベールの交響組曲「パリ」でした。実演で聴くのは初めての曲でしたが,個性的な小品が6つならんだとても楽しい作品でした。定期公演の「トリ」を締めるには,やや雑然とした感じかなという気はしましたが,オーケストラの各楽器がソリスティックに活躍する部分も多く,日常の憂さばらしにはぴったりといった曲でした。

1曲目は,映画音楽「ジョーズ」を思わせるような列車の描写,5曲目は汽船の描写。クラリネットの音が本物の汽笛のようでした。どちらも乗り物好きには「たまらない」曲だったと思います。第3曲「パリのイスラム寺院」では,加納さんのオーボエを中心に,怪しいけれどもクールな雰囲気が漂っていました。

第2曲「郊外」「ブローニュの森のレストラン」では,トランペットやトロンボーンののびのびとした響きが爽快でした。第4曲ではここでも上野さんのサックスが活躍。スピード感のあるワルツが快適でした,そして,このところ頻繁にOEKの公演に加わっている藤原功次郎さんのトロンボーン!実はこの第4曲はアンコールでも演奏されたのですが,ソロパートでは立ち上がっての演奏。その,遊び心満載の大らかな演奏で,一気に主役になってしまいました。第6曲「祭の行列」はさらに上機嫌な作品。ここでも藤原さんのトロンボーンの伸びやかさが印象的でした。

というわけで,上野さんのサックス,藤原さんのトロンボーンなど気持ちよく響く管楽器の音を中心に,この1週間の嫌なことをすべて忘れさせてくれるような,金曜日の夜に聴くのにぴったりの演奏会でした。

2022/04/17

本日は #カムカウム ロスを埋めるため石川県立音楽堂で行われた #森山良子 さんと #渡辺俊幸 さん指揮 #oekjp の公演を聞いてきました。エネルギーとジャズのテイストの溢れる歌唱と平和への祈り,そしてカムカムでの激走の話題などの楽しいトーク。渡辺俊幸さん編曲のハリウッド風モーツァルトも最高でした

本日の午後は,石川県立音楽堂で行われた,森山良子さんと渡辺俊幸さん指揮のオーケストラ・アンサンブル金沢による,ファンタスティック・オーケストラコンサートを聞いてきました。森山さんといえば,4月8日に最終回を迎えたNHKの朝ドラ「カムカム・エヴリバディ」の終盤を大きく盛り上げた「アニー・ヒラカワ」役として感動的なシーンの数々に加わっていました。ので...本日は正直なところ,その「ロス」を埋めるために聴きにきました。そしてその「ロス」を”ほぼ”埋めてくれるようなパフォーマンスの数々を楽しませてくれました(”ほぼ”というのは,あの曲が歌われなかったからなのですが,これは今後の楽しみにしたいと思います)。

この日のプログラムは前半は,渡辺俊幸さんの作曲・編曲による,映画音楽やテレビドラマ音楽を集めたもので,渡辺さんの鮮やかな編曲の数々を楽しむことができました。途中,「もしもモーツァルトがハリウッドの映画音楽家だったら」という曲が演奏されたのですが,そのアレンジの職人技が素晴らしいと思いました。モーツァルトのジュピター交響曲の4楽章のテーマ(主役),クラリネット協奏曲の2楽章のテーマ(愛のテーマ),交響曲25番の冒頭のテーマ(敵役)という構想どおりの面白さでした。

後半は森山良子さんの歌を中心としたステージでした。約1時間,すべての曲を歌い,間にはトーク...ということで,まず,その体力が素晴らしいと思いました。トークの中で,「カムカム」の中で,何回も走らされたエピソードが紹介されていましたが,本日の公演を聞いて,そういう森山さんを見越しての設定だったのではと思わせるほどでした。

# カムカムの話題など,まだまだお話を伺いたかったですが,この辺は森山さんが担当しているラジオ番組「オールナイトニッポン」でも聞けそう。

まず最初に予定を変更して,オーケストラ演奏なし,森山さん自身のギターのみで「さとうきび畑」が歌われました。ロシア軍のウクライナ侵攻という状況に対して,平和を祈るメッセージが込められた,感動的な歌でした。

その後,森山さんの名刺代わりのように「この広い野原いっぱい」と「涙そうそう」の「人気曲(森山さんの曲の中でこの2曲+「ざわわ」がいつも上位に来るそうです)」が歌われた後,この日のテーマだった,映画の中の曲,さらにはオペラアリアまで歌われました。私が森山さんの声を聞くのは...15年ぶりぐらいなのですが,その時と変わらぬ,安心して聴ける声でした。特に高音がしっかりと出ているのが素晴らしいと思いました。

ヴェルディの「椿姫」の乾杯の歌は,本来は男性と女性が交互に歌う曲ですが,本日は森山さんが一人で担当。1回目はイタリア語,2回目は日本語で歌う感じで,「飲みごたえ満点」の歌を聞かせてくれました。その後に,飲み過ぎた「酔っぱらい」の歌が続くという楽しい構成。この曲はシュトラウスの「アンネンポルカ」に歌詞をつけたものですが,森山さんのキャラクターにぴったりだと思いました。

「私お気に入り」などでは,英語の発音が素晴らしいと思いました。私が書くまでもないことですが,「さすがアニーさんだ」と思いました。ジャズのテイストもしっかりと漂っていましたので,アンコールで,「On the sunny side of the street」を歌ってくれないかなとも思ったのですが,今回アンコールで歌われたのは,「聖者の行進」でした。サッチモつながりの楽曲かもしれませんが,これがまた驚きのパフォーマンスでした。OEKがすっかりビッグバンド化し,厚みのある音を聞かせた後,森山さんと楽器ソロとが掛け合いを続けるという趣向。森山さんが色々な楽器の声色で歌うあたりが素晴らしかったですね。大盛り上がりでコンサートは終了しました。

改めて「平和な世界」で音楽を楽しめることの喜びを感じさせてくれるような公演でした。唯一の心残りについては,是非,「森山良子ジャズを歌う」みたいな感じの続編でお願いしたいと思います。

2022/04/03

#藤田真央 モーツァルト ピアノ・ソナタ全曲演奏会第3回「華麗なる輝きを放ち」@北國新聞赤羽ホールを聞いてきました。全く気負ったところのない雰囲気から,自信にあふれた多彩な表現が自然に湧き出ていました。特に緩徐楽章の美しさは息を呑むほどでした。

本日は藤田真央さんによる,モーツァルト ピアノ・ソナタ全曲演奏会シリーズの第3回「華麗なる輝きを放ち」を北國新聞赤羽ホールで聴いてきました。第2回は残念ながら聴けませんでしたので,1年前の第1回以来,1年ぶりということになります。

今回は,ソナタ第2番,第12番というヘ長調の作品の間に,第6番,第11番という変奏曲形式を含むソナタ2曲と挟むという,よく考えられた選曲となっていました。藤田さんのスタイルは前回同様,ベースは全く力んだところのない自然体の音楽で,その中から多彩なフレージング,ダイナミックス,音と音の対話などが,くっきりと自在に浮かびかがってきました。気負いなく,自信にあふれた見事な演奏の連続でした。

第2番は第1楽章のクリアで明快な気分に続く,シチリアーノ風の第2楽章の美しさに息を飲みました。第6番は厚みのある気分でぐいぐい迫ってくる感じで開始。第3楽章は長大な変奏曲ですが,各フレーズが常に対話をしているようで,プログラムの中で藤田さんが書いていたとおり,物語を紡いでいくようでした。

後半は「トルコ行進曲」を含む,第11番。驚いたのは,全楽章ほぼアタッカで演奏していた点です。基本的に停滞しないテンポでしたので,全曲を一気に楽しませてくれる感じでした。変奏曲の繰り返しもしっかりと行っていたのも特徴的でしたが,2回目に出てくる時はニュアンスを変え,アドリブ的な音もかなり沢山入れていました。このセンスが素晴らしいと思いました。第1楽章は6つの変奏なのですが,それが12の変奏になったようが楽しさを感じました。トルコ行進曲は中庸のテンポで軽快な演奏。文字通り玉を転がすようなタッチの美しさが印象的でした。

最後に演奏された12番は,最初に演奏された第2番同様,ヘ長調の曲ということで,伸びやかな雰囲気で開始。ここでも第2楽章がせつなくなるような美しさでした。が,レガートとノンレガートを意識的に使い分けて演奏している感じでした。第3楽章の強烈なスピード感も素晴らしく,もしかしたら,グレン・グールドのモーツァルトを意識しているのかなという気もしました。ただし,エキセントリックな感じはせず,自然な音楽になっているのが,藤田さんらしさだと思いました。

アンコールでは,モーツァルトの曲に加え,ショパンの曲も2曲演奏されました。この辺は,モーツァルトだけで閉じて欲しい思いもありましたが...最後に演奏された,エチュードop.25-1のアルペジオの美しさに魅せられてしまいました。「エオリアンハープ」と呼ばれることもある曲ですが,まさにハープのような感じでした。

藤田さんのモーツァルトシリーズですが,今回で丁度半分。次回は10月22日に行われます。モーツァルトのピアノ・ソナタ全集のCD録音もこの頃に発売されるようなので,色々な意味で楽しみな公演になりそうです。

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック